清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
南园酒家(南園酒家)(3/26)@広州
そう言えば、今回飲茶してなかった。
一度くらい飲茶しようかと、前回も安くて旨かった
南园酒家(南園酒家)にタクシーで向かう。
運転手に告げると

「おう!知ってる知ってる!」

と上機嫌で連れて行ってくれた。
やはり深圳に較べると気の良い運転手が多い気がする。。

店先で10分くらい待って大きな円卓に座れた。

今日は披露宴だったので、一般客は隅にちょこっとしか入れないらしい。
a0023740_1865225.jpg

赤い顔した新郎が酒瓶を持って挨拶していた。

同じ円卓には母娘二人連れと爺さんが一人。
この爺さん、着席して やおら老眼鏡を取り出すとメニューを吟味。
練りに練った注文を書き込んで満足そうにポンとペンを置き、店員を呼ぶ。
そして旨そうに茶を味わいながらじっくりと本を読み始めた。
a0023740_1891872.jpg

実にいい時間を過ごしてる感じがする。

まだあまり腹も減っていないので軽く点心を5品程と
a0023740_1893650.jpg

a0023740_1895369.jpg

冬瓜の河粉
a0023740_18101729.jpg

それから、好物の
a0023740_18103991.jpg

鳩♡


これを見た爺さんがニコニコしながら何か言ってる。(広東語)

灣「??」

爺「ん?あんた何人だね?」(北京語)

横の母娘がニコニコしながら

母「日本人よ」(広東語)←何で知ってるのん?

爺「そうか・・・あんた北京語はわかるかね?」(北京語)

灣「チョトダケネ」

爺「・・・。」


その後、英語と北京語を使いながら彼が言うには
今の時期の鳩は旨くない、こんなのは本当の鳩の味じゃないという事らしい。

彼は自分の所に来た点心を幾つもガラスに乗せると回して寄こした。

爺「ワシは毎日この店に来てるんだ。
  折角日本から来てるんだ。旨いから是非食べてみなさい。」

爺「これだけ食べて茶を飲んでも(彼は点心3種)たったの15RMB(約240円)。
  この店は本当に安くて旨い。」


母娘も一緒になって、広州は食事が旨くて良い街だ
日本の人にも是非知って欲しい
と笑顔で語り続ける爺さん。

爺「じゃ、ワシはそろそろ失礼するよ。気を付けて広州を楽しんでな。」(英語)

こちらの謝辞にニッと顔を崩して背を向けると右手を挙げて帰って行った。
実に、実に広州人らしい粋な爺さんであった。

今回の会計も約70RMB(約1,100円)
相変わらずコストパフォーマンスは抜群である。

食後という事もあり、そのままタクシーで深夜の北京路に向かう。
おっ、旨そう

とりあえず、肉団子と生ジュースを買って食べながら買い物。

・・・結構高いなぁ(-_-;)←中国の卸価格が基準の人

明日も朝は早いのでボチボチ帰って寝よう。
24時、マイケルジャクソン全開のタクシーでホテルに戻って床につく。

えぇ、1階の床屋で手を引く妖艶な小姐達を振り切って♡
[PR]
by wan_chai | 2007-04-15 18:19 | 食べ物 | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/5426070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 104hito at 2007-04-15 18:35
床屋さんって散髪屋さんで三発はダメ?
Commented by wan_chai at 2007-04-15 18:40
hitoさん こんばんは~^^
お金を出せば・・・多分。。
アジアの床屋ではお約束ですね^^;
Commented by kaonoi at 2007-04-15 19:19
> 腹も減っていないので軽く点心を5品程と・・・・
ありえねぇ~~ orz=3

おやじさん、良い感じですねぇ
深圳あたりじゃ絶対に見かけないタイプだろうなぁ
こういう出会いと妖艶な小姐があるから
旅はやめられないんですなぁ・・・ヽ(^。^)ノ アレアレー?
Commented by wan_chai at 2007-04-15 19:33
kaonoi師匠 こんばんは~^^
そうですね。。
子供の頃からいる広州を愛する広州人って非常に多いんですが
10年で出来上がった深圳を愛する人ってのはいないと思います・・。

地方から出て来た気だてのいいオサーン達はいるんですけどね^^

妖艶な小姐・・・いやもう、そこかしこにいます^^;;
Commented by tanukidaponta at 2007-04-15 21:31
>アジアの床屋ではお約束ですね^^;

え~~~~
それ何ポン??
狸田、知らないポン~~
Commented by wan_chai at 2007-04-15 21:36
狸田所長 こんばんは~^^
えぇぇー
アジア研究家がご存知無いんですかっっ!

床屋さんでお姉さんにお金払うとしてくれるらしいですYO!!


肩もみ♡
Commented by sammihk at 2007-04-15 22:16
>冬瓜の河粉
ねねねね、これって河粉が冬瓜で出来てるんですか?!

床屋・・・
床屋(散髪屋)・・・・ ^^;
あと、床というのは・・・・・・ ^^;;  
Commented by wan_chai at 2007-04-15 22:25
さみーさん こんばんは~^^
そう、冬瓜を削って・・・ってそりゃ無理です^^;
具が冬瓜ですYO

でも、言われて初めて気付きましたが
これ河粉にしては随分細い気が・・・ただの粉としか思えません。。

床屋の由来は諸説あるみたいです。
俗説は・・・ですが、どれも決め手にかけますね。

えぇ、どんなサービスだかアタクシにはサパーリ♡
Commented by cookie_mel at 2007-04-15 23:32
この粋な爺さんみたいなおばあちゃんになりたいなぁ・・・
と、思います。過去に何をしていた人なんだろう。
インテリですよね^^
Commented by baik2 at 2007-04-15 23:34
“精がつくと床屋が儲かる”って、ことわざにもありましたよね!?。^^
Commented by wan_chai at 2007-04-16 00:00
cookie_melさん こんばんは~^^
そうですね^^
夜中にフラッと本を片手に夜茶しに行って
卓を囲んだ知らない人達と歓談する(これは中国人の美徳だと思います)。
実に優雅な老後だなぁと憧れました。

間違いなくインテリです。
文革世代の筈ですが、こういう人も沢山いるんですね^^
Commented by wan_chai at 2007-04-16 00:03
baik2さん こんばんは~^^
いや、そのことわざ何か間違って舛。
袖を引けば床屋ははだk・・・

って清純派ですから。アタクシ。
Commented by shinmyo_y at 2007-04-16 10:17
え~! 床屋になんで妖艶な小姐がいるんですか~?(棒読み)
Commented by carambola at 2007-04-16 13:05
美容院に行くとカッチョイイ兄ちゃんはいますか?( ̄ー ̄ )

・・・んでもって鳩は本当に美味しくなかったの(涙)?
Commented by kazemachi-maigo at 2007-04-16 13:09
床屋さんって、そういう業務(?)もあったんですね。(感心している)
その名からすると、床のほうが本職で髪を切るのはついで?
身奇麗にしたほうが妖艶な小姐にモテる・・・というはからいで?

勉強になりますた。
Commented by とよじ at 2007-04-16 14:38 x
こういう『粋』ってすばらしかですね☆

やはり万国共通で、旨いタイミングで食すのが一番っすね♡

髪の友の部分が女になってるのが家の近くにあります(爆)
こういうセンスは以外に中国すごかですねσ(≧~≦;)
Commented by wan_chai at 2007-04-16 18:34
まさじぃさん こんばんは~^^
なんででしょうねー?
ムサいオサーンに切られるより、美女の方が良いからかな。(棒読み)
Commented by wan_chai at 2007-04-16 18:38
鯔さん こんばんは~^^
いてますよ。
活きの良い兄ちゃんが♡

・・・必要以上に(-_-;)←事実


鳩、旬を外しても我々のレベルから見れば充分旨かったです。
まぁ、確かに最高とは言いませんが元々が美味しい肉なので^^
Commented by wan_chai at 2007-04-16 18:39
風待ちさん こんばんは~^^
えーと、、、清純派のアタクシはよくわからないのですが
身綺麗にさえできそうにない床屋が随処にあるのは事実ですね。

手鏡と錆びたハサミしか置いてない様な・・・

えぇ、噂に聞いたんですけどね。
Commented by wan_chai at 2007-04-16 18:45
十与次さん こんばんは~^^
広州や上海のお年寄りはこういう品の良い方が結構多いです。
そう言えば昔は東京にもこういうお年寄りっていたなぁ
と思い出してちょっと複雑な気分。。

髪の下が女って・・・・・・長三女?!

読めませんから・・・

_| ̄|○
Commented by まめ苗 at 2007-04-17 15:24 x
粋なおじちゃま素敵です。
南国酒家、原宿店とはエライ違う料金体系ですね。おいしそうだし。
今回の記事みて、とっても広州に行ってみたくなりました。
<< 早茶(3/27)@沙面 食堂ぶっかけ飯(3/26)@清平 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク