清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
色即是空・・?(10/19)@BKK
a0023740_2057545.jpg
ワット・サケット

巨大な黄金のストゥーパが有名なこの寺を知ったのは今回が初めてだった。

「黄金の丘と呼ばれているお寺に行ってみたいの」

実習が終わり、1階に降りたところでジョジャが話し掛けてきた。
時間は16時15分を回った所である。

タイの寺は殆ど17時頃に終わってしまう
慌てて彼女の持っていた地図を見るとワット・サケットと書いてある。
場所は・・・ブランコの先か。
タクシーかトゥクトゥクなら10~15分で着ける距離である。

隣にいた島崎さんも誘ってみたが
「僕は彼女と話題が続かないので・・」
と妙な断り方をされてしまった・・・。

考える間もなく、タクシーを捕まえてワット・サケットに向かう
車中で「卒業証明は貰った?」と聞くと

「勿論!」
とニッコリ微笑みながら見せてくれる。
「誰でも合格するように出来てるんですもの」
と自嘲気味に舌を出している。

・・・いや、俺は見事にズリ落ちそうなんですけど・・・音速の勢いで♡
_| ̄|○

「もしかしてW-チャイ、明日のテストで緊張してるの?」

「いや、そうじゃないけど まだ自信が無いんだよね」

「練習はどうしてるの?」

「部屋やカフェでプリント睨んで覚えてるよ。ブツブツ言いながら。」

「そう・・・」


淡いブラウンの眉根を寄せて、考え込むジョジャ

と、運転手が「着いたよ!」と告げる。

ドアを開けて、外を見回す・・・

「・・・?!」

何だこの不気味さは??
背筋が寒くなるような厭な雰囲気である。
ちなみに鏡を見ると、いつもこんな気分になれます♡
_| ̄|○

車を降りると一筋のつむじ風が通り過ぎた。

17時近くを差す時計を見て、小走りでこんもりと盛られた丘の上を目指す。

拝観料を支払い、頂上に出ると巨大なストゥーパ(仏舎利塔)が眼前にそびえる。
でかいな・・・ナコンパトムほどではないにしても、無駄にでかい・・・。

時折 びゅうと風が吹き付け、カラカラと鐘の音が鳴り響く。
「この音はなぁに?」
「みんなが願い事を書いた鐘を奉納するんだよ。煩悩の音だね(←凄く冷めた人)」
「私も奉納したい!!」
「え・・・」

彼女が鐘を括り付けている間、四方からバンコク市内を見渡す。
遠雷が光り、数百個の鐘が烈しく鳴り響く。
このもの凄く奇妙な非現実感は何だろう???

「できたわ!」

と微笑むジョジャ。
ハンガリー語で平和と書いたそうだ。
うんうん、食い下げが無い方が上がり役も大きいからね。
ってそりゃピンフですから!
_| ̄|○
    ベタベタ・・・。

参拝者が誰一人いなくなった中、鍵を開けて貰って丘を下る。
黒い雲が慌ただしく頭上を走って行く。

丘の下は・・・墓地だ。それも普通ではない・・・
資料を読んでみると
「19世紀、コレラ渦に見舞われたバンコク市内は死体が溢れ
 このワット・サケットはその死体置き場となった為
 様々な動物に蝕まれ、腐乱した死体の山に覆われた境内は
 さながら この世の地獄の様な有様だった・・・」

・・・この禍々しい空気は・・そのせい??
アタクシも禍々しさでは負けてませんが(-_-;)

墓地の一角に置かれた仏像前でジョジャがメディテーション(瞑想)をしたいと言う。
聞けば、毎朝授業前にワット・ポーでもメディテーションやヨーガをしているそうだ。
「その時間、一般の人は入れないでしょ?」
「あら、僧侶に御願いしたら入れてくれたわよ」

・・・かないませんわ。
a0023740_20584934.jpg

10分ほどの瞑想を終えて、表に回ると葬儀の最中。
副葬品に凝るのは香港と同じだが・・・それにしても凄い・・・。
a0023740_2059556.jpg

「仏教の教義では一切の物欲を捨てるんでしょう?
 どうして仏式の葬儀でこんな物欲にまみれた行為をするの?」


イタタタッ(ToT)

「キリスト教もそうだけど、仏教は伝来する途上で各国の土着宗教と融合を繰り返して
 本来の教義からは随分と外れていってしまったんだよ・・・以下略」


「でも、日本は寺院も質素だし教義に近いんじゃない?」

「禅宗等、一部にそういう宗派はあるけど、
 日本には金で覆った寺院もあるし、銀で覆った寺院も建造予定だったんだよ。
 大仏も仏像も全て金ぴかだったしね。
 そもそも、仏陀は偶像崇拝を否定していたわけだし厳密な意味で教義を守ってる
 仏教は無いんじゃないかなぁ」

「ふーん」


くどいようだが、彼女はハンガリー人だし ここはタイである(-_-;)

妙な所で話が盛り上がっていた所にバスが来たので乗り込む。
と、その刹那 烈しい雷鳴と共に激しい雨がバスの窓を覆った。
・・・すげぇ・・・洗車機ですかと・・・。
「W-チャイ・・・」

「?」

「明日のテスト、練習したいなら私がパートナーやってあげる」

「それは助かる・・けど・・・なぁ」(←エロい事もりもり考えてる人)

「私の部屋でSugataに見せてあげたいの、どんな事をやっているか」

「ああ、なるほどね」(←ちょっとガッカリしてる人)


どうやら、アタクシも副葬品を山の様に積むタイプみたいです。。
ファラオ並に♡

20分後、ホアランポーン駅でバスから降りた時には雨も止んでいた。
が、駅前のラマ4世通りはちょっとした小川みたい・・・
a0023740_20592477.jpg
泳いじゃおうかしら♡←ヴァカ
[PR]
by wan_chai | 2005-11-05 21:06 | タイ
<< Sugata(10/19)@BKK ワットポーマッサージスクール日... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
ブログパーツ
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク