清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
ユルタでべシュバルマック(8/11)@アルマティ
夜は郊外の山の上にある店へ連れて行ってもらった。
店名が・・・
a0023740_22482043.jpg

読めない

il||li _| ̄|○ il||li



立派なファサードとホールもある。
a0023740_22485715.jpg

ここは温泉とホテルも一体化した高山リゾートの様だ。
元々寒いアルマティにそんなもんが必要なんですかと。
(街中でも冬場は氷点下10度以下まで冷える)

アタクシ達が案内されたのはユルタと呼ばれるテント。
a0023740_22524170.jpg

中には可愛らしい
a0023740_22525750.jpg

狼がいます♡

これの臭いなのか、独特の臭いがこもっていて
ちょっと気持ち悪くなる人もいるかも知れない。
アタクシとか、繊細じゃないですか?
もう、気持ち悪くて♡

と、スタッフが注文を取りに来た。
a0023740_22545720.jpg

もう、おすすめをじゃんじゃん持ってきて下さい。

いきなり出てきたのが、シュバットとカマズ
a0023740_22555969.jpg

知っている人も多いと思うが
シュバットはラクダ、カマズは馬の乳を発酵させた酒である。
アルコールの度数は高くないが、塩気(シュバット)と酸味(特にカマズ)が強く
乳酸発酵に失敗した様な味で、かなり飲みにくい。

馬肉盛り合わせ
a0023740_2258398.jpg

a0023740_22584692.jpg

2,850テンゲ(約2,000円)

バウルサック(揚げたパン状の物)
a0023740_2305288.jpg

a0023740_231155.jpg

500テンゲ(約400円)

ベシュバルマック
a0023740_2331359.jpg

a0023740_2333418.jpg

4,200テンゲ(約3,000円)

ベシュバルマックはカザフスタン唯一と言っても良い代表的料理で
基本的に馬肉とワンタン状の麺(中国語で言う麺)の料理。

元々、遊牧民の国だったカザフスタンなので
食文化にも、その名残が非常に色濃く残っている。

馬肉ばかり食べて、重くなった胃を引きずるようにしてホテルに戻った。
そうだ、昨夜は殆ど寝ていないんだった・・・
[PR]
by wan_chai | 2014-02-09 23:08 | 食べ物 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/19446374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Shira at 2014-02-10 17:50 x
な、なかなか飲み物も食べ物も覚悟が必要かも…。
ずっしり来そうですね。
Commented by kaonoi at 2014-02-10 20:05
ぎゃ~ さっぱり読めない・・・ (^^;
40年近く前にイタリアに行った時
メニューが全部手書きで 歯が立たなかったことが
走馬灯のように頭を駆け巡りました (死ぬのか・・? < 漏れ)

> 中国語で言う麺
はははは・・・・もう、こういう注釈が必要な時代なんですねぇ

肉まんも小龍包も 「麺」だと 相変わらず主張しております
(簡体字の「面」だと、ばくにょうが使われないのでわかりにくいですが)
Commented by fuyong37 at 2014-02-10 20:40 x
wan_chaiさん、今晩は。

うわー、英語表記がないとさっぱり分かりませーん。
あったとしても「Tau-Zheruyikの盛り合わせ」って何(*~*)??

元遊牧民の伝統料理って、野菜が少なそうなイメージがあるのですが、いかがなんでしょう?

そう言えば去年、北京で驢馬の醤油漬けをいただきましたが、癖もなくあっさりして食べやすかったです。




Commented by petapeta_adeliae at 2014-02-11 10:30
あれっwan_chaiさん何メモしてるのぉ??

ベシュバルマック初耳でした。ワンタンですかぁー。
温・冷とどちらでしたか?
中央アジアのメン料理は好みのモノ多し、シュルパ、ラグメン、
ベシバルマクは作ったことがあるのですが、レシビ検索できるかな?


Commented by Annepa at 2014-02-11 20:09
なんかこう、もう少し温かそうな料理が無いのかと。。。
料理の単価も案外高いですね!
Commented by joodtinctuur at 2014-02-14 22:47
「中国語で言う麺」が大好きなので、ベシュバルマックを食べてみたいです。

ところで麺と面は同じと考えていいのでしょうか? 

Commented by wan_chai at 2014-02-15 23:40
Shiraさん こんばんは~^^
カザフ伝統料理、と言うくくりにすると
肉料理ばかり、しかもほぼ馬肉なので
結構しんどいかも知れません・・・。
胃が疲れました。
Commented by wan_chai at 2014-02-15 23:42
かおのい師匠 こんばんは~^^
簡単なアルファベットは読める様にしていたのですが
ここまで来ると、お手上げです。
イタリアのメニューは変に凝った名前だと
これもお手上げですね。
もっとも、イタリアは素材の名前が入る事が多いのと
定番メニューがあるので、何とかなりますが^^;

麺の定義は、日本だとかなり悩んでしまいますね。
米麺とか言われると
パンご飯と言われている様な違和感♡
Commented by wan_chai at 2014-02-15 23:45
fuyong37さん こんばんは~^^
そうなんです。
せっかくの英語表記も、名詞をそのまま書かれると
結局わからないのです。。。
遊牧民の食生活に野菜は皆無ですね。
ヨルダンの時もそうでしたが
乳でビタミンも摂取している様です。
えぇ、アタクシも人乳でビタミンをせっs"/(;-_-) イテテ・・・

騾馬肉、そう言えば見かけましたが
まだ試していません。
今度、トライしてみたいです。
Commented by wan_chai at 2014-02-15 23:48
そーにゃさん こんばんは~^^
えーと・・・
ベシュバルマックの表記の揺れが
そーにゃさんの書かれた、「ベシバルマク」じゃまいかと。。。

そして、ベシュバルマックは包む物が無いので
ワンタンと言うより、切っていないきしめんの様な感じです。

いずれにしてもレシピ検索は沢山引っかかりますよ。
キルギススタイルですが。
Commented by wan_chai at 2014-02-15 23:50
Annepaさん こんばんは~^^
この料理は温かいですよ。
値段は、この店が高級店なのが一つと
物価が高い国なので、そうなってしまいますね・・・
Commented by wan_chai at 2014-02-15 23:52
jなんとかさん こんばんは~^^
麺、面、麵
日本、中国の簡体字、台湾と香港の繁体字
の違いに過ぎないので同じ意味でおます。

つまり、私は面食いだと中国の人に言うと
ああ、この人は小麦粉が好きなのね♡
と理解して貰えます。
Commented by kaonoi at 2014-02-16 09:23
> つまり、私は面食いだと中国の人に言うと
> ああ、この人は小麦粉が好きなのね♡
> と理解して貰えます。

御意!   (^^)

と言うか、最近になって ワンチャイ兄が
立ち食いそばは「麺」だと言われたのを実感しています

こちらタイでは 二八そばはおろか
そば粉10%の 九一そばしか手に入らないです
Commented by carambola at 2014-02-16 15:13
テントの内装が可愛い~♪
赤が基調で,温かみを感じる~
…けど,オオカミはいらないな(笑)

馬肉,上品な感じですねぇ.
鯔も年明けに東京に戻った時に
馬肉三昧の女子会をしてきました~.
美味しいけど,やっぱそればっかは飽きた…^_^;
Commented by tanukidaponta at 2014-02-16 17:33
ベシュバルマクは、ウズベクでもキルギスでも食べられなかったポンで、一度食べてみたいポン

表記のゆれといえば
Бесбармак
となっているポンが、キルギスだったら
Бешбармак
となるポン
Бешは5という意味ポンで、思わず各国紙幣(5のつくもの)をチェックしたら、確かにカザフはБесでキルギスとウズベクはБеш、トルクメニスタンはBäş、トルコはBeşだったポン
Commented by wan_chai at 2014-03-02 19:02
かおのい師匠 こんばんは~^^
日本の立ちそばもタイと同じく
逆二八と言われています。
正に面ですね。。。

まぁ、それでも美味ければ良いんですけど^^;
Commented by wan_chai at 2014-03-02 19:03
鯔さん こんばんは~^^
ああ、狼が可愛いのかと、一瞬納得してしまいますた。
女子会って女装もOKなんでsブホォ
Commented by wan_chai at 2014-03-02 19:08
狸田所長 こんばんは~^^
およよ?
これを食べ逃すとは、所長らしくないポン。
でも、何度も食べると確実に胃腸の調子を崩すポン・・・。

5の表記の違い、面白いポン。
カタカナで発音すると、スとシャの違いが
とても訛りっぽいポン。

実はカザフではウズベクから来て働いている人が多く
文化もかなり交雑しているポン。
と言うか、カザフ独自の文化が少ないポン。。。
Commented by go_to_rumania at 2014-03-25 14:26
ごぶさたしております!(お変わりないですか?こちらは色々・・笑)
ヨーロッパ料理は各国、ルーマニア周辺
、、諸々見慣れているのですが、ほんとうにまだまだ世界には
知らない食べ物がいっぱい~と 写真拝見して思います。

山のテントというシチュエーションは素敵♪♪
Commented by wan_chai at 2014-09-27 17:15
るーマニアさん こんにちは~^^
こちらも色々で(失笑)。。
仕事でルーマニア周辺にちょこちょこ出没してたりします。

えぇ、次は海上のテントというシチュエーションを♡←ありえない
<< しばらくお休みします 車とローカルマーケット(8/1... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク