清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
 
ハロハロ屋の純情(3/25)@イロイロ
フィリピン人のイメージと言えば・・・
やはり明るい人柄。
人なつっこくて、面倒見が良い。
仕事しない。いい加減。金銭にルーズ。

あれ?
段々ネガティブになってますよ?

おおよそこんな所だろう。
内気でシャイで、女性の目を見て話せないアタクシとは真逆だ。

後半は一緒ですが♡

il||li _| ̄|○ il||li

時間がかなり余ったので、どこか観光にでも行きたいですかと問われた。
マーケットに行きたいと言うと、露骨に変な顔をする。

「SMでいいですか?sir」

よくなーいヽ(`Д´)ノ ウワアン

そんな所へ行ってどうするのかとか、色々と言われながら
朝行ったスーパーマーケットに戻る。
ウェットマーケットは時間帯によって売る物が変わるのである。

「通常は外国のお客さんは連れて来ないのですが・・・」

なんと、駐在の人達も禁止されてるらしく、まず入る事は無いと言う。
レストラン以外での食事も禁止らすい。
信じられん(+_+;)←レストランの敷居が高すぎて近寄れない人

そんな規則を守ってたら餓死確定のアタクシ、ズカズカ入っちゃいますよ?
a0023740_21333797.jpg


ずかずか
[PR]
by wan_chai | 2010-07-30 21:59 | 食べ物 | Trackback(2) | Comments(28)
 
食の不可逆性(3/25)@イロイロ
古い物が好きだ。

と言っても、家中にゴミを集めてうっとりするアレではない。
長年、大事に扱われて来た物からは人智を越えたなにかが感じられる。
3年で壊れるハイテクのデジカメよりも
親子3代受け継がれるアナログのライカの方が美しい画が撮れるのは
まさしく、こんな所にあるんじゃないだろうか。

古い道具には前のオーナーの扱いが如実に表れるものであり
その人となりさえ見えることも珍しくない。

相手の過去を認めて惚れ込み、その上で自分との歴史も刻んで行く。
男女の関係と同じだ。
相手を自分色に染めようとすると、あっさり壊れてしまう所も。

イロイロに再上陸して向かったのはモロ教会の側にある
Panaderia de Molo
a0023740_22533454.jpg

1800年頃、モロ教会の建築で煉瓦の固定に卵白を使用する方法をスペイン人が伝えた。
余った卵黄を無駄にしない為にベイクショップを作ったのが、この店の原型と言われる。
まさに、モロ教会の、そしてイロイロの歴史が刻まれた老舗だ。

しかし、そのパッケージはと言うと・・
a0023740_22541993.jpg

全然美味しそうじゃないっすよ?(+_+;)
a0023740_22543034.jpg

かなり期待薄で工場を見せて貰う事にする。
a0023740_22562152.jpg


中へ
[PR]
by wan_chai | 2010-07-28 23:05 | 食べ物 | Trackback | Comments(24)
 
リゾート時間(3/25)@ギマラス島
リゾートでは時計の進み方が違うのを肌で実感できる。
日常での時間はまるで特急列車の様に、ちょっと目を離すと通り過ぎてしまうが
リゾートのそれは流れるにまかせて、ボートで浮かんでいる様な緩やかさだ。

すっかりリゾート呆けした頭のスイッチを切り替えて
車で港へ移動する。
a0023740_22275994.jpg

墓地の作りは沖縄や台湾に似ている気がする。
a0023740_22285641.jpg

来島時の投稿で書いた通り、渡し船は2路線ある。
イロイロのパローラ(Parola)からギマラスのブエナビスタ(Buenavista)を結ぶ路線と
イロイロのオルテス(Ortez)からギマラスのホルダン(Jordan)を結ぶ路線。

今回の還りも往きと同じブエナビスタ港からとなる。
来た時は気付かなかったが、管理事務所もあった。
a0023740_2230164.jpg

飾ってあるのは先住民族の戦闘用衣装っぽい。

港で待機するリムジンの車列がズラリ。
a0023740_22303050.jpg

なんと、未発表モデルのジャガーもいますよ?
a0023740_22304272.jpg

なんかエアコンの効きが悪いで!

船着き場には細かい料金表があった。
a0023740_22305762.jpg

a0023740_2231586.jpg

ほんとに細かいな( ̄□ ̄;)
しかし、このサイズ別とレギュラー料金の差は何??

バンカーボートが来た。
a0023740_22312770.jpg

ギマラスで過した楽しい日々もおしまい。
時計の針を早めつつ、イロイロに戻ろう。
[PR]
by wan_chai | 2010-07-26 22:35 | ASEAN(タイ以外) | Trackback | Comments(20)
 
RAYMEN BEACH RESORT(3/25)@ギマラス島
看板を見るとRAYMEN BEACH RESORTと書いてある。
a0023740_1335854.jpg

リゾートホテルになっている様だ。

入ってすぐのレストランには・・・
a0023740_135992.jpg


マンゴーキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

この島に来て初めて見た特産品である。
ん?なんでだろう??
a0023740_136237.jpg

ちょっと外を歩いてみよう。
a0023740_1365254.jpg

おやっ?

これは・・・
[PR]
by wan_chai | 2010-07-24 13:24 | 食べ物 | Trackback | Comments(26)
 
縦断(3/25)@ギマラス島
貸し切りのジープニーは再び、島の奥へ向かって走る。
通常のジープニーを何度か追い越した。
a0023740_20515447.jpg

いつも定員オーバー♡

炎天下を歩く子もいるが
a0023740_20521748.jpg

自転車もいた。
a0023740_20522641.jpg


More
[PR]
by wan_chai | 2010-07-22 20:56 | ASEAN(タイ以外) | Trackback | Comments(20)
 
トラピスト(3/25)@ギマラス
ギマラス島は世界一とも謳われるマンゴーの名産地らしい。
到着したブエナビスタ港には積み込みを待つ沢山のマンゴーで溢れかえって・・・

いませんね。全く。

マンゴーのマの字も見当たらない。
いや、正確には港に大きな垂れ幕があった。
曰く、マンゴー種子や果実の持ち込みは一切禁止らすい。
害虫の上陸防止の為である。

ジープニーに乗り込むと、狭いガタガタ道を走り出す。
古びたポスターが妙に色っぽくて気になっちゃいますよ?
a0023740_2335335.jpg

どうして酒のポスターってお色気物が多いんだろう?

ギマラスのトライシクルはこんな感じ。
a0023740_23354669.jpg

島中の公共交通はジープニーとトライシクルだけの様だ。

途中から舗装された道を走ること30分。
何もない所に突如、看板が出ていた。
OLPトラピスト修道院
a0023740_23362460.jpg

ジープニーは轍を超えて中に入る。

More
[PR]
by wan_chai | 2010-07-20 23:46 | 食べ物 | Trackback | Comments(17)
 
bon voyage(3/25)@イロイロ
イロイロからの船の移動は少々、面倒だ。
港が二つあって、次の便がどちらから出るかと言う大事な情報が
外国人にはわかりにくいのである。

今回も最初に行った港はハズレで、もう一つの港に向かった。
フィリピン人でさえ、これである。
籠を背負った若い女、建材を持つ半裸の男、5人がかりでバイクを持ち上げ
縛られた鶏がコッコッと鳴く港の雰囲気は、さながら映画の様だ。

ブースでチケットを買う。
a0023740_19111164.jpg

おばちゃん、窓口 高すぎるで!

気を緩めると海中に転がり落ちそうな埠頭だ。
おばちゃんが売っていたパンを買って待つとバンカーボートが入ってきた。
a0023740_19123329.jpg

船の中でパンを頬張る。
a0023740_1913382.jpg

具はカレーの様な物が入っていた。
パサパサしたパンで、サモサの様な味。
ホテルから持ってきたペットボトルの水を出す。
が、波の揺れで思いっきり鼻に突っ込んでむせるアタクシ♡

激 痛いんですけど・・・(ToT)

暫くして船は出港した。
別れる相手も無いのにアタクシ、涙目。

手こぎの舟もチラホラと見かけた。
a0023740_19164750.jpg

15分程で目的の島に着いた。
着岸する時、思いっきり隣の船に接触しましたが♡

大体、このバンカーボートは無駄に横が広い。

さぁ、着いた。
ギマラス島だ。
a0023740_1918870.jpg


Samurai エナジードリンク
[PR]
by wan_chai | 2010-07-13 19:22 | ASEAN(タイ以外) | Trackback(1) | Comments(18)
 
スーパーマーケット(3/25)@イロイロ
あっという間に朝になった。
ベッドからバネで弾かれるように飛び起きると
シャワーを浴びて、乾かない頭でシャツを着る。

部屋に荷物をまとめておくと、レセプションに向かった。

「朝食会場はあちらです。sir」

チラとレストランを横目で見る。
フィリピン中で見たような朝食ブッフェが並んでいる。
時計の針は集合時間まで30分の位置を指していた。
レセプションの彼に聞いてみる。

この辺にウェットマーケットは無い?

「え?・・・それでしたら、ここからタクシーで5分の所に
 Super Marketと呼ばれるウェットマーケットがあります。」


なんだその名前??それであってるの?

「正式名ではありませんが、私たちはそう呼んでいます。
 タクシーなら確実に通じます。」


ホテルの前ではオレンジ色の日差しが真横から熱線を放っていた。
a0023740_21184356.jpg

タクシーをつかまえて、恐る恐る
スーパーマーケットへ行きたいんだけど・・・と言ってみる。

こくりと頷いて運転手がメーターのボタンを押した。

これでSMとか、ロビンソンに行ったらどうしよう?
何しろ、ロスできる時間は殆ど無い。
開店前の「スーパー」なんて見ても全然おもんないのである。

等と、初デートの待ち合わせみたいにドキドキしながら乗っていたら
(別に禿げた運転手にときめいていたワケではない)
突然、リヤカーを引いた上半身裸のオサーンが見えてきた。

「ここです。sir」

間違い無い。デートに誘った彼だ
wet marketだ。

タクシーを降りた
[PR]
by wan_chai | 2010-07-11 21:26 | ASEAN(タイ以外) | Trackback | Comments(20)
 
チョコレート
怪しい所長が、ラーショー(ミャンマー)にある
怪しい国営商店怪しいチョコレートを紹介されていた。
記事

読んでいたら、サウスコタバトのカカオを作っていた所で
チョコレートのサンプルを貰って帰っていたのを思い出した。

コレだ。
a0023740_21112355.jpg

なんだかもう、残念感イパーイ♡
a0023740_21113372.jpg

一見、ひどいブルーミングに見えるがこれは違う。

ポンポコチョコレートも角が落ちていないので
シュガーブルームに見えるが、テンパリングの失敗と思われる。
フィリピンの物が、それを更に酷くした感じ。

テンパリングさえしっかりしてあれば
高温にさらされても、この程度で済むのである。
a0023740_21123535.jpg

このクーベルチュールは年末から最近の40度くらいの室温まで放置していた物。
(単に捨て忘れていた)

しかし、フィリピンの残念なチョコレートも
テンパリングをやり直せば、生き返らせることが出来る。

たぶん・・・。

やってみた
[PR]
by wan_chai | 2010-07-10 21:29 | 食べ物 | Trackback(1) | Comments(18)
 
バッチョイ(Batchoy)(3/24)@イロイロ
「ワンチャイ?
 わたしよ。次のフライトまで1時間半あるから
 クルールームまで来て♡」

a0023740_23472925.jpg

なんて電話だったらどうしよう・・・
妄想を抱きながらポケットからNOKIAを取り出す。


「Michelle

   calling」


_| ̄|○

「ワンチャイ?私よ、ミシェル。今どこ?」


ターンテーブルの荷物を目で追う。

「マニラじゃないのね?マニラにはいつ行くの?」

「ダバオにはいつ来るの?」


のんびりしたフィリピン人、ましてやミンダナオ人にとって
こんな慌ただしいスケジュールは到底信じられないのである。

えぇ、アタクシにも・・・(+_+;)←飛行機マニア並の搭乗頻度

視界の片隅を横切って歩くCAの制服を目で追う。

「聞いて、私、今日学校でね・・・」

ターンテーブルに出てきた荷物を片手で引き下ろすと
迎えのバンに放り込んでパッセンジャーシートに乗り込む。

運転手と目で挨拶すると、車は滑るように雨のイロイロ市内を走り始めた。
この新しい空港周辺、道路がやたらと綺麗だ。

携帯に相づちを打つこと20分。小綺麗なホテルが見えてきた。
左手に当たるバッテリーの部分が熱い。

ドライバーにお礼を言ってレセプションに向かう。

ミシェルにチェックインの旨を伝えて会話を打ち切った。
やれやれ、30分も話していた。と言うか、聞いていた。

なんでこんな事に??

_| ̄|○


荷物を部屋に置くと、すぐにタクシーで外に出る。
ここも土地勘が無いが、ホテル周辺に何も無いことだけはわかった。

「イロイロには、とても美味しくて有名な麺料理があります。
 きっと気に入ると思いますよ。」


美女の微笑みに目尻を下げながら向かった店は・・

More
[PR]
by wan_chai | 2010-07-05 00:03 | 食べ物 | Trackback | Comments(22)


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク