清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
タグ:車 ( 48 ) タグの人気記事
 
Kambol F1 カート(7/18)@プノンペン
プノンペンにカートコースがあるという噂をネット上で見た。

射撃場のそばにある。というただそれだけの情報だったが
果たして、射撃場入り口脇に

Kambol F1

の看板が立っていた。

勿論行ってみましたとも!

Kambol F1 公式WEB←消えてます。潰れた?!

・・・うち捨てられた公園みたいなアーチをくぐって
人気の無い場所に車を止める。
あれ?エンジン音が聞こえませんよ?

コースは見えてきた。

しかしそこを走っていたのは・・・


The 牛


あり得ない・・・。
こんなのどかなコースがあって良いのだろうか。

ちなみにカートはこの時のバンコク以来である。
その前はパタヤ。

妙に人恋しくなりながら、ピットに行くとスタッフがいた。
a0023740_11373713.jpg

あぁ良かった♡

奥で料金を案内される。
a0023740_11401142.jpg

10lapsで10USD(約1,200円)は日本の半額以下だが
バンコクのPTTが390B(しかもHappy Hourなら2レース)と考えると高い。

とまれ、折角来たのだから10ドル払ってチケットを買う。

スーツとヘルメット、グローブはここでレンタル。
a0023740_11451034.jpg

スーツまで貸すのは珍しいが、安全を考えれば着た方が良い。
・・・難燃素材では無さそうだが(-_-;)

予想気温35度 路面温度は既に触れないほど高い。
早速、コースイン。
オフィシャルはオサーン一人で貸し切り状態。

牛もいつの間にかどこかへ追い出されていた。
多分、今夜は焼き肉♡きっと焼き肉♡←早過ぎ

最初の2周くらいは良いものの、3周目から早くも熱だれ。
マシンより、アタクシが・・・。←既に汗だく
ここのコースは1周900mとかなり長く(実際は700~800m??)
そこをムレムレのレーシングスーツで熱帯の炎天下 走ってるわけで

もう失神寸前ですYO!
a0023740_123866.jpg
まだ元気だった頃のアタクスィ(1周目)

レースでは追うのが得意なタイプと逃げるのが得意なタイプがいるが
アタクシは典型的な前者。

先行車がいないと全く集中できない。
しかもPTTの様な電子計時システムも無いのでラップタイムもわからない。

というわけで4周目位からはもう、滅茶苦茶。

サービスで12周させて貰った後は汗と暑さでグッタリ。
しかも屋内と違い、荒れた舗装路でステアリングも重い。
ここに行く時は着替えを持って行くことを強く推奨。
雨が降ったらもっと酷いしね。

イエローページによると もう1箇所、サーキットがあるとの事。

Lucky Driving Range Club
Street 598, about 500m from Commissioner of Phnom Penh Police
Phnom Penh, Cambodia
012-172-7927


こっちの情報は全くないのであるかどうかも定かでない。。
[PR]
by wan_chai | 2007-09-12 12:15 | ASEAN(タイ以外) | Trackback | Comments(26)
 
your new life@Alfa Spider

カブリオレ、ロードスター、バルケッタ、ドロップヘッド、スパイダー


カーマニアなら思わず( ̄ー ̄)ニヤリッとしてしまうキーワード。
いわゆるオープンカーを意味する言葉である。
勿論オープンカーというのは和製英語であり海外では通じない。


人は大きく2種類に大別できる。
オープンカーが好きか、そうでないか。
後者はすなわちオープンカーに乗ったことが無いか、極度の暑がり(寒がり)と言える。


BMWと比較される事の多いAlfaRomeoであるが
新規登録台数では約10倍も水をあけられており、全く勝負にならない。
圧倒的にBMWの方が完成度も高く速いのだから仕方無いかも知れないが
走っていて楽しいのはAlfaである。(Mシリーズは乗ったこと無いのでわからないが)


そういう意味でアルファらしさを最も具現化しているのはスパイダーだと思う。

a0023740_18575283.jpg

もう文句無しに楽しく、そして美しい。
a0023740_185842100.jpg

公式サイト(ステキングな♪有り)
ベースのブレラがGiugiaroのデザインなのに対してスパイダーはPininfarinaの手による。
a0023740_1859982.jpg

いわばイタリアが誇る巨匠の合作。


この芸術品はクローズ状態でも充分かっこいいが

a0023740_18594468.jpg

屋根を開けて後ろから見ると・・・
a0023740_1904418.jpg

素敵すぎる♡


変身はボタンを押すだけ。

a0023740_1924568.jpg

30秒ほどでバタバタと屋根が折りたたまれる。


a0023740_1932688.jpg

最近のオープンタイプが皆、そうであるようにAピラーが寝ているが
頭上までは来ていないので開放感は充分。


a0023740_1934592.jpg

動力部分はブレラと変わっていないので印象に大差は無い。
※ブレラ、スパイダーともに右、A/T仕様が追加されますた。
が、3.2はかなり足が硬め。
ワイドトレッドのお陰もあって、意外にも(激失礼?)結構いい踏ん張りを見せる。
軽快さは微塵も無いが太いトルクで気持ち良く走るには最高の車である。


そして車を止めて、離れる時に今一度振り向いた時こそが一番幸せを感じる時。

誰もが思わず目を細めてしまう。
こんな走る芸術品が450~600万円で手に入る。


ちなみに、その前の週に乗ったコチラは・・・


  generated by feedpath



more
[PR]
by wan_chai | 2007-03-19 17:49 | 車ヴァカ | Trackback | Comments(19)
 
ちょいワルの誘惑@Porsche911(997)
巷で「ちょいワルオヤジ」という言葉が流行っている。

こう見えても若い頃は悪かった
なんて言うヤツは多いがアタクシはちょいとレベルが違う
台風一過をタイ式生活スタイルの家族だと、

蒸し風呂はフナムシやムカデがてんこ盛りの風呂だと信じていた。

この間違いに気が付くまで数年かかったのだから半端じゃ無い
フッ( ̄ー ̄)


チョイ不良オヤジのアイテムに欠かせないのが
それも赤いポルシェだと言う。

勿論、ポルシェと言えば911
それも左のM/Tでなければ真価は発揮できない。
a0023740_235248.jpg

不必要な程に目立つこの車のキィを受け取るとさっさと乗り込む。
5蓮メーターを見ながらイグニションを左手で捻ると(本当にPorscheとSAABは頑固だ)
水冷化した水平対向6気筒エンジンが後ろで妖しく唸り出す。
a0023740_23522765.jpg


若干重めのクラッチをそろりと繋ぐといとも簡単に走り始める911カレラ。
かつての神経質なクラッチワークはどこへやら。
誰でも乗れるポルシェには特別な車という感覚は無くなってしまった。
もっともカレラGTRUFという存在がそれに当たるとも言える。
(※とうとうRUFにもA/T設定が出た様です・・・_| ̄|○)

山手通りに入り、軽くスロットルを開けるとさすがは911。
一番非力なお買い得モデルとは言え239kW(325ps)のエンジンは
強烈なトルクを伴って身体をシートに押し込む。

「ヒュゥ」

思わず口に出てしまう気持ち良さだ。
ターボで絞り出す400馬力とはモノが違う。
しかし前を走る車がどんどん道を譲るので自然にペースが上がるのは困りもの。
a0023740_2353559.jpg

湾岸道路でブレーキング。
やはり1.4tのボディは重く簡単にロックする。
ABSのポンプが右足の裏をカタカタと叩く感触を感じながら
ステアリングを左に切る。
ここで初めて気付いたが切れ角が可変の様だ。
リヤエンジンの軽い回頭性もあって慣れないとかなりの違和感。

911特有の挙動に気を使いつつヒールトゥからスロットルオン。
しかし、PSMという姿勢制御のプログラムが頑張っている様で
全くトリッキーな動きもなく猛烈な勢いでコーナーを起ち上がる。
まるで911を乗りこなしている様な錯覚を覚えさせるに充分である。

品川で車を降りて各部をチェックする。
最後部に位置するエンジンは猛烈な熱を吐き出しながら
やる気充分の音を響かせている。

危険だ^^;

リヤウィングは速度感応式だが、この様にマニュアルで上げることも出来る。
a0023740_23553046.jpg


再びコクピットに戻ると、山手通りを新宿まで駆け上がる。
エンジンは3000rpm辺りからレブリミットまで吹ける。
後半は少々ダルいが(カレラSはもっと高回転型)
この感覚はVTECのカミソリの様な感覚とも全く別次元にある。

気になるのはステアリングに戻る擦る様な硬質感。
個体の問題なのかモデルの問題なのかわからないが少々厭な感覚だった。

あっという間に着いた新宿で車を降りる。
うーん、予想外に楽しかった。

ティプトロの登場で(日本ではAT比率77%!)成金カーになりつつある911だが
やはりPorscheの名前はダテじゃない。
次はGT3に乗ってみたいものだ。
a0023740_23562842.jpg





翌朝、目が覚めて気が付いた。

一つは耳にフラット6の爆音がこびり付いて離れられなくなっている事

もう一つは「ちょいワルオヤジ」「頭がちょっと悪いオサーン」
という意味ではなかった
。。。

ガ━━━(゚Д゚;)━━━ン!←(頭が)激悪オヤジ

YouTube動画
英語版プロモーションビデオ
ドイツ語版GT3
[PR]
by wan_chai | 2006-09-11 00:12 | 車ヴァカ | Trackback | Comments(25)
 
159 Polizia
Alfa 159汚職で有名なイタリア警察で採用されマスタ。

うーん、カコE♡

156のパトカーはBKK等でも走ってますが159はまだまだ。

でも、個人的にはこっちのが・・・




激 捕まりてぇ♡

※ オサーン狙いじゃありません
[PR]
by wan_chai | 2006-06-20 04:42 | 車ヴァカ | Trackback(3) | Comments(14)
 
スーツを着たアスリート@VW NEW Passat
ターボチャージャーは排気ガスの圧力で羽を回して
強制的に圧縮した空気を送り込むことで圧倒的なパワーを得る。

この画期的な機構は運転するとすぐにわかる
排気圧が充分でない低速域では充分な力が出ない上にレスポンスが遅れるという
構造的な欠陥がつきまとう。


六本木のアークヒルズ地下駐車場でキイを渡されて見たNEW VW Passat 2.0
ちんまりと佇んでいた。
a0023740_1414982.jpg
早速ドアを開けてキーユニットを差して押し込む。
直列4気筒2000ccのエンジンが意外に元気良く目を覚ます。
とは言え、2000のノンターボじゃつまらないだろうなぁ・・・。
と軽く失望気味にシフトを入れる。

「ん?えーと・・・。」

「パーキングはこれです、リリースしなくても自動で解除されます。」

前照灯スイッチの右にあるボタンがスイッチになっていた。
a0023740_1423472.jpg
サイドブレーキが見つからなくて苦労したなんてポルシェ以来だ。
苦笑いしながらアークヒルズを出て六本木通りを走る。

渋谷駅の渋滞でシフト脇にあるAUTOHOLDというボタンを押してみた。
a0023740_1425376.jpg
これは停止状態になったと判断するとPassatが自分でブレーキを保持してくれるので
信号待ちの時にペダルを踏みしめなくて良いのである。
勿論、発進時にはリリースしてくれる。

こ・これは・・・駱駝♡a0023740_143723.jpg




「フガッッ」

でもこれに慣れると普通の車が運転し辛いヨカーン(-_-;)


最近の車ではお馴染みの軽く操作すると3回だけ点灯するウィンカーを点けて
首都高速用賀線に入る。
ここの加速レーンは異常に短く、非力な車では決死の覚悟が必要である。

果たしてPassatは苦もなく速度を上げて合流。

「ノンターボでこのトルクは凄いなぁ・・・」

ドイツ車(に限らないかも・・)のアクセルは一番奥の床まで踏み込むと
「カチッ」という踏み応えの領域がある。
個人的にこれを本気モードと呼んでいる。

用賀を超えて東名に入ると本気モードにさせてみた。
するとおよそらしからぬ元気な音でグイグイ引っ張っていく。
国産のリミッターが効く領域からでもまだまだ加速するのには驚いた。

雷雨の小田原厚木道 大磯出口から下道に入る。

「ESP(スキッドコントロール)切ったらどうかな?」

なんて軽い気持ちで切ってアクセルオン。
すると・・・
激しいスキール音を上げて白煙吹きながら旋回するPassat。
目立ちすぎですから!(-_-;)

一皮剥いたらすげーじゃじゃ馬ですよ!この車。
a0023740_1433227.jpg

改めてエクステリアを見渡すと、本当に地味。
車内の広さは外観から想像もつかない。
a0023740_1434473.jpg

車を返し、大磯駅まで送ってもらった。

別れしな
[PR]
by wan_chai | 2006-06-06 14:20 | 車ヴァカ | Trackback | Comments(20)
 
Brera! Brera! Brera!@Alfa Brera
「お待たせしました、どうぞ」
a0023740_18282726.jpg
黒服の駐車係に礼を言いながらリモコンユニットのロック解除を押すと
目を覚ましたかの様にハザードが光り
メーターパネル奥のマルチファンクションディスプレイには
AlfaRomeoのマークがポッと赤く浮かび上がる。

重いドアを左手で閉めて
腕がツルほど後方にあるシートベルトを引っ張ると
リモコンユニットをスロットに差し込み、
クラッチペダルを静かに踏み込んでスターターボタンを押す。

瞬間、Breraの直噴3.2リットルV6エンジンがただ者ではない低音を響かせて
ドライバーを誘惑し始める。

Alfa Brera(音が出ます)
こんなに美しい車は久しぶりだ。
a0023740_18211470.jpg
高鳴る興奮を抑えてクラッチを繋ぐと低速から太いトルクをしっかり感じる。
公道に飛び出すと高輪から第一京浜に入り、スロットル全開。

・・・メチャクチャ重いYO!(ToT)(※3.2は車重1.75t!)
肝心のエンジンも6000rpm位で頭打ち。
とてもじゃないがスポーティとは言い難い。
a0023740_18215076.jpg

泉岳寺を左折して魚らん坂を駆け上がる。
安定したトルクとQ4の四駆機構は上り坂を下り坂の様にグイグイ進んでいく。
高松宮邸と桜田通りを過ぎて白金を右に曲がると南麻布だ。

信号待ちで車内に目を落とす。
目にしみる真っ赤な本革シートはPoltrona Frauによる素晴らしい出来映え。
a0023740_1822441.jpg
全く惚れ惚れさせられる。
難を言えば、大きな座面がドラえもん並みに脚が長いと評判のアタクシには
ふくらはぎまで来てしまうのでクラッチワークの邪魔になる事でしょうか(-_-;)チクソー

一の橋交差点を左に進むとシンガポール大使館を過ぎて
スカイウィンドウ越しに六本木ヒルズが見えて来た。

隣に並んだAlfa 156のドライバーの口が「ブレラだ!」と動くのが見て取れる。

以前 乗った156GTAに較べると遙かにおとなしくて回らないエンジン
A/Tの設定が予定されている159と違ってBreraは本国でもM/Tのみ。

584万円の決して速くもないクーペにM/Tしか設定しないなんて
少しでもマーケティングをかじった人間ならあり得ない設定だ。
ポートフォリオを作ってみれば、日本にはこんなマーケットが存在しないのは明白。
それでなくても、日本ではハッチバックスタイル=安物車という印象が強いので
これがAlfaRomeoのフラッグシップクーペだと言う事は理解されにくい。
a0023740_18224989.jpg


しかし、巨匠Giugiaroのデザインは健在だ。
a0023740_1823322.jpg
車を止めた後、何度も何度も振り返らせる魔力。
このヒップ周りのセクシーさにはハマりまくってしまう♡

こんなマーケティングセンスの欠片もない
素晴らしい芸術品
を生み出してしまうイタリアってやっぱり凄い。
このまま稀代の名車としてM/Tのみで生き残って欲しいものだ。

そして今回もお土産が・・

こういうセンス、泣かせます。
[PR]
by wan_chai | 2006-05-13 18:32 | 車ヴァカ | Trackback | Comments(24)
 
夜光出租车@広州
広州のタクシー業界も投資余力が出て来たのか
以前のSANTANA一辺倒を脱して
ボチボチ、車種のバリエーションが増えてきた。

上海のSUVタクシーにはまだまだほど遠いけど・・・。

たとえば現代車とか
a0023740_22522345.jpg


もうちょっとガムバって、ネオン管装着してみたり
a0023740_22523446.jpg


って・・・

こんなガンバリはいりませんから!

客引きなんだかナンパなんだか(-_-;)
[PR]
by wan_chai | 2006-05-10 22:53 | 雑感 | Trackback | Comments(24)
 
Tempo I (テンポプリモ)@VW NEW BEETLE
花というもの 集団の中ではその存在感が薄れるが
思いがけない所に現れると 場の雰囲気を一変させる魔力がある。

女子大に女の子が何人いても変わらないが
理系大学の教室に一人いるだけで大騒ぎになるのと同じである。


常識的に、こんな所にはあり得ないと思っている日常空間。
それは例えばこんな所・・・
a0023740_1013233.jpg


フォルクスワーゲンビートル


この車にはフラワーベースが標準装備されている。

泣くほど遅くてメチャ重い
決して広くもなければ取り回しも最悪。


この車の良さはそんな価値観で表現できない次元にある。

真っ赤なビートルのカブリオレで逗子の海を流していると
信号待ちが楽しいという事に気が付く。
立ち止まり、目線を落とすゆとり。

いつも走ってる自分の視野狭窄に気付かされて驚く。

Largo mezzopiano

a0023740_1015478.jpg

画像1枚目の花は白人のデカいヒゲモジャオサーン(激 有名な人らしい)の作品。
気に入ったので貰って帰ったら3日目に5cm位の毛虫君がご生誕してますた

il||li _| ̄|○ il||li

花の上でブンブン動いてましたよ。
ブンブン (`~´)ノシ
[PR]
by wan_chai | 2006-05-03 10:06 | 車ヴァカ | Trackback | Comments(20)
 
兰博基尼@深圳
一国におけるモータリゼーションの成熟度を測る指標として
スポーツカーの比率を見ると理解しやすい。

なぜなら、スポーツカーなんてモノは
社会にとって何の役にも立たない無駄な存在だからである。
そもそも芸術なんて、生活必需品とは対局にある存在で
音楽や絵画が無くても普通の人間は生きていける。(質はともかく)
この世にFerrariが無ければ死んじゃうなんて言い出したらもう完全に病気である。
えぇ、アタクシは間違いなく病気ですが(-_-;)それも重篤。

ほんの3年位前まで中国のモータリゼーションは
ステータスと道具としての黎明期を経て個人所有への移行段階だった。
その当時、深圳で見たまともな2ドア車はこれ位・・
a0023740_14154617.jpg


しかもよく見ればダブルナンバーじゃなかですか!
(-_-;;)中国違うし

それが今や
a0023740_141636.jpg
Lamborghini(兰博基尼) Gallardキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
日本でも軽く2千万円以上するガヤルドだが
中国価格は298万元(約4,300万円)!

まぁお安い♡

Ferrari(法拉利)612は368万元(約5,300万円)
最高額紙幣の100元札36,800枚分ですよ!
中国の物価を考えれば失禁モノですから!
もうジャジャ漏れ♡

しかし、ゴミや落荷が散乱して穴だらけの道を
マンソン数戸分の値段の車で走るのね・・・
これはイタリア自動車文化への冒涜ではないかと(-_-;)

ちなみに、以前紹介したAlfaRomeo159
イタリアバージョンのCMを見つけまスタ。

ナンカもう・・・凄すぎ。。。
これが車のCMですかと。
重いです。色んな意味で。


もっとも今のFerrariもLamborghiniもA/Tばかりで運転も簡単。
スポーツカーというより、ただのステータスカーになり下がってますがね・・・。←ヒガミ150%

可愛い赤ちゃんにウカレポンチ♡なぱーたいさんの
クイズ!ナンバープレートからTBさせて頂きますた。
[PR]
by wan_chai | 2006-04-27 14:28 | 雑感 | Trackback | Comments(16)
 
日暮途遠(日暮レテ途遠シ)@広州
ほんの数年前まで中国で乗用車と言えばVolksWagenで
金持ちのPassatからタクシーのSantanaまで殆どドイツ車だけで道が埋まっていた。

しかし ここ2~3年で様相が劇的に変わって来た。
日本車が多いジャナイデスカ。
それもなんだか高級なイメージ♪。

mazda 6(日本名 ATENZA)はよく見る。
a0023740_1231649.jpg
中国の価格は約280万~350万円とかなり高めなのに。
(日本では193万~302万円)

オデッセイも高い。
a0023740_1212667.jpg
中国の価格は360万円以上。
そもそもSUVなんて中国で売れるようになったのね~。
しかも後ろには八佰伴ダー(ToT)
見慣れた車も中国に置くと不思議な感じ。

しかし、なんと言っても人気があるのはFit。
a0023740_1213616.jpg
さすがに小型車のFitは中国でも安い
(と言っても約150万円以上するのでセグメントの中では高級車)

アタクシのあの方も東莞でブイブイ言わせてます♡

それは良いんだけど・・・
実はこれ、車に乗ってる人が見たら
「ハァ?!(まちゃまちゃ風に)」
というとてもおかしな点がある。

これは無いでしょ・・・
[PR]
by wan_chai | 2006-04-01 12:15 | 雑感 | Trackback | Comments(17)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク