清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
壁画(12/30)@白沙
言葉では言い尽くせぬ程に美しい山だ。
a0023740_23425756.jpg

この青い輝きはどこにいても見えるが、それ以上に存在を強く感じる。

旧石器時代よりこの山の麓で暮らし続けた人々が
1万年以上も仰ぎ見てきたであろう、大きな存在である。

電動バイクはやがて、脳みそが飛び出る程の段差を超えて
少し大きな集落に入った。
a0023740_23434597.jpg




そこかしこで牛が寝そべり、犬がちょろちょろとつきまとう。

納屋の様な場所ではどこの家もトウキビを干していた。
a0023740_2344911.jpg

それにしても牛と鹿しかいないのか、この村は・・・?

・・・!
a0023740_23442966.jpg

第一村人発見。

您好!
a0023740_23444145.jpg

何だろう、この懐かしさ。

牛のフレッシュなうんにょでぬるぬると滑りながら進んでいくと立派な門に出た。
a0023740_23461088.jpg

白沙村である。
しかして、この門を越えた途端に土産物屋が増えて俗っぽい街に・・・(+_+;)

電動バイクを道端に置いて歩いてみるが、全く頂けない。
手前の何もない所の方がはるかに面白い。

トイレを借りるついでに、この村の名物という壁画を見ようと思った所
入場料を取るという。それも30元!(約390円)
チケット売りの小姐の前で
トイレを我慢する子みたいにもじもじしながら3分ほど悩んだ挙げ句、買った。

中はと言うと、この地域を治めていた木氏と言う人の邸宅が残っており
その奥にボロい壁画がある。
a0023740_23473570.jpg

確かに、複数の宗教や技法の入り交じった絵は
この地の民族・習慣を背景にした文化的な価値は多分にある。
が、もうボロボロっすよ?

30元もの大金を払う価値は難しいが
麗江古城と同じく、これは文化財や街の景観を保護する税金なのである。
この街を保護する為のドネーションと思えば
悔しくなんてない。(涙目)


えぇ、大半は役人とお抱えの土建業者の懐を潤してるだけですからね。
どこからどこまでにぽーんと同じな中国♡

5分くらいで中を通過すると、裏門から出る。(1分6元)
そして延々と続く土産物屋・・・。
a0023740_23495645.jpg

冷やかしで銀細工(婆さんはトンパ銀だと言い張っていたが・・・)を
値切り倒したらかなり安くなってしまったので買ってみた。

ついでに、日本語標記の間違いがあったので指摘した所・・・

「うちも!うちのも直してくれ!」(何が言いたいのかわからん程酷い日本語)

「これは日本語でなんて書くんだ??」(メノウだった。)

「これは日本人には珍しいか?」(これは中に水が入ったメノウ。確かに珍しいが・・・)

「これを二つで50元でどうだ?」(ん?)


と、何だかどさくさ紛れで大騒ぎに・・・(-_-;)
どうやらみんなヒマだったらすい。

今後、白沙の土産物屋で変な日本語をみかけた皆さん。
アタクシは正しく教えましたよ?
えぇ、その後どうやって転書したかは定かでないですがね。。

壁画側の俗っぽさに辟易したアタクシ。
そろそろ昼飯を食べたい所だが、さっきの入場料で小銭も使い果たした。
ATMは無さそうだし・・・

再び門外をフラフラと歩いていると
突然、声を掛けられた。
a0023740_23532225.jpg

[PR]
by wan_chai | 2010-02-01 23:57 | 雑感 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/9837417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tanukidaponta at 2010-02-02 07:29
干し鹿は、どうやって食べるので鹿?

Commented by wan_chai at 2010-02-02 09:05
狸田所長 おはようございます^^
奈良名物、鹿せんべいに成増♡
Commented by marunyanpekenyan at 2010-02-02 09:36
鹿ぁし鹿探しに色合いが難すぃ町並みでつにゃ
狸さんの米で分りますた が。
小銭で めのう 買えるんだ!
Commented by kaonoi at 2010-02-02 13:23
> しかして、この門を越えた途端に土産物屋が増えて俗っぽい街に・・・

あ~あ どこも同じなんですねぇ

でも山の稜線がきれいで、写真を撮りたくなりますね
えぇ、門の手前側で (笑)
Commented by wan_chai at 2010-02-02 17:50
ままにあさん こんばんは~^^
あはは、ハイコントラストですねぇ・・・空が青すぎて。。
メノウってわからなかったので辞書で調べて教えますた。

高いんですか???
Commented by wan_chai at 2010-02-02 17:52
かおのい師匠 こんばんは~^^
但し、ここの土産物屋はそんなにスレていないので
嫌な感じは無いです。
麗江古城の方はスレッカラシで、買う気が無さそうな客は
相手にしないような所もありますが・・・(+_+;)←購買力ゼロ

門の手前は本当にカメラを構えたくなりますが
観光エリアはどうにも画にならなかったです^^;;
Commented by marunyanpekenyan at 2010-02-02 22:42
>高いんですか???

ピン、キリだけど中には
めのぉ 飛び出るのもありかと、、、w
Commented by wan_chai at 2010-02-02 23:29
ままにあさん こんばんは~^^
ほほう・・・。
ちょいと調べた限りでは、水入りは確かに珍しいとの事でしたが
宝飾品として使えないし、どうだろうと^^;

まぁ、記念品と割り切れば悪くない感じでした^^
<< 劉婆さん(その1)(12/30... 遊牧(12/30)@麗江 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク