清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
Born to fish(6/11)@Felivaru
ランチ後は軽ーく
a0023740_22383358.jpg

何かを見て



着替えて出港!
a0023740_2238565.jpg

30分ほどで目的の場所に到着。
投錨すると、まずはティータイム。
a0023740_22393184.jpg

バナナも勿論、滅茶苦茶美味いけど
ホットツナサンドも何だか美味い。

全然腹減ってないのに困った・・・。

_| ̄|○←美味しい物は我慢できない人

さて、いよいよ本日のお仕事開始。
道具は
a0023740_22401999.jpg

これだけ。

ここに刺身をつけて、船から垂らしていると 結構食って来る。
しかし、合わせるのが難しい・・・。

結局2時間ちょっとの夜釣りで、アタクシの釣果は2尾だった。
全員でこれだけ。
a0023740_2241515.jpg

すぐにキッチンで料理してくれる。
1時間後・・・
a0023740_22421765.jpg

豪華なディナーが。

アタクシが釣った魚のグリルと、モルディブで採れる野菜のサラダ
a0023740_22424335.jpg

つみれ
a0023740_2243817.jpg

ちょっぴりスパイシー

タイ風焼き飯(と言っていた)
a0023740_22433981.jpg

カオ・パットとは随分違うけど美味かった。

ちなみに、モルディブではご飯は昼か夜に食べる物だと言う。
逆にロシは夜は食べないらしい。
昔からの習慣で、朝にご飯が出ると妙な気分になるらしい。
日本で言えば、朝飯に揚げたての天麩羅やトンカツが出てこないとか
稲川淳二を冬場に見ると変な気分になるのと同じ感じだろう。

そして、夜だけデザートも出た。
マンゴーともち米のココナツミルク風味。
a0023740_2247334.jpg

あれ?
これってカオニャオ・マムアンじゃね???

テーブルのソースを見てもわかる通り、どうもタイの影響が
少なからずある様な気がする。
勿論、逆の可能性もあるけれど。

お腹いっぱいで幸せな気分でコテージに戻ると
玄関前で待ってた奴がいた。
a0023740_22492861.jpg

トッケイと一緒に蚊を沢山喰ってくれ・・・
このまま刺され続けると、帰る頃には身体の体積が倍に増えそうです♡
[PR]
by wan_chai | 2013-07-25 22:52 | 食べ物 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/18171153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tanukidaponta at 2013-07-25 23:22
>テーブルのソースを見てもわかる通り、どうもタイの影響が
>少なからずある様な気がする。

調味料はともかくとして(黄色い蓋は、大豆のシーズニングソース)、もち米は滅茶苦茶不思議ポン!
この地域で、もち米を食べる、栽培するというのは聞いたことがなかったポン
文化圏的にも、バンコクですらウルチ米ポンで、そこより西でモチとは不思議ポン
観光地文化で持ち込まれた可能性が強そうに思えるポン...
Commented by genova1991 at 2013-07-26 11:17
wan chaiさんのお仕事はツナ缶工場の見学ではなくて、釣りにゃんですか?
釣り立てを即調理していただけるだなんて、なんてお大臣なお仕事でしょう\(^ー^)/

美味しそう!!

船酔いしませんか?そちらの海は??
Commented by petapeta_adeliae at 2013-07-26 21:52
まぐろ、鰹は日本だと一本釣りでしたよね。
モルディプは釣り竿なしの糸だけのつり方なんですね。
このサイズの魚でもつり上げた頃まではかなり暴れるから
革の手袋とか使うのですか?
つみれとチャーハンの美味しそうなこと。



Commented by wan_chai at 2013-07-26 22:43
狸田所長 こんばんは~^^
そもそも、モルディブでは稲作は一切不可能ポンで
100%輸入ポン~
飽くまでも個人的な考察ポンが
モルディブは米食文化があるにも関わらず
輸入100%ポンで、かつてはインド・スリランカからだけ
輸入していたと思うポン。

しかし、国際化と価格等の問題でタイからの輸入も始まり
合わせて食文化も流入してきたのでは無いかと思われるポン。
元々、海洋民族ポンで外国文化の取り込みは早い気がするポン。

勿論、リゾートも大いに影響があるとおもわれるポン~
Commented by wan_chai at 2013-07-26 22:45
genova1991さん こんばんは~^^
勿論ですYO!
タイトル通り、アタクシは漁のために生まれてきた男(?)ですわ♡
スピードボートは頭を天井にぶつける位揺れますし
ドーニ(モルディブの船)も荒天時はかなり揺れます。

でも、船酔する人ってどんな船でも酔うのでは????
Commented by wan_chai at 2013-07-26 22:52
そーにゃさん こんばんは~^^
それ、真逆ですよ?
日本のカツオ漁では巻き網漁が一般的で
マグロに至ってははえ縄、まき網、定置網など
一網打尽を狙った乱獲が主流で
一本釣りは土佐や大間等、それ自体がブランド化しています。

モルディブのカツオ漁は環境保護の観点から一本釣りのみで
釣竿を使って次々と吊り上げます。

ナイトフィッシングはカツオを狙わないので、竿なしです。
軍手もありますが、無くてもそれ程問題無いです。
50cmを超える大物が釣れる場所では別ですが
皮の手袋はモルディブでは高価過ぎるので軍手ですね。
Commented by Annepa at 2013-07-27 23:23
さぁすがwan_chaiさん!
せっかくリゾートにいってるのに
工場労働をして、自分の食べるものは自分で釣るという
自給自足の生活をしてきたんですね(^◇^)
Commented by wan_chai at 2013-07-28 09:48
Annepaさん おはようございます^^
その通りなんです。
実はですね、説明を入れ忘れますたが
ここ、リゾートでは無いのです。
一般の外国人が入れない場所なので、自給自足しています。

えぇ、自給が恐ろしく簡単なのですが・・・
Commented by kaonoi at 2013-07-28 15:31
プーケットでやったトローリングでは ロッドにはいっさいヒットせず
餌釣り (わんちゃい兄と同じ形式)でやっと2尾釣った記憶があります
トローリング時につれないと 昼飯が鶏唐だけで寂しかったです (笑)
(深海釣りは昼食後のため)
Commented by westpoint123 at 2013-07-28 19:29 x
理想郷にも、モスキートがいるんですね。モルディブに行く際は蚊取り線香を忘れずに、ということで。
Commented by wan_chai at 2013-07-28 23:38
かおのい師匠 こんばんは~^^
その日の食事を賭けた釣りは、釣果によっては悲惨ですよね^^;
餌釣りですが、日が暮れてから釣れると言われていた通り
暗くなった途端にヒットし始めますた。
日中はキツいですよね・・・
Commented by wan_chai at 2013-07-28 23:39
westpoint123さん
イパーイいます。
夜、殺虫剤の散布をしていましたが追いつかない位ですね。
蚊取りマットも線香も沢山ありますので
持って行く必要は無いですよ^^

虫よけスプレーはあった方が良いですが・・・
アタクシは現地で書いますた。
インドネシア製のべっとり塗るタイプでした。
Commented by tadano_buta at 2013-08-01 00:33
こんばんは。
焼きっぱなしお魚さん、旨そうですなあ。
お魚とつみれで焼酎2本はイケますな。
その前に、ホットツナサンドでビーフ3本ですか。
Commented by wan_chai at 2013-08-03 19:41
tadano_butaさん こんばんは~^^
それが、モルディブはモスリム国なので
酒は全く手に入りません。
勿論、空港で持ち込むと没収となります。
健全に食べるだけとなります^^
<< 日の出(6/12)@Felivaru 楽園へ(6/11)@Felivaru >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク