清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
タグ:マッサージ&SPA ( 34 ) タグの人気記事
 
蝸牛角上(8/15)@成都
さすがに食事に金を使いすぎたのと、外国人向けの店も面白く無いので
ホテルの近くにある翅味鲜と言う、ファミレスの様な店で晩飯にした。
オレンジ色の内装と10代アルバイトのオペレーションと言う
中国に数万店はあると思われる典型的スタイルである。

これ又、標準装備のうるさそうな老板ババアもちゃんとついている。
※ちなみにこのババアはアタクシを外から来た人間と思い込んで
 頑としてトイレを貸してくれませんですた。

プラスチックのベンチみたいな椅子に座り、ベトベトするメニューをめくる。
何を見ても安い・・・←昼のせいで物価感覚がおかしくなってる人。

ついつい目移りして沢山注文してしまった。
青椒皮蛋 8元(約90円)
a0023740_2294655.jpg

さすが四川。ピータンも辛い・・・。

鸡丝荞面 18元(約220円)
a0023740_228620.jpg

鶏肉と蕎麦を混ぜた物だけど、どういう訳だかラー油であえてありますよ?
これ、悶絶する位辛い♡←完食不可
唐辛子の種がイパーイ入っていてプチプチしてるんですけど。

番茄炒蛋 12元(約140円)
生拌花仁 8元(約90円)
鸡汁卤酥豆汤 12元(約140円)

a0023740_2222252.jpg

番茄炒蛋は有名な料理で、アタクシもよく作ります。まず外れの無い料理。
生拌花仁ってなんだっけ(?_?)←自分で注文したのにわからなくなってる人
鸡汁卤酥豆汤は豆乳スープ。

蟹黄豆花 22元(約250円)
a0023740_22243219.jpg

名前からしててっきり、カニ味噌入りの豆花かと思いきや
家鴨の卵黄らしい。
どうりでコクが薄いと思った。

その他、おひつで出て来るご飯に飲み物もついて104元(約1,200円)
かなりの浪費だけど、昨夜と今日の昼に比べると安い。

食後は腹ごなしに散歩しに出かけた。

More
[PR]
by wan_chai | 2011-10-13 23:32 | 食べ物
 
牛に願いを(牛皇星)(4/30)@佐敦
早くも最後の夜だ。

食事に行く前に海港城(ハーバーシティー)に立ち寄った。
Mikeお気に入りの靴を香港でも見たいと言う。
ちなみにブランドはBerluti

実は、JackとMikeは着ているシャツもCanali
時計もRolex(Jackは出かける度に時計を変える)。
そして靴もBerlutiと、驚くくらい同じブランドをチョイスをしている。

日本のバブル期に近い感覚だ。
我々、バブルを知らない世代にはブランド指向そのものが
バブルオサーンの最もイタい部分になっているが
この辺りが、価値観の大きく異なる所かも知れない。

※経済的にも死ぬほど違いますけど♡

今の日本の感覚だと、本当にセンスの良い人は
古着やファストファッションを上手に使って自分の背丈にあったおしゃれを楽しむ人で
誰が見てもわかるブランドマークが入った服や靴は使わない。

これは、アタクシ達が
ハワイで買ったブランドバッグを持ってスナックの女の子と
会社の経費でデュエットするのが生き甲斐で
会社に来てもゴルフとプロ野球の話ばかりしている上司
から

「あの頃は良かった。」

的な武勇伝を毎日、聞かされて来た世代だからかも知れない。

さて、結局Rolexの新モデル(50万円)を衝動買いしたJack夫妻。(と言うかJack)
向かったのは佐敦のお店。
牛皇星
a0023740_22191269.jpg

火鍋の店らしい。
a0023740_22224719.jpg

早速、Jackが注文する。

More
[PR]
by wan_chai | 2011-08-26 22:49 | 食べ物
 
ドリアンナイト(10/21)@ダバオ
ドリアンをまだ喰ってない!

ドリアンの無いダバオなんて、ポロリの無い水泳大会と同じだ。
ネイティブチキンも食べそこねているので
前々回に行ったToryano's chickenに入る。
a0023740_23542053.jpg

っと、店の前のドリアン売りに声をかける。
a0023740_23545243.jpg

シーズンを過ぎたので実が小ぶりだ。
どれが旨い?

「これです。sir。割ってみて旨くなかったら交換しますよ。」

自信たっぷりに言うので割ってもらうと、意外に旨かった。
値段は35p/kgだと言う。
3kgの物を買ったので105p(約210円)
ダバオではこんなもんかな。

テーブルに運んでもらった。
a0023740_23594086.jpg

正直、ドリアン農園で食べた完熟物と比べると格段に落ちるが
BKKやKL、マニラ等で食べる物よりはるかに旨い。
やはり足の早いフルーツは産地で食べるに限る。

ネイティブチキン 75P(約150円)
a0023740_013397.jpg

よく、一般に誤解されているが
ネイティブチキンは「地鶏」では無い。
日本の食肉業界では偽装が横行している為、変な定義があり
「地鶏」とは、在来種純系か、又は素びなの両親か片親に在来種を使ったもので
在来種由来の血液が50%以上のもの。
飼育期間80日以上、28日以降に「平飼い」を行い
1平方メートル当り10羽以下で飼育されたもの。


つまり、在来種以外と交配していても地鶏になれるし
逆に、平飼いしていても地鶏と呼べない鶏もある事になる。

ちなみにブロイラーは本来、食用鶏全般を指すので地鶏もブロイラーの筈なのに
最近は地鶏以外をブロイラーと呼ぶ事が多い。

ま、そんな事はどうでも良いのだけれど
日本の鶏肉が美味しくない一番の理由は若鶏ばかり使っているせいもある。
本来、成長してから肉が固く締まって味が出てくるのに
高齢化して、肉の柔らかさばかり求める日本市場では若鶏が重宝されて
味が二の次になっている。

そこへいくと、ダバオのネイティブチキンは固くて(゚д゚)ウマー
タイやラオスのガイヤーンが美味しいのも、鶏の種類が違うだけでなく
こう言った事情も絡んでいる。

結局、ネイティブチキンを二串とハツを食べた。

空芯菜炒め
a0023740_0162090.jpg

ライス食べ放題で
一人200p(約400円)でお釣りが来る。

満腹なので、腹ごなしにホテルまで歩いて帰る。

もあ
[PR]
by wan_chai | 2010-12-04 00:27 | 食べ物
 
モンゴリアン(10/18)@カガヤンデオロ
午後も車での移動だ。
a0023740_2203326.jpg

遠くの空に黄色い雨雲が立ち上がるのが見えた。。
慌てて工場に入ると、10分もしない内に猛烈なスコールが屋根を叩き始めた。
目の前の人の声さえ聞こえない。
a0023740_2215219.jpg

工場のストックヤードにはサワーソップが大量に積まれていた。
a0023740_2221096.jpg

雨が上がってホテルに戻る頃にはすっかり暗くなってしまった。
ホテルの周辺をプラプラと散策すると、屋台がいくつか並んでいる。
a0023740_2224156.jpg

Siomai屋だ。
a0023740_2225976.jpg

味もシウマイそのもの・・・
a0023740_2231179.jpg

いや、ちょっと違うな・・・
すぐにホテル前に集合して夕食へ向かう。

ところで、なんの店なの?

「自分でシーフード等を選んで調理法を指定するお店です。」

おおっ!それってダンパマーケットみたいな感じ?
ウキウキしながら車で向かった。

うきうき
[PR]
by wan_chai | 2010-11-02 22:26 | 食べ物
 
気質(3/25)@イロイロ・マカティ
1時間ほど時間があったので、SCにあった盲人按摩に入ってみる。
a0023740_22481675.jpg

写真ではわかりにくいが凄ぇ看板・・・(-_-;)
天井も吊っておらず、コンクリとダクトが剥き出し。

日本で天井を吊らないのは、それなりに雰囲気が出るが
こっちのスケルトンはかなり廃墟っぽい♡

マッサージ師を選ぶ。
a0023740_22501527.jpg

って盲人按摩で選ぶ理由がよくわからないんですけど・・・

30分150ペソ(約450円)

巧い・・・。
正直、フィリピンのマッサージは技術が低いが
さすがにブラインドマッサージはレベルが違う。

設備は事務用椅子が並ぶだけの簡素な物だけど
腕一本で勝負している所がカッコイー♡
勿論、女性もいてます。

さて、すっきりして空港に向かおう。

More
[PR]
by wan_chai | 2010-08-03 23:24 | ASEAN(タイ以外)
 
夜はあっさり(3/20)@マカティ
フィリピン人のメンタリティを知るにつけ、マニラに来ると混乱する。
どうしてこうも胸くそ悪い連中ばかりマニラに集中するのだろうか。

吹っ掛けて来るタクシーに舌打ちしながら乗り込む。
いっそ、背中を蹴ってやろうかと♡←そして翌日、マニラ中の日本人に悪行が伝わる

マカティに着くと、SMのフードコートに向かった。
さて、鹿何を喰おうか・・・
a0023740_2303813.jpg

この店は以前も来ている。

Sisig(シシグ) 95ペソ(約190円)
a0023740_2335156.jpg

た・高ぇ・・・(ToT)←予算オーバー

デザートは何にしよう。。。

More
[PR]
by wan_chai | 2010-05-07 23:25 | 食べ物
 
過橋米線(过桥米线)(12/30)@麗江古城
中国(に限らないが)でマッサージを探すなら盲人按摩が一番ハズレが少ない。

新市街に出ると按摩の看板が数多く見られる。
が、どこも看板は大きくて綺麗なのに
入ろうとすると真っ暗なビルの階段を上がった2階や3階。
部屋を見ると これも真っ暗な部屋の按摩椅子で寝ている人達・・・

そう、視覚障害の人達は灯りをつけないので
夜になった頃だと真っ暗になっても気付かない事が多いのである。
しかし、さすがにこの空気の中に入る勇気が持てなかったアタクチ。

2軒目は医療系按摩を謳っている店だが
こちらも靴屋の隣の真っ暗な階段が続いていて嫌なヨカーン♡

まぁ、躊躇っても仕方ないので思い切って上がってみると
上は明るかったのでほっとした。

しかし、ドアを開けて入ると
雑談していた全員が振り向いて

「こいつは一体、何しに来たんだ?」

と怪訝な顔をされて、挫けそうになる気弱なオサーン。

按摩は1時間のコースだったが・・・寒い!
メチャクチャ寒いっすよ?
途中で寒いと言ったら布団をかけてくれたけど、それでも冷える。
服を着ているとは言え、ジャケットを脱いでいるわけで
ガタブル震えながら施術を受けた。

残念ながらレベルもそれなり。。。

店を出ると、レンタルバイク屋から携帯に連絡が入る。
もうすぐ閉めるけど、バイクを交換するのかと。
どうやら、この電動バイクは毎晩充電しないと持たないらすい。

すぐに戻って、充電済みの車と取り替えて貰う。

さて、晩飯はどうしよう・・・
胃はまだ酷い状態なので軽く食べたい。

古城入り口の所でキノコ料理の店があった。
雲南省はキノコの名産地である。
ここに入るか。

野生菌过桥米线(野生キノコ過橋米線)25元(約350円)
a0023740_2343017.jpg

ってキノコ見えないぞ( ゚Д゚)ゴルア!

写真を撮る前に仏頂面の小姐が全部鍋にぶち込んでしまった。

しかも高っ!
めっちゃ高いYO(ToT)

こんなん過橋米線の値段じゃないですから!
a0023740_2344747.jpg

ちなみに、過橋米線は土鍋のスープに米線(米の柔らかい麺)と
具を入れて食べる料理で
こちら雲南十八怪の第十七怪。

味は美味しいけど、サービスは最低だった。
さすが観光地。
最近の中国でここまでサービスが悪いのも珍しい。

食後は騒々しい古城の奥を避けて歩いて
お気に入りの牦牛酸奶(ヤクのヨーグルト)。
a0023740_23441856.jpg

・・・なんだか昨日と味が違う。
ここは冷蔵保存だったので昨日より味がキツくない。
やはり昨日のは過発酵だったのか。
まぁ、どちらにしても旨い。

さて、メチャメチャ寒くなってきた。
宿に帰ろう。

ちなみに、所長が作ったインスタントの過橋米線からTBいただくポン~
匿名希望Cさんの残念な失敗作はコチラ。こちらもTBいただきます♪
本来の一般的な物はコチラ
[PR]
by wan_chai | 2010-02-08 23:47 | 食べ物
 
国内線用ラウンジ(7/29)@ニノイアキノ空港
フィリピン航空PR282便はマニラ上空をゆっくりと降下し始めた。
町並みも建物もミンダナオのそれとは随分違って見える。
a0023740_2029133.jpg

ニノイ・アキノ空港の国内線ターミナルに着いた頃には11時になっていた。
予定より少し遅れた様だ。
とりあえず腹ごしらえをすべく、ラウンジに向かう。

無駄に広い国内線ラウンジはもの凄いシケっぷり♡
a0023740_20294565.jpg

なんだここは。
老人が集う公民館の談話コーナーか?

しかし、食事は結構充実していた。
a0023740_20311222.jpg

この辺りが相対的に食べ物の価格が安いエリアの魅力である。

ハードは酷いもんですが・・・(+_+;)
a0023740_2031298.jpg

ジャンク品?

ランチタイム♡
[PR]
by wan_chai | 2009-12-06 20:36 | 食べ物
 
休憩のお段(7/19)@蘇州
休みてぇ・・・

海外でトイレや休む所を探すなら
高級ホテルを探すのが手っ取り早い。
特に香港や中国、タイはそこら中にホテルがあるので楽である。
(逆に欧米では失敗する事が多いのでお薦めできない
 ベルボーイが飛んで来たり、ドレスコードに明らかに反していたり・・・)

以前の投稿でもBKKのインターコンチのロビーで1時間昼寝していたアタクスィ。
観前街に蘇州雅戈尓富宮大酒店(富宮ホテル)が見えたので
ふらふらと中へ入っていく・・・

マッサージセンター来了━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

冷房の効いた部屋で寝ながらお茶も飲めるので休むのに最適♡

倒れ込む様に中に入る。
・・・あれ?外に行くの??
どうやら受付はホテル内だけどマッサージセンターは別館らすい。

部屋に入る。
a0023740_22355823.jpg

マッサージのメニューは・・・んー?

こ・これは・・・
[PR]
by wan_chai | 2009-09-10 22:42 | 雑感
 
吃茶蛋的速度(12/30)@羅湖
軌道交通の開通は街の広さも雰囲気もガラリと変える。

羅湖もかつては駅前から東門まで深夜に移動するとなると
歩くには少し遠い上に緊張感イパーイで、結局バスを待つのだが
現在は清潔な地下鉄ですぐに着いてしまう。
バスで案内してくれた可愛い車掌小姐はどこに行ったのだろう?(ToT)

ゲームと同じで、簡単すぎる物は便利でもつまらないのである。
駅前で血反吐を吐きながらのたうち回っていた人
ゴミ箱に頭突っ込んでおよそ人間とは思えない手でお食事中の人
美しい過去の情景となって脳裏に描き出される。
サングラスかけた半笑いのオサーンが歌ってる。

♪夏が過ぎ風あざみ~

深圳きっての繁華街、東門歩行街も皆シャッターが降りている。
SALE中のUNIQLOだけがもの凄い光量の看板で
パステルカラーの衣服が目を眩ませる。
何だろう、このうにくろの高級感は・・・。←畏怖感で近付けない貧乏人

食べる物が何も無いのでは仕方無い。
変わった街並みに驚嘆しつつ再び羅湖方面に歩く。
a0023740_22325437.jpg

New Yearのネオンで思い出したが年末である。
この記事を桜の開花後に投稿するとは夢にも思わなかったが・・・

道中にあった適当なサウナで按摩と耳掃除をする。
何度も投稿している通り、中国の耳掃除が好きなアタクシ。
これだけは欠かさないのである。

2時間の按摩で半分寝ていたせいだろうか
外に出たら激 寒いですよ?

慌ててコンビニに飛び込んで魚蛋と飲み物を買う。
a0023740_22332360.jpg

携帯が鳴った。
・・・何だか酔っぱらった人達からだ。
もうすぐ午前3時になろうと言うのに
何をやってるんだろう^^;←お前モナー

駅前はさすがのポン引きも退散していてガラガラである。
a0023740_22341116.jpg

壁際には野宿している人、会話してる人、意味不明な人などがゴロゴロ。

昔は中華鍋一本で勝負する屋台もいたものだが全くいなくなった。
中国も日本みたいにつまらない飲食チェーンばかりになった。

ホテルの脇にいた茶蛋屋のオサーンから
茶蛋を一個買って上がる。

部屋で茶蛋の殻を剥いていたらベッドが急にガタガタッと揺れ始めた。

「?!」

ギシッギシッと規則的な音を聞きながら茶蛋を食べる。
a0023740_22344848.jpg

五香粉の香りがする煮卵はいつ食べても旨い。
食べ終わる頃にはベッドもおとなしくなっていた。




・・・ハヤっっ!!( ̄□ ̄;)
[PR]
by wan_chai | 2009-03-27 22:39 | 食べ物


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
ブログパーツ
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク