清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
劉婆さん(その3)(12/30)@白沙
失敗炒飯の様な、油まみれのご飯を前に考え込むアタクシ。
こいつを少しでも美味しく食べる方法は無いか・・・

何しろ全身からトンコツ臭をたぎらせた汚らしいオサーンが
更に油を摂ろうとしているんだからただごとじゃない。
爺殺油地獄だ←色気ゼロ♡

ジャガイモの炒め物は普通に美味しいが、これも油っこい。
黒い物と野菜の煮物は油っ気が無いけど、味も薄くておかずにならない。
唐辛子と煮豆を合わせた醤だけが、唯一旨味成分が強く(発酵食品)
かつ、油が殆ど無いので逃げ道だ。
a0023740_222136.jpg

これを混ぜながら、必死で食べた。

胃が悲鳴を上げている。
イタリアのメーカー商談会があると、酷い時は7割がワインで
残り3割が全部オリーブオイルだったりする。
こういう時、テイスティングでオリーブオイルを飲み続けて
とんでも無いことになる事が良くあるが、それより酷い・・・(+_+;)

今晩、食事喰えるのかな?アタクシ・・・。


なんとか食べきると、よろよろと倒れるように外に出てさっきの茶をいただく。
お茶ってこんなに美味しかったっけ?←焦りすぎて口の中が茶葉だらけ

シワシワの果物はかじってみたらリンゴだった。
a0023740_2231575.jpg

そう言えば、さっきの孫も喰ってたな。

実は、この家に来た当初から気がかりな点がある。
それもとても大きな・・・





勝手な期待をして待っている間抜け顔の犬を見ながら考える。
a0023740_2211851.jpg

実は・・・

金が無い。

正確に言えば、今朝ATMから下ろした500元が手つかずであるのだが
下ろしたままなので100元札が5枚っきりなのである。

細かいお金は壁画の入場料と税金を払った後
土産物屋で、
「手持ちは33元しか無いから、そこまでまけてくれたら買う」と言って、使い果たしていた。

劉婆さんが善意でやっているとしても、そうでないにしても
ご馳走になった分のお代は払うべきである。

中国の物価から考えれば、20~30元(約280円~420円)で充分過ぎる金額である。
田舎のレストランなら1食12元もあればかなり良い物が食べられる。
ちなみにアタクシの通常の昼飯は4.5~5元(約70円)である。

しかし、ポケットに入っているのは100元札のみ。。。
まさかお釣りを下さいとも言えない。
こんな場面に遭遇するとは夢にも思っていなかったわけで・・・

il||li _| ̄|○ il||li

a0023740_22114490.jpg

仕方がない。
意を決して劉婆さんに帰りを告げると
お礼と共に茶水代として100元(約1,400円)を手渡した。
劉婆さん、顎が外れるんじゃないかと思うほどに口を開けて大喜びしている。
そりゃそうだ。
日本で昼飯をご馳走したら1万円札を渡された様なもんである。

「明日の朝食も作ってあげるから、朝一番でおいで!いいもん作って待ってるよ!」

と言うのを、時間があったら来るよと告げてバイクに跨る。
もう一度、礼を言うと石畳の上をガタガタ言わせながら電動バイクで走り出した。


白沙村の中は一件複雑な様で簡単な道の構造である。
まず迷うことも無い。

とりあえず山を下ろう。

次に白沙に来る機会があったら、もう一度婆ちゃんに会いに来ようと思う。

それにしても・・・

胃が重てぇ(+_+;)
[PR]
by wan_chai | 2010-02-04 22:15 | 食べ物
<< 古鎮(12/30)@束河古鎮 劉婆さん(その2)(12/30... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
ブログパーツ
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク