清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
劉婆さん(その1)(12/30)@白沙
肩を叩かれて振り返ると、小さい婆さんがニコニコしている。

???

意味もわからないまま、笑みを返すと

「あんた、ついといで。」

と言って石畳の上をちょこちょこ歩いて行く。
え?意味がわかんないんですけど??
慌てて追いかけて、
何があるのかと問うと、

「茶も茶菓子もあるし、食事もあるよ。お昼だし、あんた腹減ってる頃だろ。」

歩調を緩めないまま路地の中へ入って行く。
う~ん、断る理由も無いし
とりあえずついて行ってみるか。

細かい路地の突き当たりにある木の扉のかんぬきを外すと
ギィッと言う音を立てて両開きに開いた。
中には日当たりの良い中庭に母屋と納屋が直角に並んでいる。

婆さんに促されてその一角に腰を下ろすと
すぐに茶とつまみを出してきてくれた。
a0023740_1912842.jpg

彼女はエプロンのポケットからボロボロのメモ帳を3冊、まるでお金の様に出すと
これを見て待ってなさいと告げて、門の外へちょこちょこと出て行った。

その後ろ姿を見て、子供の頃に祖母から小遣いを貰った時を思い出していた。
いつもエプロンのポケットにしわくちゃのお金を入れていて

「お前だ特別に小遣いさけっからな。」

と、千円札を握らせてくれたのである。




彼女が置いていったメモ帳を開いてみる。

ん・・・。
a0023740_1951484.jpg

全部のページに旅行者達のお礼が書き込まれている。
少し警戒度が上がるアタクシ。
この手のノートを持っているのはボッタクリと相場が決まっているのだ。
(特にベトナム)←試験に出ます

しかし、内容をよく読んでみると大半が中国人である。
これは珍しい。
外国人相手ならいざ知らず、ダマシへの免疫が強い中国人が
こんなにも大量に引っかかるとは思えないのである。
勿論、他に欧米人、日本人の書き込みもあった。

おい、彼女は信用して大丈夫かい?
a0023740_1965971.jpg

知らん。


ま、悩んでも仕方ない。腹を据えてヒマワリの種を食べながらお茶を飲む。
上空で鳥がチチッと鳴くと、壁の向こうから鼻を鳴らす声が聞こえる。

・・・豚っ?!?!←仲間だと思ったらすい

それにしても、日差しが温かくて何だかちょっと良い気分だ。
門の外で鍋が五徳に当たる様な音がしたので
見に行ってみると劉婆さん(ノートに名前があった)が

「あんた、腹減っただろ。昼飯作るから食べて行きなさい。」

よーし、毒を食らわば皿までだ。
とりあえず、路駐したままだった電動バイクをとって戻ってきた。
a0023740_1910998.jpg

それにしても古い家ですね。

「そりゃそうだ、この家はもう100年もここにあるんだからね。」

なるほど、壁などは修復してあるが
a0023740_19103293.jpg

瓦屋根などは尋常な古さではない。
a0023740_19104233.jpg

劉(刘)さんって漢族っぽい名前だけど?

「あたしはここに嫁に来ただけで、漢族なんだよ。ナシ族じゃないんだ。」

道理で話が聞き取りやすいと思った。

何か手伝いましょうか?

「いいからいいから、茶でも飲んでゆっくりしときなさい。」

と言ったそばから、栓が壊れて水が止まらないと騒いでる。

元栓を閉めてあげたら大喜びだ。
何だか、自分の祖母の家にいるみたいな錯覚を起こす。

他にやる事も無さそうなので納屋に戻って中を見てみる。
これはトウキビの芯。
a0023740_19123878.jpg

厨房で燃料として使うのである。
これが意外によく燃える。合理的だ。

さて、劉婆さん家の昼食は長くなりそうなので
続きは次回へ・・・。
[PR]
by wan_chai | 2010-02-02 19:18 | 雑感 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/9844658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kaonoi at 2010-02-02 19:57
おぉ~ たしかにこの手の手帳が出ると
一気に身構えますなぁ 
(サイゴン、アユタヤで経験アリ)
もっとも婆さんじゃなくて、シクロやトゥクトゥクのオヤジでしたが
Commented by Nong-Khai at 2010-02-02 20:26 x
何か長居しそうな雰囲気…
素朴で良いなあ
Commented by taitaifromseoul at 2010-02-02 20:31
小鹿がヒマワリの種を狙ってる!と思いきや、あっという間に大きくなりましたね。
しかも、なんだか色も白くなって、耳も心なしか垂れて・・・まるで犬じゃないですか!(※犬です)

うちの父方のばーちゃんも同じような感じでした。
一族で私だけがずば抜けて幼かったせいか(兄とも8歳違いますし)、可愛がってくれました。
懐かしいなぁ。
Commented by lee_makan at 2010-02-02 20:36
えー、この手の手帳って有名なんですか?!
ホントによくわんちゃいさんは若い女性からお婆さんまでと幅広く声をかけられますね。
続きが楽しみです(^^)
Commented by wan_chai at 2010-02-02 21:00
かおのい師匠 こんばんは~^^
ですよね・・・。
チェンマイのタクシーも持っていましたっけ。
でも、どちらもベトナム人、タイ人は全く書いていなかったので
そう言う意味で、これは信用してよいかな・・・と。
Commented by wan_chai at 2010-02-02 21:01
Nong-Khaiさん こんばんは~^^
そうなんです。
一抹の不安はあったものの
中庭と畑を見ながら、日向でお茶を飲んでいる時間が
とても気持ち良かったので
どうでもよくなってしまいますた^^
Commented by bossma30 at 2010-02-02 21:02
>←試験に出ます
確かに出たことを思い出しながらも、wan_chaiワールドに、いつもながら酔わされた私、純情ね?
Commented by wan_chai at 2010-02-02 21:02
タイタイサン こんばんは~^^
今回は1枚目ですYO
しかし、一瞬
(兄とも80歳違いますし)
と読んで仰天しましたよ。

えぇ、だって泉重千代さんより年上ってこtヘブゥ
Commented by wan_chai at 2010-02-02 21:05
Leeさん こんばんは~^^
アジア内ではかなりメジャーな手口です。
最近はこういうのを見せられると、日本語で
「こういう運転手には気を付けた方が良い」
とコソーリ書くアタクシですが
「何て書いたんだ?」
と聞かれて、冷や汗かきながら言い訳してます。

旅先って声を掛けられやすいんじゃないですかねぇ。
投稿していない部分でも、かなり気軽に呼び止められます。
警官とか←それは別の意味だ
Commented by wan_chai at 2010-02-02 21:09
bossmaさん こんばんは~^^
えぇ、3学期の期末試験では必ず出ましたね。

って何の?←自分で書いて聞くなと。

それにしても、かなり悪酔いしそうなワールド・・・。
純情かどうかはスルーの方向で。。
Commented by marunyanpekenyan at 2010-02-02 22:40
いんや~手帳が出る前から 怪すぃ象ぉ~
途中で「私の弟が今度日本に行く」って言うかと
思ったらぁ、、、w
小鹿は一匹だけでしゅにゃ?
Commented by wan_chai at 2010-02-02 23:27
ままにらさん こんばんは~^^
確かにタイやベトナムだとそういう展開がアリアリと見えますが
中国人って基本的にもてなすことが大好きな人種なので
レストランや街中で知り合った人を家に誘う事は
極めて日常的な事なんです。

そういう意味で、ちょっと強引ではあったものの
そこまで怪しいとも言い切れないんですね。

勿論、娘がいたりすると「この子を貰ってくれないか」なんて
冗談めかして薦められたりする事はありますが^^

子鹿は一頭だけです^^←それ以上は面倒な人
Commented by saltycaty at 2010-02-03 22:41
そうそう椀茶さんって、年齢関係なく←ここ重要(笑)、
女性に声をかけられるのね(笑)

そういうノートってコッチでは見た事ないなぁ・・・。
もちろん、カフェとかでは、
なんたら有名人が来たとかってサインはあったりするけど。
Commented by Annepa at 2010-02-03 23:17
最終日じゃないので、このおばあさんに深い意味はないと
おもいますよ(笑)

Annepaはこういうノートをウン十年前の学生の頃に、
メキシコのティワナで見たことがあります。
銀製品を売っている土産物屋のおばちゃんに
日本語で何か書いてほしいっていわれました(笑)
その当時はまだ一人旅をしている日本人は少なくて
ハングルで書いてあるのが結構あったように思います。
その中に一つだけ日本語のページが・・・


そこには今でも忘れません
大阪弁で
「このおばはんきぃーつけぇ」って書いてありました。
どうするか迷ったけど・・・

「ぴんときたら」と書いて
GOOD FRIEND と言って逃げ帰りました(;一_一)
青春の1ページでした(笑)
Commented by wan_chai at 2010-02-04 00:04
きゃてーさん こんばんは~^^
そうそう、確かに・・・ってどこで見たんですかと^^;;;
マレーシアはあまり狡っ辛い連中はいませんね。

それだけ豊かなのかも知れません。
物価も高いけど・・・(-_-;)
Commented by wan_chai at 2010-02-04 00:07
Annepaさん こんばんは~^^
いやいや、たとえ最終日でも
それが地球の最終日だったとしても
何も深い意味はありませんから。

戦前のティワナって凄いですねぇ。
やはり移民的なナニカで・・・?

しかし、大阪弁で書いてあったのは賢いやり方ですね。
標準語だと、外国人でも読める可能性を見越したのでしょう。
慶応年間にそんな賢人がいたとh"/(;-_-) イテテ・・・
<< 劉婆さん(その2)(12/30... 壁画(12/30)@白沙 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク