清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
ツナ(6/10、11)@マーレ
モルディブのマーレ国際空港(MLE)はフルレ島と言う島にあり
以前はフルレエアポートと呼んでいたが、アタクシに断りもなく
イブラヒムナシル国際空港と言う名前に改称されていた。

この手の空港につけられる呼称って、全く根付かないものが多く
ローマのフィウミチーノ空港に行っても、誰も
レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港なんて呼んでないのと同じだ。
一方でシャルルドゴール空港やJFK空港はそこそこ根付いていたりもする。

まぁ、そんな事はどうでも良くて
空港から首都のマーレには、フェリーで10分ほどで到着する。
a0023740_11482753.jpg





夜のマーレはかつての薄暗いイメージを一新しており
バイクに乗った若者たちが夜通し走り回る都会へと変貌していた。

すっかり時代に取り残されたお爺ちゃんのアタクシ。
ホタ(ディベヒ語の食堂)を探して聞いてみたものの
外国料理のコジャレたカフェーしか無いという。

カヘは要らん。ホタがええんじゃ。

と、顔をしかめて入れ歯をモゴモゴさせながら独りごちていたら
タクシーの運転手が、シーフードマーケットの2階にならあるぜと言って
連れて行ってくれた。

ここの2階に、古くからあるタイプのカフェがあるのは知っていた。
運転手が開けたのは、その隣の看板も何も無いドアー。
中には・・・怪しげな男たちが3人ほど座って一斉にこちらを見る。

この時、アタクシは貞操の危機を確信した。
えっっ!どうしよう?
まだ、シャワーも浴びてないのに♡


等という悩みをよそに、料理が出てきますた。
a0023740_11555243.jpg

ガルディア(カツオのスープ)
マスリハ(カツオのカレー)
ライス

これにインドのパパドゥがサービスでついてきた。

モルディブは観光産業に頼るあまり、リゾートの価値観で動いた為
自国文化のアピールが上手くない。
モルディブの料理はもっと評価されて良い。

帰りしな、壁にある窓から覗くと、隣のカフェの喧騒が垣間見えた。
a0023740_11584178.jpg

この場所は、マーレ市民ではなくアイランダー達が立ち寄る場所の様だ。
マーレ市民はこんな所に来ないらすい。悲しい話だ。

この後、ホテルまで歩いて帰り、すぐに寝た。

翌朝5時半。
a0023740_11594857.jpg

なんで昨夜遅かったのに、こんなに早起きしているかというと
日課の乾布摩擦をするからである。

今日のフライトが早まったからである。

急いでフェリーに乗って、再度フルレに向かう。
a0023740_123465.jpg

国内線のカウンター
a0023740_1233438.jpg

チェックインを済ませると、バスで滑走路の裏側にある桟橋へと向かう。
a0023740_124792.jpg

現在の所、モルディブの国内線はこの桟橋からのフライトとなる。

ラウンジにあるカウンターで聞くと、フライトは1時間以上のDelayらしい。
仕方がない。
a0023740_1244523.jpg

モルディブツナのサンドイッチを食べながら待とう。

さすが、外国人相手の空港ラウンジ。
高い割に、味は普通だ。
[PR]
by wan_chai | 2013-07-15 12:11 | 食べ物 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/18096261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Annepa at 2013-07-15 22:23
最後のサンドイッチが単なるトーストに見えてしまった。。。
国内線のカウンター前は、日本人みたいな人がいますよね?
その点、wan_chaiさんは。。。
Commented by wan_chai at 2013-07-15 22:42
Annepaさん こんばんは~^^
確かに見えますね・・・。
ホットサンドだったのですが、どこも変わり映えのない物ですた。
カウンター前にいるのは、格好が日本人と違っています。
台湾人の若者達だった様です。

その点、アタクシはどこから見ても
純然たる日本人スタイルですた・・・。

il||li _| ̄|○ il||li
Commented by yoyatola at 2013-07-15 23:44 x
カツオ、ここのはスープもカレーも美味しいのですね。でもやっぱりカツオと聞くと( ´´ิ∀´ิ` )ウェェェェ 東京都の離島のも四国のも私は全然ダメれすた。。。。
Commented by kaonoi at 2013-07-16 09:07
マーレ空港 改名しちゃったんですか
空港コードも INSとか? < ないない

カレーとは別にスープが付くのは知りませんでした
御飯に掛けるのをチョイスするためかな
Commented by petapeta_adeliae at 2013-07-16 12:48
インド料理習っているときにスリランカでは
鰹節を作っているからと試食させられたことがあった。
でも日本人が教えたらしいけど。
ツナサンドはマヨとか玉ねぎが入ってるのかな(?_?)

かわいいあの子はサンドイッチの向こうでボケてるー。
Commented by genova1991 at 2013-07-16 18:19
桟橋から乗る飛行機なんですね。
海は沢山あっても陸地が少ないのでしょうか?
行き先が気になります。
やはりツナ工場ですか?
横須賀線の説明を有難うございました。
リンクさせていただきましたので、ご了承のほどをm_ _m
Commented by yoyatola at 2013-07-16 22:00 x
私としたことが「貞操の危機」に言及するのを忘れてますた。

シャワーなんて後でいいぢゃん
ユー 今すぐ御酢とヤッちゃいなよ

って、いや、えっと、それだけなんですが....(・Θ・;)
Commented by wan_chai at 2013-07-16 23:01
よたこうさん こんばんは~^^
リゾートのはともかく、ローカルはんまいですよ?
カツオは産地もそうですが
獲れる時期で全然味が違いますからねぇ・・・
Commented by wan_chai at 2013-07-16 23:03
かおのい師匠 こんばんは~^^
まぁ、みんな普通にフルレって言うてますけどね^^;
公的文書とかで正式名称を書かれると、一瞬悩みます。

これはそれぞれ、別に注文しています。
でもガルディア(スープ)にライスを浸してもんまいですよ?
Commented by wan_chai at 2013-07-16 23:07
そーにゃさん こんばんは~^^
その先生の情報は間違えています。

スリランカやモルディブではカツオの加工品を作っていますが
日本人が教えた等と言う話は聞いたことがありませんし
歴史的に考えても、逆の可能性が高いです。

事実、モルディブフィッシュが鰹節の起源という話は
日本の産地でも何度か聞いています。
(但し、こちらも確証は無し)

ツナサンドはマヨネーズとツナのシンプルなものでした。
厳密にはツナでは無くてスキップジャックサンドですが^^;
Commented by wan_chai at 2013-07-16 23:09
genova1991さん こんばんは~^^
モルディブは殆どが小さな島だけの国で
完全に海が頼りです。
詳細はこちらで
http://www.urayasu-doc.com/minaminoshima/
Commented by wan_chai at 2013-07-16 23:10
よっぱらいさん アゲイン♪
えーと、それには色々と心の準備が・・・
パンティライナーとか外しておきたいし♡
Commented by kaonoi at 2013-07-17 20:52
あ~ やはり鰹でしたか < ツナサンド
シーチキンライト風な意味合いですかねぇ
Commented by tanukidaponta at 2013-07-17 22:51
>インド料理習っているときにスリランカでは
>鰹節を作っているからと試食させられたことがあった。
>でも日本人が教えたらしいけど。

きっと、こう言いたかったに違いないポン

パキスタン料理習っているときにモルディブでは
鰹のツナ缶を作っているからと試食させられたことがあった。
でも日本人が教えたらしいけど。
Commented by wan_chai at 2013-07-20 09:30
かおのい師匠 おはようございます^^
モルディブ(に限らないのですが)でツナと呼ぶのは
イエローフィンかカツオですが
やはりカツオが主流の様ですね。
Commented by wan_chai at 2013-07-20 09:31
狸田所長 おはようございます^^
確かにそれだと、間違いが無い完璧な内容ポン
・・・意訳ポン??^^;

個人的にはパキ料理大好きポン♡
<< 楽園へ(6/11)@Felivaru アジアンベジタリアンミール(6... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク