清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
カテゴリ:ブラックマーケット( 4 )
 
光華商場(3/23)@台北
携帯が繋がったのは1時間半後だった。

相手は・・・十与次さんである。
そう、世界を股にかける料理人は長安鎮から台中へ移動していた。
(※長安のお店は引き続き別の板前さんが切り盛りしている。)

で、今回台北から合流させて頂く事になった。

早速二人でホテルへ053.gif←チェックインしただけ。


9年前の台北と大きく変わった所と言えば2点。
一つは空港の名前が中正国際空港から桃園国際空港になっていた事。
(アタクシはこの事実を知らず、新空港だと思っていた。)
もう一つはMRTの開通ラッシュである。
当時淡水線と木柵線の一部しか営業しておらず
バスでの移動が前提だったが、現在はMRTで台北市内をほぼ網羅できる。

早速二人で1日乗車券を買った。
200元(約660円)で50元のデポジットを含むから結構お得である。


向かった先は台北随一の電脳市場、光華商場。

・・・あれ?ガード下にあったのが綺麗な小屋に収まってますよ?
a0023740_8524450.jpg

以前のように、リストを持った子供達が群がっても来ない。

まさか・・・?!

中を歩くが、健全そのものの電気街である。
東アジアナンバー1の暗黒市場として君臨していた頃の面影は微塵もない。

周辺ビルに一部怪しい店舗が移っているようだが
香港の黄金商場やBKKのパンティップ、サパーレックの様な活気はもう失われている。

それじゃ無くなったのか??
いやいや、地下に潜ってる様です。
こういう所に・・・。

しかし残念だ・・・。


足取り重く出た所で小姐が元気に生搾りジュースを売っていた。
a0023740_94249.jpg

レモン無しにして、砂糖の量を減らさなかったので鬼のように甘い。。
a0023740_943281.jpg

二人とも飲みきれなかった。

そして次の場所へと向かう・・・。
a0023740_945969.jpg

何だか肌寒いな。。。
[PR]
by wan_chai | 2008-04-03 09:07 | ブラックマーケット | Trackback | Comments(6)
 
灣仔そごう(11/14)@灣仔
荷物をベッドに放り出すと
銅鑼灣からトラムに飛び乗って灣仔の人混みを泳ぐ。

夕刻の買出し時間とあって、街市周辺の人混みはもの凄い。
その中をつっこんで来る車はもっと凄い・・・。
もう、年末のアメ横に車が入ってくる様な感じ。


4日前に預けたWiiを受け取る為、東方188商場を駆け上がる。
時間帯のせいか、今日は人も多い。
みなさん、A系ファッション♡

日本とちょっと違うのは、秋葉では30代の中高年もまだまだ現役だが
香港やタイでは20代以下が中心である。

と思っていたら、ショーウィンドウの向こうに汚らしいオサーンがいた。
みすぼらしい鞄に貧乏くさい格好してる。

そしてこちらを見て・・・・

ニヤニヤして・・・・・・・



鏡ですた。




il||li _| ̄|○ il||li


Wiiの改造は無事に終わっていた。
凹みまくってるアタクシに同情してくれながら、動作確認を済ます。

中国で色々買ったと話すと、店員が全員集まって
それぞれの値段を聞いて、激しく驚いていた。

聞くと彼らの仕入れ値より安いらしい。
こんなに近いのだが、商流は別なのか。
不思議なものである。


帰り際、看板をよく見てみると
a0023740_9585072.jpg

千葉そごう?!

銅鑼灣だけでなく、灣仔進出?(※銅鑼灣そごうは既にミレニアムリテイリングではない)

でも、よりによって何で千葉?
[PR]
by wan_chai | 2008-02-08 10:02 | ブラックマーケット | Trackback | Comments(16)
 
東方188商場@灣仔
軒尼詩道を走るトラムは跑馬地からの合流を左手に見ながら
カンカンと音を立てて進み、ゆっくりとトラムストップに停まった。

八達通をかざすとピッと音を立てて2HKD(約30円)が引かれた。
トラムのちゃちなステップを飛び降りる。

バスケットコート脇の階段を上がると灣仔道である。
軒尼詩道の喧噪が無いので徒歩の時はいつもここを歩く。
但し 道は狭く、結局歩きにくいのは変わらないのだが・・・。

右手を見ると、日本城の先に目的地が見えた。
a0023740_9444637.jpg

灣仔道188號にある
東方188商場

正面から見ると地味な印刷店にしか見えない。
a0023740_9464720.jpg

しかし、内部に足を踏み入れると様相が変わる。
看板を見ると・・・
a0023740_9482314.jpg

んー?
a0023740_9483939.jpg

目的地キタ━━━━(♡∀♡)━━━━ッ!!

・・・いや、違いますから。(-_-;)

こっちがメインである。
a0023740_9494587.jpg

ここ、東方188商場は
九龍サイドの信和中心の様な香港島オタク市場である。

場内を歩いていてもヲタク臭がモリモリ。
a0023740_9523810.jpg

まだ、開かない店が多いので店の人に聞くと
土曜日なので12時~13時オープンの店が多いらしい。

改めて12時半に来ると・・・・
a0023740_955245.jpg

開いていた。

早速、日本から持ってきたWiiを預ける。
改造自体は4時間もかからないというので預かり証を貰って店を出た。

軒尼詩道に戻ると右からマッチ箱みたいな堅尼地城行きがゆっくり入ってきたので
右手で後部のバーを回しながら駆け込んだ。
a0023740_100153.jpg

[PR]
by wan_chai | 2007-11-27 10:11 | ブラックマーケット | Trackback(1) | Comments(18)
 
電脳黒市場
a0023740_123947.jpg
初めて来たのは8年位前だった。

あの頃は、まだコピーソフトが店頭に並んでいて
まとめて買うと名刺をくれる様なおおらかな時代だった。

台湾やバンコクにも同様の市場はあるが
常に製造元は香港であり、他には無いMac用等のマニアックな品揃えも誇っていた。

時代は移ろい、店頭で見本を注文すると奥から持ってきたり
CDRを焼き始めたり
ゲリラ的に「あっちに行け!」と言われた場所に行くと
山積みされていたり、と毎回買い方が変わっているのが興味深い。

ただ、一貫してMacのソフトを扱う場所は昔Mac専門店があった場所だけである。
店の兄ちゃんは変わっているが、何か繋がりはあるのだろうか?

さて、今回もいつも通り地下に踏み入れると
普通にクリアファイルの見本で並んでいた。警戒レベルが低い証拠だ。
Macはある?と聞くと、すぐに見本をくれた。

注文すると20分待ってくれと言われて、外をぶらついて来る。
11時半になって降りていくと「もう少し」
周りには似たような奴らがプラプラしてる。

更に待つ事5分。
黙って指差された方に歩いていくと、女が手を挙げている。
近づくと更に左に・・・階段の上に・・・そこでは写真を見せられた。
通りに出て、横切ると写真のビルがあった。
階段を上がった所の親父がアゴをしゃくった方に行くと
そこで3人ほど待っている。
目の前は照明屋だ。フェラーリの形のしょぼい照明が泣かせる。
ここで2~3分待っていたら突然声が聞こえた。
ふと見たら、20m位向こうで手招きをしている。
どうやら、ようやく受け渡し。
随分手のこんだ事をさせる様になった。
何らかの圧力があったのだろうか?

首尾良くブツを手に入れてご機嫌でバスを待っていたがなかなか来ない。
ふと時計を見ると11時50分。
「!!!!」
チェックアウトしなければ!

慌ててMTRで部屋に戻る。ぶっちらかった荷物を詰め込んで階下に着いたのは12時20分。
何とか間に合った(全然間に合っていない)。

携帯で最初のゲストハウスに電話して空室を確認。
重い荷物を引きながらスターフェリーとMTRを乗りついでチェックイン。
今回は6階にあるツインルームにしてくれた。
角部屋である。

でも、慌てていたので変換プラグを忘れて来てしまった・・・。
10HKDの為に取りに行くのもあほらしい。
慌ててチェックアウトすると本当にろくな事が無い。
[PR]
by wan_chai | 2004-06-06 12:40 | ブラックマーケット | Trackback | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク