清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
<   2004年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧
 
空港探検隊その2@上海
チェックインカウンターと出国カウンターの間には色々な店が入っている。
a0023740_1847118.jpg足マサージセンターは結構良いかも。
いくら位するのだろう?

a0023740_18481310.jpgマッサーヅ130RMB/45分
(約1800円)
足裏ッボ指圧100RMB/45分
(約1400円)
ェステ フェース・ケァ 80RMB~
(約1100円)

た・高っ!
これは本当に高い・・・。



屈臣氏があったので、安売りしていた二つを買ってみた。
a0023740_1901217.jpgこの铁蛋ってヤツは、ピリ辛のゆで卵。
鸭肫肝は、鴨の砂肝みたい(違う?)

どちらも旨かった^^
お土産にオススメできまつ。


さて、搭乗開始時刻15分前だ。

空港利用料を・・・って窓口が閉まってる。
張り紙があった
「空港利用料は事前徴収に切り替わりましたので、支払いの必要はありません」
えぇ~?
突然変えるなよ~
目の前のATMでRMBをおろしたばかりなのに(T_T)

出国審査は・・・メッサ混んでる・・・。
窓口が多いので安心し切っていたが、甘かった。

でも、まぁ中国なので何とかなってしまう。
うまい事やって、10分程度で通過。間に合った^^


今回は初めての日系エア自社便だったので色々と物珍しかった。
前回の中華航空はオサーンとカラオケママばかりだったが
今回のANA朝便は殆どがスーツのビジネスマン。
お行儀も随分よろしく、こんなに違うものかと瞠目させられた。

というか、前回が酷過ぎたんだな。

2度目の上海滞在はあっという間に終わってしまった。
教訓:上海滞在時はロケーションをよく選ぼう。
浦東と虹橋では別の都市と言って良い程に印象が違う。
a0023740_19194212.jpg
しかし、沢山喰ったなぁ^^;
[PR]
by wan_chai | 2004-10-22 09:15 | 雑感
 
空港探検隊その1@上海
我々探検隊は、正面出発ゲートより侵入を試みた。

ここは厳重なサーモセンサーをかいくぐって、健康調査票を・・・無い。
何処にも無い。やめてしまった様だ。飽きたのか???

チェックインを無事に済ました我々は、出国とは別方向に向かう。
そこには・・・a0023740_8293263.jpgこんな物が見えていたのである。

僅かに油断した隙に、こんな物を建てるとは!
そんな暇あったら、リニアを遅くまで運行しろ
旅立つ旅客から、最後のRMBを搾り取ろうなんて・・・ステキだ!

よく目を凝らせば、美食中心という文字も見えるじゃないか!
ステキすぎる!

早速我々探検隊は、内部へと潜入した。
a0023740_835866.jpg何だか変わった商品を売っている。
汚い中古の帽子に、紙芯、エアキャップ、紙屑等々
店員がいないのはセルフ式なのだろうか?

‥‥って、営業してないじゃん!
ヽ(`Д´)ノ


しかし、これ位でめげてはいけない。
一部オープンの可能性もある。
きっと、何か面白い物が・・・はぅっ!
a0023740_8411564.jpg
牢に囚われた美女ハケーン!


というか、向こうから見たこちらが囚人か・・・(T_T)

俺様が何をしたってんだ!ここから出せぇ~!
と檻をガチャガチャやっていたら警備員に怒られた。
↑ウソ
すんなり諦めて、うすっ暗い施設をすごすごと退散。

まだ運行していないリニア駅では何故か動く歩道だけ動いていた。
ふと右を見れば、前回食事をした停車楼餐庁だ。
a0023740_848739.jpg
そろそろ出国しなくちゃ。(残り25分・・・。)
[PR]
by wan_chai | 2004-10-22 09:00 | 雑感
 
浦东国际机场@上海
今回泊まった浦東の南側は結構空港に行きにくい。
唯一、アクセスが良くて大好きな磁浮列車は運行時間が8時半~17時半と短く
深夜着、早朝発の今回は使えない(;o;)

エアポートバスは東方医院まで行ってしまい、タクシーで折り返す羽目になる。
勿論、空港に行く場合はもっと面倒。

というわけで、今回は泣く泣くタクシーで行った。
何でリニアより遅いのに高いんだ・・・。
a0023740_23481342.jpg

4ヶ月ぶりの空港だが、かなり変わっていた!
早速探検隊は、空港探索に出ることにしよう。

ん?ボーディングまで40分?
まぁ、あまり細かい事は気にしない事にする。
↑こういう馬鹿が飛行機を遅れさせる
[PR]
by wan_chai | 2004-10-22 08:00 | 雑感
 
お土産@上海
帰国時にはお土産代わりに小吃を持って帰るのが好きだ。

今回は朝便で早いけど、中国の朝はもっと早い。
5時半にもなれば殆どの店が営業開始している。

というわけで、今回は
a0023740_2347018.jpg

ああ、又中国製の容器が我が家に増える^^

お土産総額20RMB程度(約280円)也。
[PR]
by wan_chai | 2004-10-22 05:43 | 食べ物
 
晩餐@上海
食い物の事ばかりなのは、それ以外の事は時系列を追わなくても良いので
後回しにしているから・・。

決して喰ってばかりだったわけでは・・・なくもないかも知れない^^;

さて、宿の前に呉越人家があった。
醇香排肉麺が有名で、上海ではとても人気のある麺店である。

前回の滄浪亭もイマイチだったが再挑戦してみよう。
a0023740_2364455.jpg

やっぱしイマイチ。

排肉は美味しいけど、どうにもスープが弱すぎる。
ご飯と同じ感覚なので、おかずに頼りすぎてしまうんだなぁ。

ちょっと悔しかったので、路上で串焼きを5本程買って食べて
更に便利店で茶蛋を2個買って部屋で喰らう。
って、喰い過ぎ!(>o<)

茶蛋が大好きである!
茶蛋って何?って人は便利店(コンビニ)に入って下さい。
レジカウンターの横でおでんとかと並んで汚い素朴な鍋に
茶色なスープと怪しい色になっているゆで卵を発見する筈。

もの凄い仏頂面の店員に「茶蛋くれ!」と言うか、指差しても買えまつ。
カナリ熱いです。
これを一人で部屋で食べる寂しさ嬉しさ。

あーあ、これが最後の夜か。

明日は早朝の便だ。
早かったなぁ。
[PR]
by wan_chai | 2004-10-21 22:51 | 食べ物
 
午飯@上海
商談後、工場へ移動する途中に昼飯に誘って頂いた。
a0023740_2120186.jpgホウレン草のソテーと、肉団子。
この肉団子は名物料理らしい。
とてもボリュームがあって美味^^


a0023740_21212439.jpg焼き餃子という事だったが、揚げ餃子だな~。
日本で食べるのに近い味。でもニンニクは入っていない。


a0023740_2123611.jpg油条炒牛肉だったと思う。
名前の通り、油条と牛肉と玉葱を炒めた物。
これは、凄く美味しい!
今回食べた新しい味の中で一番お気に入り。

でも、酷い写真だ・・・腕が悪すぎ(>_<)

ここもご馳走になってしまった^^;

この店は、上海万博の予定地になっている為
間も無く立ち退きで無くなってしまうらしい。
これ程密集して発展している区域をぶっ壊して万博会場にするとは・・・凄い。
勿体無いなぁ・・・。
[PR]
by wan_chai | 2004-10-21 12:09 | 食べ物
 
早饭@上海
宿の前を走る塘橋新路が好きだ。
朝から小吃が沢山出るし、夜は屋台が腕を競う。
あれ?食い物屋が判断基準なのか?

今日はここにしよう。
a0023740_1971539.jpg豆漿と、隣の店で蒸篭を見て、烧卖(シュウマイ)を貰う。

a0023740_1995560.jpgこの烧卖、味のついたもち米がたっぷり詰まって美味しい^^

しかし、豆漿で大失敗。
最初に砂糖入れて貰ったのを忘れてしまい
「香菜たっぷり入れてね!あと油条も!」
というわけで、すごい味に(+_+)

実は、台北でも砂糖と醤油を入れて吐きそうになった私は豆漿のオーダーが下手である。

もがき苦しみながら食べていたら、
「あんた、日本人かい?」と綺麗な北京語で聞かれる。
海外で日本人と言われたのは初めてだ。
ときめきながら顔を上げるとつぶらな瞳の好々爺。
a0023740_19144755.jpg
「何でわかったの?」と問うと
ニッと笑って指差す先には日中字典。あー、持って来たんだっけ^^
「日本の何処から来なすった?」
「東京です」
「ワシの倅も結婚して東京にいるんだ。江東区の南砂
 幸せに暮らしているらしい。日本はいいのぉ^^」

この爺ちゃん、本当につぶらな目で愛くるしい顔をして笑う。
お陰で豆漿の味も忘れる事が出来た。

前回もそうだったが、
日本から来たと言うと歓迎してくれる人がとても多いのは意外で嬉しい。

食べ終わって席を立つと又、ニッと笑って
「再见!」と手を振る。
店の人たちもニコニコしていて何だか気持ち良い朝になったな。
[PR]
by wan_chai | 2004-10-21 08:01 | 食べ物
 
晚餐@上海
夜は、とても雰囲気の良い店に連れて行って頂いた。
店名も場所もわからず^^;a0023740_19332346.jpg
左の皿は豚の尻尾。
甘みが強く、ゼラチン質でウマー!
オックステールも、ボンチリも美味しいし、尻尾大好き^^

真ん中の豆腐の様なのは何かのすり身かな?
右の皿は野菜炒め。

飲み物はスイカジュースをジョッキで^^;

a0023740_19382656.jpg朱家角に続き、本日2杯目の上海蟹>^_^<
昼のと違って、とても大きく立派である。
味も結構違った。
こちらは味噌の甘みが少なく、コッテリした味。美味^^
雄雌で、味が違うのかな?勿論、値段も一桁違うだろう。

幸せだなぁ・・・(遠い目)


a0023740_19411574.jpg蟹黄鱼翅である。
蟹味噌たっぷりのフカヒレスープ。
フカヒレも丸ごと入ってます。

これ位の物になると、安い店でも200~400RMBはする筈(*_*;)

え?味?あはは^^
最高でした。

こんなに良い物食べたのに、全てご馳走になってしまいました。
どうもご馳走様でしたm(_ _)m
滅茶苦茶美味しかったです。

しかし、旅行にもカメラ持ち歩かなかった私が
商談にまで、デジカメ持って行く様になるとは・・・^^;
blogやる様になって随分変わりました。

部屋に戻って気が付いた。
手が蟹臭い^^;
洗っても取れない。
ちょっと得した気分である。(?!)
[PR]
by wan_chai | 2004-10-20 19:29 | 食べ物
 
新天地@上海
a0023740_11121949.jpg
上海旅遊中心から、地鉄を途中下車して新天地に寄って見た。
帰りのバスはワープ(熟睡)したので早かったが
どこかで休みたい気分もあった。

・・・なんだここは?
西洋のエッセンスが入った頃のモダン建築を更に磨き上げた様な空間。
全く予備知識無しで行ったのでおのぼりさんよろしく、キョロキョロしてしまう。

すっかり日が落ちて、ライトアップされた街には
欧米人が行き交い、日本語も時折聞こえて来る。

朱家角が鎌倉ならここは横浜をモダンにした感じだろうか?

立て続けに見ると、目が眩むようなコントラストだが
どちらも不思議と落ち着くのは何故だろう?
a0023740_1118846.jpg
突然、携帯が鳴って我に返る。

明日約束の総経理から、今晩 急遽時間が取れたという連絡を頂いた。

仕事モードに切り替えだ!
少々名残惜しいが、急いで宿に戻る事にしよう。
[PR]
by wan_chai | 2004-10-20 18:00 | 雑感
 
朱家角その4
街中を歩いていると、見世物だけでなく
本当に古い商店が営業している事に驚く。
a0023740_8591743.jpgここは薬屋。
漢方薬を調合してくれる。

上海では中医(漢方薬や鍼灸治療)は廃れつつあり、中年より若い人は西医(西洋、即ち現代医療)を利用する人が多いが



ここは老人が多いせいか、西医より中医の様だ。

多くの引き出しが一般人を寄せ付けない専門性を誇示しているのは興味深い。
現代にも様々な業界で行われている手法だ。



a0023740_22302012.jpg繭から絹糸を紡ぎ出している。
全て爺ちゃんの手作業だ。
あまりの生産性の悪さに気が遠くなりそうになる。

しかし、ここで紡績機が"Wallace and Gromit"よろしくガチャガチャ動いていたら興醒めは必定。
(あれはknitだが・・・)
守り続ける根気も又、貴重である。


あれ?庭園の石組みから降りると膝が笑ってる。
もうね、タップダンサー並にガクガク言ってる。
そう言えば、食事の時間を除いてずーっと歩き詰めだ。

ここは水路が網の目で走っており、橋の連携が悪いので効率的に動けない。
アリみたいにグルグル回っていて疲れてしまった。

凸凹の石畳も体力消耗を早める。

お!甘蔗汁だ。a0023740_9223288.jpg毎杯2元(約27円)!
この間のkaonoiさん(シンガポール)と較べても桁違いに安い。

「1杯欲しいな」と声を掛けると
「アイヨっ」と二人がかりでエッチラオッチラ絞ってくれる。
うまか~!

手表(腕時計)を見れば既に15時を回っている。
バスの迎えは16時。疲れたし脚浴で休む事にしよう。

集合場所のすぐ横にある美容院で小姐に15時50分までと頼んで揉んで貰う。
うーん、疲れも吹っ飛ぶね。
ん?何?
足を指差して薫香はどうだって?
そうだよね~臭いよね~こんだけ歩けば。(T_T)
でも、時間が無いので鼻をつまんで(ウソ)我慢してもらった。

そして、キッチリ時間通りに上げてもらって外に出る。

目指すバスもちゃんと来ている。
時間通りで優秀だな・・・・っておいおい、何か走っていませんか??
「おーい!どこ行くの?
 ここに大事な大事なお客様がお一人いらっしゃいますよ~!!」

イッチャッタ_| ̄|○

時間はまだ15時56分だ。
猛烈な黒煙の中、「脚浴、キッチリ80分やって貰えば良かった…。」と後悔するケチ。

ふと横を見ると、女子高校生が5人位甲斐甲斐しく動いている。
5人ともお揃いの真面目そうなメガネちゃんだ。
胸にはDragon boat festivalと書いてある。

助けを求めると、流暢な英語が返って来て驚いた。
すぐに、携帯を貸してと言われて渡すと連絡を取ってくれ
「16時半と17時に同じ会社のバスが来ます。
 あなたの席は保証できませんが、空いていれば乗る事が出来るそうです」
「私たちのバスは出発しちゃいますが、困ったらこれを運転手に見せて下さい」
と、紙片に「我去上海体育館」と書いて渡してくれた。
ありがとう。本当に助かったよ^^

おかげでとても気持ち良く朱家角を離れる事が出来た。
5時間弱の滞在だったけど楽しかったなぁ。
美味しかったし^^
a0023740_9475457.jpg

[PR]
by wan_chai | 2004-10-20 14:57 | 雑感


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
ブログパーツ
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク