清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
流る(8/20)@BKK
いつの頃からだろう?
スクンヴィットの屋台が増殖し始めたのは。

昔・・・そう、15年程度前のスクンヴィットは
ソイナナの交差点周辺にチョボチョボと屋台がある程度
それも安っぽいTシャツとか虫屋台といったGOGO GIRL達が通う店ばかりだった。
群青の空を見上げればコウモリが飛び交い
尻に旗を立てたトゥクトゥクがパパンパンパンと2ストエンジンの音を誇らしげに鳴らして
我が物顔で街道レースを繰り広げていた。

若かったアタクシに時間だけは使い切れない程あった。
待ち合わせに平気で2時間遅刻する国では時計さえ必要を感じなかった程だ。

そう言えば、当時のBKKにはまだ空があった。
日中にシーロム通りやスクンヴィットを歩けば暑さで吐き気を催す程で
100m先のバス停まで行くのもしんどく思えた。

今やソイナナから続く屋台は断続的にアソーク近くまで延びた。
パッポンと同じく、ターゲットは観光客だが
このエリアは背後にグレースホテルというほぼ中東系専用の宿がある為か
ファラン向けのパッポンとは客層が全く違う。
日中はBTSの高架で薄暗く、日が暮れる頃から明るくなり始めると言う
画に描いたような昼夜逆転の街になっている。

ナナ駅下の屋台で串を焼いて貰う。
a0023740_2364261.jpg

屋台の裏にある椅子に腰を下ろして道行く人達を見上げながら焼けるのを待つ。
BKKの人間観察は世界一面白い。
何しろヨーロッパ、中東、アジアからあらゆる雑多な人間が集まる場所である。

隣のドリアン屋は途中で店を放り出してどこかへいってしまった。
BKKでは珍しくないが、考えてみると他国ではあまり見ない風景である。

おばちゃんと世間話をしていたら串が焼けた。
a0023740_23102915.jpg

・・・何となく昔より肉が減った様にも思える。

そう言えば屋台も増えたが
もっと増えたのは道端に立つ女の子達である。
ルアムチットプラザを中心にしている所を見ると、春をひさぐ子達なのだろう。
何をするでもなく 一人で、或いはグループで道端に立ち続けている。

そんな様子をホテルの窓から眺めながら
コンビニで買った緑色のヨーグルト飲料を飲む。

頭の上をBTSが音を立てて通り過ぎて行く。
a0023740_23133065.jpg

ふと思い出して受話器を取ると、フロントにウェイクアップコールを頼んだ。

どこか遠くのソイの奥の方で小さく2ストエンジンの音が反響しているのが聞こえた。
[PR]
by wan_chai | 2008-11-15 23:41 | 食べ物 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/7662424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marunyanpekenyan at 2008-11-16 00:54
アソーク・ナナは人種山盛りぃ
アソークのマクドでお昼間同時に6ヶ国語聞いたわさ、、、w
まだ火葬の儀が続行で 国王様まだ起きてはる。青い顔した御面かぶって 歌舞伎み鯛なの続して松わ。
Commented by bossma30 at 2008-11-16 08:15
串焼きですが、チリの下の黄色いのはなんですか?
Commented by tanukidaponta at 2008-11-16 09:10
唐辛子はいいポンが、串にパイナップルは許せないポン~~!!
ε=(。・`ω´・。) プンスカ!
Commented by Nong-Khai at 2008-11-16 09:32 x
アソークって言うと、印度で『アショク』って名前多くないですか?
Commented by wan_chai at 2008-11-16 14:55
ままにゃさん こんばんは~^^
アソークに近付くと突然日本語も聞こえますね。
しかし昔はあんなにエロくなかった気もしますが
そもそもスクンヴィットにはあまり近付かなかったので確証が^^;;

日本では全然報道されてませんが、まだ暫く服喪なんですねぇ。
Commented by wan_chai at 2008-11-16 14:56
bossmaさん こんばんは~^^
タイの串焼きでは定番のパイナップルです。
これが美味しいんですけどね( ̄ー+ ̄)
Commented by wan_chai at 2008-11-16 14:56
狸田所長 こんばんは~^^
これが無くちゃ駄目ポン( ̄ー ̄)ニヤリッ

しかしタレも相当甘いんですよねぇ・・・
Commented by wan_chai at 2008-11-16 14:59
Nong-Khaiさん こんばんは~^^
おお
そう言えばサンスクリット語のअशोक(アショカ)なんですかね。
ルンビニ(ルンピニ)もありますしねぇ。

皮肉にも全然仏教の守護をしているような土地では無いですが^^;
Commented by Nong-Khai at 2008-11-16 18:18 x
いえいえ、きっと観音様が一杯居ますよ(自爆)
鶏肉に青唐辛子、塩タレで食べたいなあ。
Commented by wan_chai at 2008-11-16 18:26
Nong-Khaiさん こんばんは~^^
本物かどうか疑わしいものもありそうですが( ̄ー+ ̄)

塩ダレですか。タイでは見たこと無いですねぇ。
ガイヤーンさえつけ焼きですし・・・
Commented by saltycaty at 2008-11-16 20:31
こっちのサテーだったら、肉のみだけど、
コレは、ひと串で、肉、チリ(口直し)、デザート?と順番に食べていけるのね(笑)
日本みたいに肉、野菜、肉、になっていないけど・・・。

でも甘めなら、やっぱりサテーのような味かな?
Commented by wan_chai at 2008-11-16 21:12
catyさん こんばんは~^^
いや、これはですね
デザートや口直しではなく、一緒に食べることで
肉の味と辛味と甘味が渾然一体となって美味しさを出すのですよ。

別々に食べても肉汁がついてるし微妙な感じになってしまいます^^

肉とパイナップルの甘味は相性も良いので
ピリ辛甘で美味しいですYO

試しに今度、サテーにワサビ塗ってドリアンと一緒に刺してみては?
Commented by tanukidaponta at 2008-11-16 21:42
アソークは、確かにサンスクリットポン
仏教の守護というよりも、「憂いなし」というような意味ポン~
Commented by wan_chai at 2008-11-16 21:45
狸田所長 こんばんは~^^
おおっ
そうだったのですか。
てっきりアショーカ王=仏教の守護者と思いこんでいますた。

憂い・・・だらけですが・・・タイ^^;;
Commented by bob_jones at 2008-11-16 22:03
ななプラザの、水槽に全裸女性が飛び込むバーはまだあるのでしょうか。
Commented by wan_chai at 2008-11-16 22:57
ぼぶさん こんばんは~^^
子宮詳細求む♡←何この変換?!

ぼぶさんは何回飛び込まれたんでしょうか・・・?
Commented by kaonoi at 2008-11-18 00:58
初めてタイに行ったときに、この串焼きの青唐辛子を
獅子唐かピーマンだとおもい、普通に食べてしまいました
他の岸焼きはまったく食べられず、七転八倒でしたね (笑)

私の定宿だった、ベルエア・プリンセスもすっかりインド系の宿になり
日本人御用達のフォーチュナは1600だそうです (笑)
その奥のソイではアフリカ系用途のゲストハウスもありますね

最近はナナ界隈から遠ざかって、プロンポンが定宿になっています
Commented by wan_chai at 2008-11-19 18:56
かおのい師匠 こんばんは~^^
これ、ほんとに獅子唐に見えますよね。
いつも最後の一個とパイナップルも全部一緒に食べるので
多少中和されますが噛み締めると悶絶です(+_+;)

あの界隈、すっかり1,500B以上の宿が増えて
お得感が無くなりましたね。。

今や1,200B以下は貴重な存在になりつつありますが
皮肉にもそう言うホテルの方が昔ながらのBKKの空気が残っていて
アタクシは結構好きだったりします。

スクンヴィットエリアはBTSが出来て便利になりましたが
魅力はますます薄れた気が・・・(-_-;)
<< 曙の空(8/20)@BKK 恒例行事(8/20)@BKK >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク