清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
2000年前へのタイムトラベル(12/3)@ポンペイ
開門直後では無かったが、一番乗りだったらしい。
受付で入場料11EURを支払って
マリーナ門から誰もいない街へと足を踏み入れる。
a0023740_2319047.jpg

左側の小さい方が歩行者用、右側の大きい方が荷車用らすい。




神殿が立ち並ぶフォロを抜けて市街地へ入る。
a0023740_23232758.jpg

雲を頂きに冠したヴェスヴィオ山が見える。
この山からの火砕流が、街を飲み込んだ時
ここの全ての時間が停まったのである。

その時の街並もそのまま。
a0023740_23252723.jpg

無人の街にただ一人
民家のプライベートな空間にいると
ひょっこり、当時の人間が現れそうな位に生活の雰囲気が残っている。
2000年前、この壁や天井を見ながら寝ていたのだろうか。

石畳の道には車の轍がくっきり残っているし、パン屋の臼も使えそう。

無人のテルマエに差し込む光を眺めていると
まるで入浴している様な気分にさえなる。
a0023740_23284182.jpg

まぁ、こんな観光案内みたいなのは面白くもなんともないのでサラッと流して・・・
a0023740_23292341.jpg

ある建物に入ると、中に係員のオサーンがいた。

Buongiorno

と声をかけると、小さく挨拶を返してくる。
なんだろう、ここは・・・
無線ガイドの数字を合わせてみると
a0023740_233134.jpg

清純なアタクシにはよくわからない、ステキングな場所だったみたいです♡

早速、一人お願いしますた
部屋の中に入ってみますた。

a0023740_233205.jpg

何に使うか見当もつかないのですが
この石のベッドでは、膝と腰がハンパ無く痛そうな気がしますよ?

薄暗く狭い部屋の中、3分ほどで
一戦終わってオサーンにカネを払うと
外に出ると、聞き覚えのある言葉が聞こえてきた。

気がつけば、随分と人が増えたようだ。それも、特定の国の・・・
a0023740_23352258.jpg

群れて動くのは良いのですが
一人で歩いている清純なオサーンを
訝しげに見るのはやめて頂けませんでしょうか


この国の人達は・・・
a0023740_23371323.jpg

変なポーズで写真を撮るのが好きらしい。
何分間もかけてこんな事やっているけど
遺跡には興味が無いんでしょうか

とまぁ、素敵な出会いもあって
時間も昼近くなったので、そこそこに逃げ出した。

駅で時刻表を再確認すると、ちょっと時間があるので
駅の中のBARでお茶を飲みながら待つ。
a0023740_23403127.jpg

ちなみにイタリアのBARで飲む紅茶はどれも美味しくない。

ガタガタの石畳を3時間以上も歩いたので膝と足首が疲れた。
そろそろ電車が来るようだ。
[PR]
by wan_chai | 2013-03-09 23:46 | 他国 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/17432234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by xxayoxx at 2013-03-10 00:06
後半の自称清純派のオサーンのレポは置いておいて、
前半のポンペイの様子は、、、
実に素晴らしい。。。
ホントに刻が止まっている。
空気は乾燥している様に見えますが、
どうでした??
匂いは??
Commented by Annepa at 2013-03-10 00:17
さすがに清純派のオサーンのレポは違いますね!
目の付けどころが違います(笑)

日のいずる国の民は、やはり雰囲気が違いますね。。。
写真ばかり撮ってるのは、ミャンマー人も一緒でしたよ(笑)

>一人で歩いている清純なオサーンを
>訝しげに見るのはやめて頂けませんでしょうか
 イヤイヤ!
 それは普通でしょ。。。
Commented by よやとら at 2013-03-10 00:37 x
>この国の人達

私もこの方たちと同胞だと思うのですが、旅券の5年が紺色で10年が赤の。写真を摂る時にピースをしたことは一度たりとも無いです。私のようなド・チンピラでさえ考えれないです。以前、犬HK寝てよー美術館で、亡くなった方の遺影画を描く画家の方が、依頼主の娘さんの生前の写真が全部ピースをしていて手の形の検証に苦労しているという場面がありました。そのような依頼をするご両親と芸術について懇談するお兄さんのいる家庭に生まれて大切に育てられた娘さんの写真が殆ど全てがピースサイン、とビックリ仰天しました。私が驚いてるだけで現代のこの国ではデフォルト仕様なんでしょうか??

てか、私の場合、旅先の景色そのものはとりたい気持ちはあるけれど、そこにヨ-ロッパに似合わねぇ東洋人のブッサイクなテメエ( =私)が写ってちゃダメだろうっていう(-_-;)

>ステキングな場所

ああ、セクロスですか??
Commented by kaonoi at 2013-03-10 15:13
さすがに 無人の遺跡はちょっと不気味 (^^;

アジアだと団体旅行はかなり減っていますが
ヨーロッパまで行くと まだまだいるんですねぇ
旅費とかを考えるとお得なのはわかるんですが
あまり食指が動かないです < 団体行動
Commented by genova1991 at 2013-03-10 15:27
冬の遺跡は趣があってよろしいですね。
シ~~~~ン という音が聞こえてきそうです。

私が行ったのは真夏のガンガン照りの時だったので、
暑くて遺跡どころではなく、写真ばかりの団体さんのように、
パチリしただけの記憶にしかすぎません。
団体さんは中高年ばかりですね。
やはりこの年代ですと、皆さんご一緒にが安心感があるのでしょうね~・・・

帰りの電車はちゃんと来ましたか?
Commented by petapeta_adeliae at 2013-03-10 21:25
子供の頃、石のベッドを見て身体が痛くないのだろうか?なんて
思っていたけど、女性の一番古い職業の職場でしょ?!
ハイジの様に藁でも敷いていたのかな?

変なポーズで写真を撮るのは中国人の特許かと思っておりましたが、
今は日本人もするようになったんですね。悲しい。。。
Commented by wan_chai at 2013-03-10 23:19
ayoさん こんばんは~^^
そうですか、そんなに後半が興味深かったですか。
良かった。無理して頑張った甲斐があります。

気候は乾燥して・・・ません。
小雨だったし。

匂いは石が湿った匂いだけでしたね。
当然、生活臭は完全に消えています。
Commented by wan_chai at 2013-03-10 23:21
Annepaさん こんばんは~^^
そうなんですよ。
学術的な考察と言うのは、多分アタクシだけかと思います。
えぇ、よく言われますとも。
真面目すぎてつまらないと。

il||li _| ̄|○ il||li

写真だけじゃなく、色々と・・なかなか素敵な国の皆様で。。。
Commented by Lunta at 2013-03-10 23:27 x
最近ローマ遺跡を見るとすぐタイムスリップしてしまうローマ人を思い出してしまうのはマンガの読み過ぎ。
ブイサインはローマ人には何を意味すると思われるだろうか。
Commented by wan_chai at 2013-03-10 23:27
よらとやさん こんばんは~^^
ああ、こちらの方たちと同胞ですたか!
多分、アタクシもそうだと思います。

_| ̄|○

彼らのポーズですが、多分数字を示しているのかと。
えぇ、ようやくその年の知能レベルに達したという・・・

一点、ヨーロッパの雰囲気に東洋人が似合わないと言うのは
必ずしもそうは言えないと思います。
ちゃんと溶け込んでいる人は目立たないものです。
問題は、目立たない人ばかり見えてしまうことかと。

えぇ、アタクシですがナニカ?(-_☆)キラーン←どこも似合わない
Commented by wan_chai at 2013-03-10 23:31
かおのい師匠 こんばんは~^^
本当に死者の街と言った趣で
神秘的でもあり、不気味でもありますた。

アタクシも団体旅行って既に絶滅したのかと思っていますたが
前回のシャルルドゴール空港、マドリッドに続いて
やはりヨーロッパには生息している様です。

団体旅行を否定するつもりは毛頭無いのですが
やはり、異様な集団と異様な行動だとは思います…。
Commented by wan_chai at 2013-03-10 23:33
genova1991さん こんばんは~^^
実際は鳥のさえずり、風の音
それと、なぜか上空を低空で旋回していたヘリの爆音ですた。

ここの夏、確かに地獄でしょうね。
石造りだから、輻射熱が凄そうです。
アタクシが行ったら、石窯焼きの豚になります・・・

_| ̄|○

電車は、きっちり遅れて来ますた♡
Commented by wan_chai at 2013-03-10 23:37
そーにゃさん こんばんは~^^
ハイジは実は、見たことが無いのですが
団体旅行でのポーズは、認識違いだと思います。
間違いなく、日本の方が先です。

そして、ヨーロッパ全域で日本と中国の団体旅客は
同じ扱いを受けていますし、
事実、行動もほぼ同じです。
どちらも問題が多く、出入り禁止の場所が多いです。
Commented by wan_chai at 2013-03-10 23:39
Luntaさん こんばんは~^^
その映画、帰国後に見ますた。
漫画は見ていないのですが
ポンペイと絡めて見ると楽しめます。
フォロ・ロマーノでは、こうは行きませんね。

ローマ人とは、古代ローマ人ですよね?
だとしたら・・・いや、カメラがまずわからないかと^^;
<< Pizzeria da Gae... ポンペイへの道(12/3)@ナポリ >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク