清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
Ristorante Europeo(12/7)@ナポリ
今回、出発直前にナポリから電話があった。
今度東京に行くので、会う時間が欲しいという売り込みの電話だった。

それは良いけど、来週からナポリに行くよと伝えると
彼の伯父がごちそうしてくれると言うので
深く考えもせずに、OKした。

えぇ、会ったことも無い友人の伯父さんとお食事に行っちゃいます♡

ナポリの大渋滞にハマって30分遅れた伯父さんは
ホテルの周りを見回して、

「何でこのホテルは警官隊に囲まれているんだ??」

としきりに不思議がっていた。

先ほどフロントのお姉さんと仲良くなったので聞いた所によると
今夜は警官の団体が百名近く、このホテルに泊まるという事だった。

面白い事に、イタリアの男は老いも若きもスイーツ店に集まる。
a0023740_2315023.jpg

アタクシもですがナニカ?
(-_☆)キラーン


伯父さんの車でレストランに向かった。



今夜の渋滞は相当酷いらしい。
法律家で、いかにもインテリジェンスな伯父さんと
全くインテリジェンスじゃない話をしながら店に着いた。←インテリの対極にいる人
a0023740_2334645.jpg

Ristorante L'Europeo
公式サイト←英語はエラーになりますよ?

店内はいかにも、近所のビジネスマンっぽい人が集まっている。
a0023740_237189.jpg

スパッカナポリのバルコニーでゴミ袋を全力投球している連中
同じ市民とは思えない客層だ。

早速、アンティパストをもらう。
a0023740_239124.jpg

チーズはモッツァレラと、PROVOLAのスモークチーズ。

フリット2種類。
a0023740_2395810.jpg

花のつぼみと、クリームコロッケタイプ。

これは重い・・・。
(-_-;)←遅い時間のピッツァフリッタを痛烈に後悔している人

「セコンド(ピアット)は食べられますか?」

明らかに、進みが悪いアタクシを気遣って
伯父さんが、パスタで終わりにしようと提案してくれた。

助かった。

パスタ ジェノベーゼ
a0023740_23123376.jpg

おや?

これが・・・ジェノベーゼ?

「ナポリでジェノベーゼと言えば、これなんですよ。」

バジリコと松の実、ニンニクをペーストにした物ではなく
ローストした玉ねぎとビーフで作ったパスタが
ナポリのジェノベーゼらしい。

これには諸説あるらしいが、これといった定説はまだ無い模様。
隠れたナポリの名物パスタと言える。

ちなみに、イタリアのパスタと言えばアルデンテ
日本でも、アルデンテと言う言葉だけは入っているが
a0023740_23172940.jpg

はっきり言って、全く別物。
南イタリアのパスタは芯が完全に残った状態で、塩気も日本より遥かに強い。

結局、イタリア料理ブームと言っても
現実はローカライズされた、和風イタリアンであって
日本のイタリア人シェフも、イタリアで修行した日本人シェフも
日本で出す時は、レシピを日本風に変えている。

それは当たり前の事なのだけれど
「日本だけはアジアで唯一本場、イタリアの味を再現している。」
とか
「日本のイタリア料理はイタリアよりレベルが高い。」

と、得意顔で語っている人たちを見るとがっかりする。
いつから日本は、これ程までに不遜になってしまったのだろう?
少なくとも

「中国の寿司は日本よりレベルが高い」

等とのたまう中国人は見たことが無いので
中国人より日本人が傲岸不遜なのは確かかも知れない。

Dolceもナポリ名物
a0023740_23272066.jpg

Pastiera
リコッタチーズとオレンジの香るタルト。
これ・・・

激 重い

il||li _| ̄|○ il||li

伯父さんに、ご馳走になったお礼を述べて
ホテルでお別れした。

今夜は10度を切っていて、かなり寒い雨だ。

水を買いに、ナポリ駅に行く。
日中は大分マシになったが、夜のナポリ駅は不審な連中がうようよいてステキング♡

しかし、意外にも電車は車庫ではなく、プラットフォームに留め置くらしい。
a0023740_23304438.jpg

よくいたずらされないものだ。
車は原型が無くなるなるまでいじられるのに・・・。

さて、そろそろ寝よう。

胃がイテェ
(ToT)

[PR]
by wan_chai | 2013-05-22 23:37 | 食べ物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/17828567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by petapeta_adeliae at 2013-05-23 13:02
ナポリのジェノベーゼの方がソーニャには魅力的だワ。
牛肉ってところが特にね(^_-)

花の蕾はズッキーニでしょうか?
自分で作ったのしか食べたことがないのですが、
苦みがあったの・・・それって取り残しかな?

>「日本だけはアジアで唯一本場、イタリアの味を再現している。」
誉め言葉に照れ笑いしてるwan_chaiさんが
浮かんでしまった。(^-^)




Commented by Shira at 2013-05-23 18:53 x
いやー、これでは胃も肝臓もたいへんですね。商売道具は大切に。

このパスタ、芯が環状…。

海老沢泰久の著書「美味礼讃」の中で、辻料理学校の創始者がフランスの塩味に驚いて、日本に受け入れられるためには塩を減らす必要があると述べていたのを思い出しました。

イタリアもそうなのですね。
Commented by wan_chai at 2013-05-23 19:23
そーにゃさん こんばんは~^^
正直、アタクシはこのジェノベーゼ苦手ですた。
肉々すぎて駄目です。。。

花は確か、ズッキーニです。正解です。

その言葉、全然褒め言葉じゃないですYO
完全に真逆の意味です。
勘違いした日本人が、言っているだけで

勿論、聞いてるアタクシは照れ笑いじゃなくて
呆れ返っています。

イタリア人で、日本のイタリアンを本気で評価している人は
殆ど見たことないです。
Commented by wan_chai at 2013-05-23 19:25
Shiraさん こんばんは~^^
本当に、太って太って仕方ないです。。。

il||li _| ̄|○ il||li←と、逃げ道を作ってる人

フランスも、スペインもそうですよねー
日本の味付けが総じて、塩薄め、甘み強目(特に関東)なので
現地のレシピそのままだと、クレームがつきます。
Commented by kaonoi at 2013-05-24 05:41
東南アジアに20年近く住んでいると
アルデンテという言葉も意味も忘れてしまいますねぇ
最近進出した 讃岐うどんの方が 腰があったりして
(本場の讃岐うどんは それほど腰がないと言う説も・・・)

ちなみに 初めて上京した頃 関東の味付けは色が濃いのに 甘い・・
と言うので 困りましたねぇ
Commented by wan_chai at 2013-05-25 11:02
かおのい師匠 こんにちは~^^
日本にも「本来のアルデンテ」は無いですが
確かに、東南アジアに限らず北米もクタクタになるまで
ボイルしてしまいますね。
イタリア系移民はあれで良いんですかと聞きたくなります。

チェーン系さぬきうどんの腰はタピオkモガッ

関東の甘辛いのも嫌いじゃないですが
個人的には関西風の出汁がアタクシも好きです^^
<< 芸術鑑賞♡(12/8)@ナポリ Pizzeria Di Mat... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク