清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
タグ:タイ ( 169 ) タグの人気記事
 
ワットポーマッサージスクール日記申し込み(10/16)@BKK
ワットポー


バンコクで最も広い王室寺院にして
タイ式マッサージの総本山としても知られる。

実は、今回の目的はここで修行することにある。

えぇ、そろそろニートを脱出したいですから(=ー=)フッ


というわけで、ワットポー裏手にあるマッサージスクールを訪ねてみる。
・・・ポツリポツリと人がいるけど何の情報も無い・・・何を待ってるのん?

うろうろしていたら、白人女性が
「8時から開くみたいよ!」
と教えてくれたので、近所でつまみ食いしながら時間つぶしして
7時50分に戻ってみた。
a0023740_21122317.jpg

・・・ナンカみんなカードに書き込んでるミタイ・・。
キョロキョロしてたらガードマンがカードと番号札をくれた。

8時25分、突然女性たちが降りてきて受付開始!
申し込みのつもりで何も用意していなかったので
とりあえず、授業料の7,000B(約20,000円)をATMで下ろして来た。

金を払って、写真(パスポートサイズ3枚必要とHPに書いてあった)を渡すと
「5日間のコースで良い?」と聞かれて「Yes」と答えたところ
「じゃぁ、今日から5日間ね。」
「え?!」

まさか即日で始めるとは思わなかったアル。。

テキストを受け取ると、隣に日本人男性が・・・
同じコースで申し込んでいたので、一緒にスタートするらしい。

急いで教室に移動すると、授業前のお祈りの時間。
ここでみんな揃ってお祈り、黙祷してから授業を開始する。

授業は午前9時~午後4時(5日コースの場合)が基本で
昼は1時間休みになる。

先生はトングァン先生とデェン先生の2女性。
先ほどの日本人男性(島崎さん←仮名)とペアで授業開始する。

基本は同性ペアかと思いきや、言語で括っているだけで
男女のペアもかなり多い。
というか、男性同士でくんずほぐれつしてるのアタクシたちだけ(-_-;)
もう、意識しちゃうから♡


正直、全然ときめきません・・・。_| ̄|○
a0023740_2112369.jpg

というわけで睡眠不足という最高の状態でいきなり授業に突入♡
[PR]
by wan_chai | 2005-10-20 21:13 | タイ
 
タティエンへ(10/16)@BKK
・・・目が覚めた。
時間は午前6時ちょっと前。
日本時間できっちり動く体内時計が恨めしい。。。

3時間程度の睡眠でフラフラしながらシャワーを浴びる。
・・・ってこれ、水ですか?
お陰で目も覚めましたとも、はい。

ぐずぐずして7時過ぎにサトーンの水上バス乗り場に行く。
チャオプラヤ川を走るチャオプラヤエクスプレスは鈍行、急行、特急(勝手に命名)があり
目的地のタティエンに行くのは鈍行だけである。

程なく、独特の笛音とともに船が着く。

タティエンまで11Bとバスより高いが渋滞も無いし、川面は気持ち良いし・・多分・・。
**この意見は後日訂正をさせて頂きますm(_ _)m**

というわけで、15分程度の豪華な船旅を楽しむ。
a0023740_2051994.jpg



タティエンに着くと、すぐ脇にある乾物市場から
干物の匂いが強烈に流れ込んでくる。
船着場から出ると食べ物を扱う屋台が胃を刺激する。
a0023740_21165725.jpg


うーん、何を喰うか・・・

とりあえずバーミー(中華麺)を食べて
目的地に向かう・・・
ワットポー裏手の下町に。
a0023740_20534472.jpg

[PR]
by wan_chai | 2005-10-20 20:55 | タイ
 
パッポンの夜(10/15)@BKK
ブラックライトに浮かび上がる派手な水着が妖しく蠢き
話し声も聞こえない程の重低音が肌を叩く

パッポンのイメージといえば、まさにここ GOGO BARである。

今回もここへ来るために訪泰した。





というのは冗談です(-_-;)
何の勉強するのかと・・・。

BTSも終電が出てしまったので、タクシーをシーロム側のパッポンに飛ばした。
24時半を回って既に露店は片付けの最中である。

a0023740_21342834.jpg

荷物を掻き分けるようにして、スリウォン側へ向かう。

番号4番・・・区画が変わったが・・・あった!

ここの偽物時計屋はBKK滞在中、必ず顔を出している。
というよりも、かつてはここで時計を売る手伝いをしていたこともある。
店番程度だが・・・。

今回は2年半とずいぶん間隔が空いてしまったものの
店主のSimさんもスタッフも変わっていない。
ひとしきり懐かしんだ後、店じまいを待って一緒にパッポンを後にする。

25時を過ぎたパッポンは祭りの後の様で、冷めやらぬ熱気が漂う。
まだ飲み足りないファラン(白人)がフラフラとオープンバーを歩き回り
客にあぶれたゴーゴーガールは足早にクラブへと向かい
露天商の子供たちは無邪気に走り回っている。

毎日が祭りの様な感じが、退廃的な空気を醸成していて非常に心地良い。


Simさんのバイクに一緒に乗りこみ、夜のスリウォンを走る。
ニューロードのロビンソンバーンラック傍にある、汚い店に入った。
a0023740_213538100.jpg

粥屋のようだ。

Simさんと行く時はいつもご馳走になる。
タイ人には割り勘の習慣も無いし、目上が奢るのが常識である。
a0023740_2136458.jpg

画像には映っていないが、中に生卵と豚の血、豚レバーが沈めてあって

ウマー!!


香港の粥より旨い・・・豚の臭みが全く無い。。

小一時間ほど食事を楽しんで、宿まで送ってもらう。

時計を見ると26時半。実に日本時間で朝の4時半だ。
さすがに・・眠い。。。

明日は申し込みに行こう・・・起きら・・れ・・tzzz

5年後バルデラマが登場した様です。
bossmaさんの渋滞日記「ブレックファーストは」

7年後、バルデラマの娘も登場した様です。
狸田所長のプリンス粥店(โจ๊กปรินซ์ (บางรัก) )
[PR]
by wan_chai | 2005-10-17 21:40 | タイ
 
出発10/15@BKK
臭い!

ドンムアン空港に限らず空港独特の匂いは結構好きだが
今回のゲートのそれはまさに悪臭、まぁ本来なら移転してる空港だから・・・。

今回もチケットはUA。
やけくそのようなたたき売りをしていたお陰で、この時期に満席。
そのあおりを食って、3列席の真ん中になっちゃいました。アタクシ。

席に座ろうとしたら、お隣で既に見えない誰かとお話中のオサーン1名。
軽く会釈して、絶対に目を合わせないように気を付けながらヘッドフォン装着。

でも、声が音楽より大きいアル。。

横目で見ると、Duty Freeの冊子と会話中。
「あ、なんだよこれ!高くなってんじゃん!え?!これも??」

「・・・・。」

離陸後も、入国カードが変わったとかガイドブックが役に立たないとか
もう、ストーカー並に彼の事を知ってますから!アタクシ。

結局、2時間後(映画見てる時に) 話しかけられて
その後、彼の株の失敗談とタイ旅行失敗談を色々と教えて頂くことができました。
それはもう、夢のような時間でした。。

えぇ、映画の結末はどうなったんですかと・・・。
いや、それはいいからベッドシーンをもう一度・・・・。。

a0023740_2172912.jpg

定刻の15分前に降り立ったドンムアン空港は拍子抜けするほど昔のままだった。
モァッとした熱気の中を歩いて携帯のSIMカードを買う。
(350B+100B)
a0023740_2182624.jpg

携帯の電源を入れ直すと、車路を横切り横付けしてくるタクシーになだれ込む。

何も言わなくてもメーターを倒す。
思えばバンコクも便利になったものだ。。

車窓を流れる看板の文字は変わったけれど
景色に大きな変化は無い。

「この時間ならまだ間に合うな・・・」

マンションに荷物を置いたらパッポンに急ぐことにする。
[PR]
by wan_chai | 2005-10-16 21:08 | タイ
 
捨身常道へ・・・ for BKK
バンコク行きの航空券が手配完了!
¥22,000のチケットはいずれも11FIX・・・。
今回は14日間なので対象外_| ̄|○

結局選んだのは28,500円の高額チケット♡
これに成田の空港使用料¥2,040と
燃油サーチャージ¥5,000
で、合計¥35,540


ガ━━━(゚Д゚;)━━━ソ!
・・・燃油サーチャージ・・忘れてマスタ。。


いきなり大盤振る舞いモードだわ。。


というわけで
10/15~28はバンコクで修行してます。
暫くはバンコク編で逝きますが、タイトルは据え置き予定です。

そして、明日からは何故か某サーキットで出稼ぎしてるアタクシ♡
[PR]
by wan_chai | 2005-10-09 23:35 | タイ
 
幸福のポイント
煙草の匂いをご存知だろうか?

正確には、葉煙草の香り。
収穫後、乾燥工程を経た煙草の葉の香りは
例える物が無いほどに官能的で甘く、切ないほどに芳しい。

これを加工して火を点してしまうと臭い紫煙に化けるのは何とも皮肉。

珈琲もドリップしてカップに注げば香りが立つが
実は珈琲豆がその魅力を最大限発揮するのはミルで挽く瞬間である。
この馥郁たる香りを知ってしまうと、珈琲を挽いて貰うなんて実に勿体ない。
出来うることなら飲まなくて良いから挽かせろと言いたい位である。

煙草も珈琲も完成品は全く嗜まないのだが・・・。



実は1週間前の予定では今日から中国に暫く行くつもりだった。
この時期、香港往復は¥21,000円。
大阪より近いんデス。(実は成田が死ぬ程遠いというオチ)

しかし、アタクシ大事な事を忘れてマシタ!

この時期の中国って・・・

The 国慶節!



ガ━━━(゚Д゚;)━━━ソ!

中国人民が大挙してレジャーに勤しみ、店や市場は皆休む。
ただでさえ使いにくい公共交通は荒れ狂い、移動も買い物もままならぬ。。
小姐は郷に帰り、公安は不良外国人を取り締まる←関係無いですから!


そこで、第2候補地たるバンコクに切り替える・・・
ちょっと時期がずれて10月中旬。往復航空券は¥28,800也

・・・って
高いYO!!(ToT)

しかし、どうしても以前から勉強したかった事があるので
今回は採算度外視で渡る事にした(予算は常に上限¥50,000)

予算が苦しいので、今回はアパートを借りる予定。
現在航空券のリクエスト中・・・
a0023740_1857268.jpg

もう、1年半も彼の地を踏んでいない。
随分遠ざかっていたものである・・・。
パッポンの街の灯が呼んでいる(ToT)


えぇ、ここまでやってようやくアフォさ加減に気付きましたよ。
10月中旬って・・・



とっくに国慶節終わってますから!!

_| ̄|○
[PR]
by wan_chai | 2005-09-27 19:07 | 他国
 
Premature・・・(プロローグ)@曼谷
香の煙幕をくぐり、木漏れ日の下を歩いて抜ける。
僧坊の前には午睡中の 黄色い袈裟の若い僧侶達。

回廊ですれ違う僧に立ち止まって静かにワイすると裏門の前に出た。

敬虔な仏教徒として、昼の礼拝は欠かせない。
どれ位敬虔かというと、毎年正月に参拝しに行く位である。
ちなみに、参拝先は専ら八幡宮なので それは神道だろうとか
参拝客が多過ぎてカルメ焼き喰って帰っただけだとか

そんなことはどうでもいい

大事なのは気持ちだ。

そう。それが一番 無い

ここは1995年頃のバンコク。
ちなみに1B=3.7円位である。

裏門から出ると、子供の頭位の石を避けて道路を渡る。
トゥクトゥクの2ストエンジンが騒音と臭いをまき散らして通り過ぎて行く。
道ばたのカットフルーツ屋に並ぶスイカが旨そうだ。


「パァーーーン」

思わず身を固くして腰を屈める。
今のは・・・銃声か?!

元傭兵としての本能が差し迫る危険を感知する。
えぇ、真っ赤なウソですが

続いて、違う音が・・
「パンパン・・パン」

間違い無く、オートマティックの銃声だ。
キョロキョロしながら隠れる所を探す。
国際的に有名な(と思いこんでる)俺を狙った暗殺者の襲撃か?!
それにしても・・・何かおかしい。

これだけ激しい銃撃戦が行われているのに
目の前に停まったタクシーの運転手は小指を鼻に突っ込んでアクビしてるし
道の反対側では黒いスカートに白いシャツのセクスイな女子大生が
ピチピチと音が聞こえそうなくらい健康的なお色気を出しながら普通に歩いている。

「???」

とりあえず、危険はなさそうなので続いている銃声の方へ歩いてみる。
歩道では黒い野良犬がだらけきった肢体を晒して木の根にうずくまっている。

角を曲がると緑色のネットを張った、バッティングセンターの様な施設が見えた。
どうもここから聞こえるようだ・・・

・・・暫く遠目で見るが、金属バットの音もホームラン賞の音も聞こえない。
やはり、バッティングセンターではないらしい・・・。

思い切って、入り口に近づく。

「タイ陸軍射撃場」

・・・こんな場所(王宮のそば、しかも住宅地の中)に射撃場かよ。。

ふぅーん、と見ていたら中から軍服のナイスガイ登場。
ニッコリ微笑んで
「良かったら撃ってみないか?」

「え?一般人も撃てるの?」

「38口径リボルバーなら50発で2500B」

「高いYO!
 2500Bったら俺の1ヶ月分の食費だYO!」


あんた、普段何喰ってんだよ・・・じゃ、30発ならどうだ?」

「そんなに金無いってばよ!
 500Bとタクシー代で50Bが全財産なの!」


「よし、じゃぁ15発撃たせてやるよ!どうだい?」

というわけで、トニー・ジャーに似た2枚目軍人に乗せられてシューティングレンジへ・・・

銃は38口径リボルバー、S&W(スミス アンド ウェッスン)。
イヤープロテクターを装着して、銃の保持方法を教わる。
両手保持で持ち上げると1kg弱の重量感がズシリ。

ゆっくりハンマーを引き、トリガーを絞る
パァーーン!

すげー音だ・・・
火薬の臭いと、意外に大きな反動に驚く。
片手だと結構難しいかも知れない。

続けざまに4発を撃ち、横のデスクで装填して貰う。
さっきので少し、銃のクセがつかめてきた(←言い訳)
今度の5発は少し中心に近づく。

あっという間に撃ちきって、再装填。
最後の5発は全て黒丸に納めることができた。
a0023740_16243790.jpg

5分とかからず15発を撃ちきった。
熱い銃身に触れないようにカウンターに返却して
トニー・ジャーに精算をしてもらう。

「あれ?もう終わったのか?随分早いな」

「あぁ、よく言われるよ・・・(-_-;)」

「まぁ気にするな。ところで45口径はどうだ?ガバメントとかエロエロあるよ」

「エロ好きにはたまらんね!
 って、金無いって言ってんだろー!!!」


「カードもOKよ」

「街中でも使えない所が多いのに・・・お前ら本当に軍人か???
 やけに英語も上手いし・・。
 まぁ、今日はいいよ。楽しかった」


「そうか、又来てくれよ!」


キーンという強い耳鳴りを覚えながら施設を出る。
トゥクトゥクの兄ちゃんが指で撃つ真似をして どうだった?と笑いかけてくる。
彼は後に性転換して日本に渡り
南海キャンディーズというグループ名でデビューした。
しずちゃん・・・この頃は笑えていたのね・・・。

それにしても 何で俺、今日に限って500B札を持っていたんだろう?
(いつもは300B以下しか持たない)

あ・・・そう言えばサパーレックに買い物に行く途中だった

il||li _| ̄|○ il||li

タクシーの中でそっと涙を拭う。
その右手からは硝煙の臭いがした。

・・・。
次は中国で艦砲射撃やってみようかな?(ミンスクで出来るらしい)

※この陸軍施設では現在の価格は随分違う様です。
 又、火薬の量も減っているという噂もあります。
[PR]
by wan_chai | 2005-09-19 16:39 | タイ
 
地下鉄事故@曼谷
地下鉄衝突で100人負傷よりTB

BKKの地下鉄が、あろう事か衝突事故を起こしたらしい。

この地下鉄、殆ど日本の円借款(=税金)で建設して
がっちり癒着していた(筈の)日仏連合(三菱主導)が甘い汁を吸うという青写真を
ドイツのSIEMENSにかっさらわれると言う無様を晒して話題になった代物である。

思えば、大正時代のシーメンス事件より
三菱とSIEMENSは軍需や政治癒着でやりあって来た因縁がある。


ま、そんな事は今更どうでも良いのだけれど
こんなにも新しいシステムを導入していて何で衝突したのだろう?
しかも通勤時間帯である(ちょと遅いけど)。

思ったよりけが人が少ないのは情報が混乱しているからだろうか?

相変わらずやってくれるなぁ>タクシン君
[PR]
by wan_chai | 2005-01-17 15:34 | その他
 
ゲーン
バンコクのお土産
青田風さんからTBさせて頂きました!

これも、一時期扱っていましたが
日本ではどういう訳か、レッドカレーに人気がありません。
並べても積んでもグリーンカレーの3分の1程度しか売れてくれない。
味はどちらも美味しいのですが、タイ=グリーンカレーというイメージなのでしょうか。


10年前、タイ初心者だった当時、ラマ4沿いでゲーン屋を見つけた。
気温は40度を超えるクソ暑い中、まずは席について
手で持つとヘニャッとなる情けないボトルのポラリスを一気飲み。

さて、鍋の中を見ると、どれもこれも真っ赤だ!
辛いのが苦手なのでためらっていたが、奥に赤くないのがあるじゃないの。
これをちょーだい。ゆで卵もね。

・・・・辛ぇ~!。

結局ポラリスを1リットル消費しながら30分かけて完食。
着衣泳法でもやって来たみたいに汗みどろで食べている
変な外国人に出入りしている子供達も興味津々。
クリーニングしたばかりの服が・・・・(>_<)

これ以来、我が家の家訓は冷房の効かない店でゲーンは食べない!と決定。

先日、パタヤのロイヤルクリフで食べたゲーンは洗練されていて美味しかった。
横にタクシンが来ていて騒がしかったのはご愛嬌(^^)
[PR]
by wan_chai | 2004-09-18 09:17 | 食べ物


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
ブログパーツ
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク