清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
ポンペイへの道(12/3)@ナポリ
まだ時差に慣れておらず、無駄に早起きしてしまった。
明け方の教会の鐘が、ガランとした石造りの街にこだましている。
a0023740_2231574.jpg

今日は移動日なのだけれど、その前に行きたい所がある。



子供の頃、火山灰に埋もれた街があると言うのを読んだ。
街並みも、人も、犬さえもその当時の形を留めていたと言う。
(遺体は分解していたが、空洞があった為、型取りして亡くなった時の様子がわかる)

正に、時が止まった街だ。

この、ポンペイという遺跡に一度行ってみたいと思っていた。
随分と長くかかってしまったが、ナポリにいる今がチャンスである。

ポンペイ遺跡のゲートオープンは8:30なので、12時迄見れば3時間以上ある。
とりあえずは充分だろう。

まずは、UNA HOTELの朝食会場へ。
a0023740_22221390.jpg

7時からだったので、一番乗り。
でも、ろくな物が無いのがイタリアの安ホテル。
a0023740_2223067.jpg

この程度しか食べられる物が無い。

すぐに切り上げて、出かけた。
ナポリに向かう電車はFS(トレニタリア=国鉄)ではなく
私鉄のチルクムヴェスヴィアーナ(ベスビオ周遊鉄道)
中央駅のすぐ横にあるのがPiazza Garibaldi駅。
でも、ウナホテルからは始発のNapoli Porta Nolana駅の方が近いので
こっちに向かった。
ダイヤの遅れもわかりやすいし。

電光掲示板で時間を確認。
a0023740_22285013.jpg

7:39発のソレント行きに乗れば、ポンペイにオープン前に着く。

早速窓口でチケットを・・・
a0023740_22295481.jpg

と思ったら、ここじゃなくてホーム横のタバッキで買えと言う。

こっちか。
a0023740_22301733.jpg


ナポリではそこかしこで見かけるコイツ
a0023740_22305627.jpg

名はPulcinella(プルチネッラ)
人形劇に使う道化のキャラクターで
イタリアでは各都市に象徴のキャラクターが存在している。
ナポリは彼だ。
なかなか憎めない奴で、ナポリ市民にも愛されている。

それはいいんだけど、時間を過ぎても全然電車が来ませんよ?
結局、しれっとした顔で20分以上遅れて入線してきて
何事も無かった様に出発した。

このチルクムヴェスヴィアーナ線、とにかく汚い。
a0023740_22362258.jpg

車両も、車内も、ホームも、全て落書きだらけだ。

まぁ、そんな事はどうでもいい。
車窓から、湾越しにソレント半島とカプリ島が見える。
この半島の裏側はアマルフィ。

何と見どころの多い事か。

本当は、バイクを借りてポンペイの前にソレント半島を一周したかったのだけれど
出来なかった事を悔やんでも仕方ない。
ここはイタリア。
やりたい事の3割も出来れば、上出来だ。

大分遅れて8:29
Pompei Scavi - Villa dei Misteri駅に到着した。
a0023740_22424443.jpg

駅名、長っ!!
il||li _| ̄|○ il||li
[PR]
by wan_chai | 2013-03-03 22:48 | 他国 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/17403183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by genova1991 at 2013-03-03 23:04
アマルフィ出た(≧∇≦)
デラセーラでマルゲちゃんの食べ直しをして来ます(^_^;)

そうですよね~
ナポリに行ったらPonpeiです!
ベスビオ火山を見たらフニクリフニクラを歌います!!

で、Ponpeiではマル秘の絵画や彫像はご覧になりましたか?
鍵のかかった(^_^;)アレ←40年前の記憶がそれだけorz
Commented by wan_chai at 2013-03-03 23:18
genova1991さん こんばんは~^^
バイクなら、ソレント、アマルフィ、ポンペイと周遊できたのですが
行けなかったのが残念です・・・。

il||li _| ̄|○ il||li

ホテル前からのヴェスヴィオ山はよく見えますので
フニクリ・フニクラを歌って
港に出てからは、サンタ・ルチアを熱唱していますた。


・・・いませんから。そんな人。。

il||li _| ̄|○ il||li
Commented by tanukidaponta at 2013-03-04 00:03
おろ!
今はボンベイじゃなくて、ムンバイーというポン~~
落書き列車、屋根に人が乗ってないポン...
Commented by toramaman at 2013-03-04 08:01
こんな 落書きOKなお電車 一生に一度は乗車して、ぜひ落書きしてみたいざます( ̄◇ ̄)┛

しかし 時間厳守じゃないとこは いただけましぇん-"-;
Commented by kaonoi at 2013-03-04 09:39
ホームを歩いている人が寒そうですねぇ
イタリアというと 温かいイメージが先行しますが
12月のヨーロッパだと それなりに寒いんでしょうね
(なぜか 夏しか行ったことがない (^^;  )

列車の向こうに見える空も 雲が多い感じだし・・・
Commented by petapeta_adeliae at 2013-03-04 12:37
ポンペイって英語の先生が夏休みに行ってて、
写真を沢山見せて貰ったけど、何枚か慌てて引き抜いて
「子どもは見ちゃダメよ」と云われたことがあります。
次回、その謎が解けるかもぉ。
ふふっおしかちゃん見っけ。
Commented by xxayoxx at 2013-03-04 15:21
プルチネッラ、アタクシ知ってるざます。
ナポリピッツァ協会、
公認キャラクターでございまふ。
六本木はミッドタウン内に、このキャラクターを看板につけている
pizza専門店知っているざまーす。
知っているだけで、
入ったことはないざます。
Commented by yoyatola at 2013-03-04 19:42 x
おおっ、王道むにくりむりくらデスネー。どうしてもギリシャのレスボス(女子×女子の語源)とヴェスビオがごっちゃになる私。ポンペイは行きたいです。小学生の頃、夏休みの自由研究のテーマは必ず火山ですた♪

Commented by wan_chai at 2013-03-05 21:17
狸田所長 こんばんは~^^
おお!なるほど!
となると、所長の名前も今後は狸田ボン太になってしまうボン?
( ̄ー ̄)ニヤリッ
Commented by wan_chai at 2013-03-05 21:18
寅母さん こんばんは~^^
時間にきっちりしたい人は
イタリアに行けないと思います。
えぇ、ありとあらゆるものが正確に遅れていますので。
それはもう、見事にきっちりと。
Commented by wan_chai at 2013-03-05 21:19
かおのい師匠 こんばんは~^^
アタクシも南イタリアと言うことで、まさかに寒くはなかろうと
比較的油断して行ったのですが
ローマよりはマシな程度で、ナポリも朝晩は寒かったです。
勿論、日本の冬ほどでは無いのですが・・・
Commented by wan_chai at 2013-03-05 21:21
そーにゃさん こんばんは~^^
多分、その先生が持っていた資料は古いと思います。
と言うのも、殆どの美術品は今は博物館にある為
ポンペイには、「そういう素敵な物」が殆ど残っていません。

えぇ、キリスト生誕を描いたモザイク画ですよね?勿論?
( ̄ー ̄)ニヤリッ
Commented by wan_chai at 2013-03-05 21:22
ayoさん こんばんは~^^
お?
ナポリのプルチネッラを知っている人は結構な通です。
行ったことがある人は別ですが・・・。

その、何とか協会は知りませんでしたが
ナポリと関係のある所をには、よく登場しています。
アタクシの目の前にもマヌケな顔をして座っています・・・
Commented by wan_chai at 2013-03-05 21:26
yoyatoraさん こんばんは~^^
え?!
尋常小学校の夏休み?!
そんなお歳ですたっけ?

ポンペイの発掘が始まるのは1700年代なので
当時小学生と言う事は無い筈ですが・・・
<< 2000年前へのタイムトラベル... レンタルスクーターとPizza... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク