清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
ドリアン畑でつかまえて ダバオ編(8/1)@ダバオ
ダバオのドリアンをもっとよく見たい!
昨日会ったドリアン農園オーナーの奥さんに話をしたら

「いいわよ、明日の朝に来て。」

と二つ返事でOKを貰った。

ダバオの中心部から1時間ほど走った山中。
パイナップルプランテーションの更に奥。
ぬかるみが深く車がスタックしてしまったので途中から歩いて向かう。
a0023740_21385944.jpg

鹿は元気みたいですが・・・(-_-;)





厳重な柵を開けて貰い、中に入れて貰う。
そう、ドリアンは高級果実。盗難避けが重要なのである。

カンボジアのドリアン畑は時期外れだった為、全く見られなかったが
今回はまさに旬ど真ん中である。

パパイヤが普通に自生している。
a0023740_21393016.jpg

ブーゲンビリアのピンクが目に染みた。

バナナもある。
a0023740_21395471.jpg

ドリアンの木だ!
a0023740_2140948.jpg

いつ見ても不自然な結実の仕方だ。
勿論、品種改良して巨大になっているのだけれど・・・
(ネイティブドリアンは実も小さく、味わいも全然違うらしい。)

下には摘果した物と思われる若い実がごろごろ。
a0023740_21405968.jpg

まるで栗林みたーい♡

ドリアンは通常、完熟の2~3日前迄に摘み取って出荷する。
これにより、店頭で食べ頃が2日程度、前後に2日程度の余裕ができる。
流通の都合である。

しかし、一番美味しいのは樹上で完熟させた物だそうで
これは通常、産地であっても市場には出回らないらしい。(足が早すぎるため)

今日のドリアンは朝一番で完熟している物を落としてくれた物。
まずは手前の1個を割る。
a0023740_2142108.jpg

実を出してみる。
a0023740_21422583.jpg

あれ?何だろう?
ドリアンの匂いはあるのだけれど、悪臭ではない。
むしろ良い香りとさえ言える。

甘味もとても強くて・・・

激(゚Д゚)ウマー


あっという間に1個を食べ終えたアタクシ達。

オーナーがニッと笑って奥のもう一つを割ってくれた。
こちらの品種は少しクセがあるが、更に美味しい高級品種だという。
色が若干、濃い。
a0023740_21431137.jpg

味は・・・確かに濃密だ。
これ、メチャクチャ旨いですよ?

これを食べてドリアンを嫌いになる人はいないだろう。

しかし、今回の目的にしていた
ドリアンの加工品について考えると、やはり難しい。
過去にあった様な、こういう色物は簡単にできるけど
美味しいドリアン物ってチップス以外に見当たらない・・・。

況わんやこんなに美味しいドリアンを食べてしまうと(+_+;)


ドリアンで腹は大分膨れ気味だが、ここでランチ。
a0023740_21445196.jpg

先ほど、買ってきた豚のキニラウやカボチャのココナツミルク煮
豚の血、青いドリアンのピクルスなど。

新鮮なバナナの葉に盛り付けて食べる。
a0023740_2145558.jpg

う・旨い(ToT)
今回、フィリピンで食べた食事の中で一番旨かった。

カンボジアもそうだったが、田舎で手作りのご飯を食べるのが
最も贅沢なご馳走だと思う。
外国人が行く様なレストランに旨い物が無いのは日本とて同じ。

すっかり幸せな気分になったアタクシ。
ドリアンの殻をつついていた鶏の親子を夢中で追いかけ回してみた。

真っ黒なヒヨコ達・・・美味しそう♡

さぁ、実に名残惜しいが
いよいよダバオを発つ時間だ。
[PR]
by wan_chai | 2009-12-25 21:49 | 食べ物 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/9503863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kaonoi at 2009-12-25 23:53
シンガにもドリアンツアーがあるんですが
さすがに業者でもなければ、樹上で完熟・・・というのは無理らしいです
私が食べたの果物では深圸の茘枝が格段にうまかったですが
これも足が速くて、スーパーなどに並ぶと格段に落ちますね
Commented by Q@N at 2009-12-26 00:28 x
ドリアン

食べてみたいですが、当地だとちょっと無理
でしょうね。

鶏なら農家と交渉すれば水炊き用のいいもの
が手に入るのですが。
 
Commented by 泰。 at 2009-12-26 09:59 x
奴は、あそこまでどうやって登ったのでせうか。しかも、あの体勢どうやって身体を支えているのか・・・。

今回の写真、どれもいいですね。
(カメラは同じなんですよね?)
特に、パパイヤからの3枚のアングルがすごく好きです。
文字を入れたら、ポストカードですね。あ!年賀状にぴったりじゃないですか!←ちょっと違う
Commented by bob_jones at 2009-12-26 11:46
師匠、このドリアンはミンダナオでないと食べれないのですか?
一度食べてみたいもんです。
バナナの葉に載せて食べるランチもいいですねぇ。
フルーツの写真も素晴しいですよ。
Commented by marunyanpekenyan at 2009-12-26 12:01
>奴は、あそこまでどうやって登ったのでせうか
(??)あぁ~~ん どこじゃ~?
分らん
ドリアンおいちぃにゃ~
Commented by wan_chai at 2009-12-26 12:06
かおのい師匠 こんにちは~^^
やはりそうなんですね。
思った以上に熟成管理は難しいようで
滅多に食べられる物ではないそうです。

茘枝も美味しい物が出回らないフルーツの代表ですね・・・
是非、産地で食べたいもんです(+_+;)

そう言えばカンボジアのロンガンも美味しかったです♡
Commented by wan_chai at 2009-12-26 12:08
Q@Nさん こんにちは~^^
日本国内ならどこでも宅配で買えますよ。味はわかりませんが。。
インターネッツで探すとイパーイあります。
Commented by wan_chai at 2009-12-26 12:10
退。さん こんにちは~^^
えーとですね、カット&ペーストで・・・←身も蓋もない説明

カメラは勿論、いつもと同じです。
光量が充分にある上、ゆっくりとアングルを取れますからね^^;
えぇ、スナップは瞬間なのでどうしても手ぶれが・・・

っていつもの写真が相当悪いって事ですね?(-_☆)キラーン
Commented by wan_chai at 2009-12-26 12:13
ぼぶさん こんにちは~^^
彼らと話していた所
高級品種の交配技術はマレーシアが進んでいるそうです。
えぇ、アタクシも是非 交配の実技を学びに♡

"/(;-_-) イテテ・・・

名産地と言われるマレーシア、タイでも農園で同じ条件なら
美味しい物が食べられると思います。

しかし、市場に出回るドリアンで判断すると
ダバオが圧倒的でした。こんなに美味しいとは・・・( ̄□ ̄;)

このランチならお金を払ってでも行く価値はあると思います。
最も贅沢な時間でした。
Commented by wan_chai at 2009-12-26 12:15
ままにあさん こんにちは~^^
一番左に生えている木の上の方に・・・

タイのドリアンより美味しいかもですYO
チャンタブリー辺りだと良い物もあった様ですが・・・
問題は品種が我々にはわかりにくい事ですね。。
Commented by saltycaty at 2009-12-27 18:54
ドリアン食べたくなってきた・・・。
確かに品種って、殻を見てもなかなか分からないよね。
よく屋台でも、高級品種を間違えないように、
赤い塗料を殻に付けて区別してたりするもん。

マレイ料理でも、小奇麗なレストランよりも、
家庭で御馳走になる物の方が断然美味しいと思う・・・。
Commented by wan_chai at 2009-12-27 21:05
きゃてーさん こんばんは~^^
そうなんですよ。
明らかに違うのは良いですけど、普通はわからんです。
当然、偽物もあるでしょうし・・・

真の美味は家庭料理にこそあるんですよね。
これはシェフや板前さんも必ず言う事ですしね。
Commented by Nong-Khai at 2010-01-02 19:12 x
遂に本当のドリアン食べたんですね!!
あれを食べる為には半日でも禁酒出来ます(^_^)
Commented by wan_chai at 2010-01-03 00:03
Nong-Khaiさん こんばんは~^^
えぇ、遂に・・・って半日って!
せめてもう少し長目に禁酒しないと。
20年くらいは・・・
<< AB340でマンダリンオリエン... 灯(8/1)@ダバオ >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク