清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
日本料理その1(12/31)@台中
台中に限らず、台湾では日本料理の店がもの凄く多い。
完全にローカル化した海鮮屋台から
客単価10,000元(約28,000円)を軽く超える高級店まで幅広い。

今回、招待してくれたのは
台中の日本料理界で兄貴的な存在の文さんである。

過去の投稿で山登りや南部ドライブに連れて行ってくれている文さん。
今回の店は(彼は数十軒の厨房を渡り歩いている)結構な高級店である。

a0023740_23352057.jpg


コースが大体3,000元(約8,400円)以上と言うから
アタクシなんざエントランスで塩を50t位撒かれるレベルのお店である。
塩漬けになりそう♡←と言うかカス漬け

箱は改装したばかりでとても大きい。
バックヤードは見えないが百坪は越えている。
a0023740_2337204.jpg


こんな大型高級店でもつい最近までは席が埋まっていたと言うから驚きだ。
カウンターに座る。
a0023740_23365823.jpg

板前さんの後ろには大きな水槽があり
大きな蟹がせわしなく歩き回っている。

文さんがニヤリと笑って
「何か食べたいネタはある?」
と問う。
a0023740_2340254.jpg


「それじゃぁ・・・」

※お願い
 お店の名前がわかってもコメントには書かないで下さい。
 書かれていた場合、申し訳ありませんが削除させて頂きます。

[PR]
by wan_chai | 2009-04-13 23:42 | 食べ物 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/8173337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cookie_melmel at 2009-04-14 00:04
うーん、基本外食は日本で3000円の予算だからなぁ。自分で払うときは(飲み代含めて6000円でちょっと高いかなぁ程度かな)
台湾だとその設定は結構な味がないか、そうとうのパトロンがいないと食べられない値段設定ですね。ていうか、日本でもその設定は自分のお財布ではムリかも。
デフレの時代にその値段設定とは相当美味しいのですね!
Commented by wan_chai at 2009-04-14 00:13
くっきーさん こんばんは~^^
アタクシの経験上、外食産業においては
高い店≠美味い店
です。

高級食材の持ち味に頼り過ぎて生かし切れない店が殆どです。
日本も。台湾も。

むしろ、地物のシンプルな食材を高度な調理技術で
びっくりするほど美味しく仕上げる所に感動があると思います。

上記の理由から、ブランド食材を前面に出す所は
*目利きや調理技術が無い(ブランド頼み)
の可能性が高く、こういう業者は次に
割高な割に味が大差ない事に気付いて
更なる泥沼に足を踏み入れる事が多いです。

(このコメントはフィクションで全て推測に基づいています。
 後日消すかも^^;)
Commented by magomagom at 2009-04-14 00:14
>大きな蟹がせわしなく歩き回っている。

いやん・・・どぉしよ・・・指名されたら どぉしよう・・・って
焦っていたんですかね?^^
8400円以上のコースって 中々 たべれません・・・
(誰かに 奢ってもらわない限り 中々・・・)
Commented by wan_chai at 2009-04-14 00:19
酒なママさん こんばんは~^^
えぇ、ましてや人に奢った経験が無いアタクシ。
完全に乞食モードですよ?

ちなみに今回のコースが幾らの物だったかは
定かでありません。

怖くて聞けません

ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
Commented by bossma30 at 2009-04-14 08:02
「何か食べたいネタはある?」
「え~と、後ろの蟹の右足を1本!」
Commented by wan_chai at 2009-04-14 08:22
bossmaさん おはようございます^^
いやぁ、この生け簀に何日入ってるかもわからん蟹です。
あまつさえ台湾の海で獲れる筈もなく。

まさに高いだけで美味しくないかと^^
Commented by kaonoi at 2009-04-14 09:54
百坪ねぇ・・・・・
宴会主体の中華ならともかく、
和食の大型店はあまり良い記憶がないですな
Commented by とよじ at 2009-04-14 13:05 x
おお、中は初めて見ました(爆)

この日本の寿司屋でいうとこの「下駄」
おもしろいもの使ってますね^^

まるで文さんからエイリアンでも孵化してそうな・・・(笑)
Commented by bob_jones at 2009-04-14 13:13
師匠様も、たまには庶民的な食事をされるんですね。
Commented by wan_chai at 2009-04-14 18:21
かおのい師匠 こんばんは~^^
おおっ!実に鋭いです。
日本料理もフレンチもアタクシの経験上
料理長の目が行き届くのはせいぜい10人。
出来れば精鋭の弟子5~6人程度の店が一番元気ですね。
50坪以下、30席程度が限界値です。

分業化は経済的には良いのですが
やはり色々と縛られて料理長、シェフの裁量が減ります。
下手すると派閥争いや権力闘争で最悪の店に・・・
シェフとスーシェフが仲悪い店なんて絶対無理ですから。

大店は宴会やハコの豪華さが好きな人向けですね。
Commented by wan_chai at 2009-04-14 18:26
とよじさん こんばんは~^^
激 大爆笑しますた>>エイリアン
孵化してる途中やったとですね^^

下駄はですねぇ・・・焼き物ってどうでしょうかねぇ。
何で違和感があるのかと思ったらシャリが冷たいのですよ。

人肌じゃなく。

木の下駄は熱伝導が少ないのでシャリを冷さないから良いのに
これじゃ台無しですわ。

でも、最初から冷たいシャリだから意味無かですね♡

台湾の寿司はみんな冷たいのん?

il||li _| ̄|○ il||li
Commented by wan_chai at 2009-04-14 18:29
ぼぶさん こんばんは~^^
勿論ですYO

卑賤の者どもがどんな物を口にしているのか
直々に調査してやらないといかんと思いましてね。

えぇ、庶民的過ぎて心臓がバクバクして口が渇いて
もの凄い加齢臭振りまきながらプルプル震えてましたが♡
Commented by saltycaty at 2009-04-14 19:32
テープル席は日本食のお店には見えませんねぇ。
最近の都会の料理屋さんはこんな感じなのかな?
Caty田舎者だから、こういう所で食べても落ち着かないわん(笑)

器がなんとなく、外国人がイメージする日本って感じがする・・・。

文さんって若くみえるけど、椀茶さんよりも年上?
Commented by とよじ at 2009-04-14 20:05 x
あ、陶器ですか・・・
漆っぽく見えますた・・・

シャリはだいたいどこも冷たいですねぇ^^;
でも海苔とか電気式の缶に入れたりとこだわってる店もありますたが←以前忍び込ん店

まー刺身を乗せただけでしょ!な台湾ですから致し方ないかと(笑)寿司専門店は数すくなかです^^
Commented by kaonoi at 2009-04-14 21:47
あ~ 下駄って言うんですか  φ(.. )メモメモ
・・・・って、メモってどうする > 漏れ
いや、私も漆器だと思っていましたよ
焼き物なら皿で良いのにねぇ?
Commented by wan_chai at 2009-04-14 22:02
catyさん こんばんは~^^
確かに・・・気付いてませんでしたが
このセットで和食ってのは日本でもナシですねぇ。

そう、全てが外国人のイメージする日本

徹頭徹尾これに尽きます。


文さん、アタクチより上ですよ。ばぶー
Commented by wan_chai at 2009-04-14 22:04
とよじさん アゲイン♪
漆なら面白かですけどね・・・まぁ、あってもメラミンでしょうが^^;

シャリ、やっぱりですか。
そうでしょうね。

確かに刺身と握りのネタとの違いが全く感じらませんですた。


・・・電気式の缶?!?!
Commented by wan_chai at 2009-04-14 22:05
かおのい師匠 アゲイン♪
ところがですよ。
驚くほど良い皿が少ないんですね。

あるのは怪しい日本語が書かれたメラミンとか・・・

まぁ、某国のオレンジや緑には負けますが^^;;;
<< 日本料理その2(12/31)@台中 バンコクに非常事態宣言 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク