清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
雨季のチャイティーヨー その1(7/16)@ヤンゴン
小学生の頃、ふと手にとった父の本。
その特集にあった中の一枚の写真に目が釘付けになった。

V字に開脚して妖しく微笑む美女"/(;-_-) イテテ・・・

崖の上に危ういバランスで留まる、黄金色の巨石。
それも、男たちが上に乗っているのに落ちない。
なんと不思議な光景だろう。

しかし当時のビルマは、あまりにも遠く
まるでそれは、ガガーリンが宇宙から撮った地球の写真の様に
遠い遠い存在で、自分が行ける場所とは夢にも考えなかった。

散策からホテルに戻り、朝食を摂る。
a0023740_18504063.jpg

朝食ブッフェは期待していなかった割に美味かった。
特に、豆入りのご飯が美味しい。

朝食後、茶を喫しつつ‎考える。
黄金の石がある、チャイティーヨーパゴダまでは
ヤンゴンから約200kmで、距離的に日帰りは可能な筈。

しかし実はこの旅程、既に挫折していたのだった。



日本出発前、ホテル予約を頼んだミャンマーの旅行会社に
チャイティーヨー行きを打診した所、以下の答えが帰ってきた。

*雨季の為、ツアーは無く、車チャーターしかない。
*山道を走るトラックは雨で停まる事もある。その場合は大雨の中を45分歩く事になる。
*トラックは満員になるまで走らないので、雨季には長時間待つ事が多い。
*車チャーターは1日299ドル

最後の値段で一気に萎えた。
タクシーに直接交渉するのも有りだけど
登頂中の待機など、英語が通じない怖さがつきまとう。
何しろ、明日の早朝には帰国なので下手なリスクはとれない。

と言う訳で、実は既に諦めていた
V字開脚は温泉場で見ればいいや。
(どうして西日本と山陰の温泉はストリップがあるんだろう?)

一応、ソゾにも昨夜 希望を伝えておいたが
知り合いに交渉してみる、との答えだった。
とりあえずはバゴー辺りまで行こうと言うことで
今朝の待ち合わせを約束していた。

果たして、時間通りにソゾはロビーで待っていた。
昨日も思ったけど、彼は時間に几帳面だ。
これは東南アジアでは極めて珍しい。

「チャイティーヨー、行けます」

彼は興奮気味で開口一番、言ってきた。

「友達のタクシーが200ドルで行くって言っています。」

行けるのは嬉しいが、それは高すぎる。
全部込み(ソゾへの謝礼込み)100ドルなら、行くと伝えると
深刻な顔をして、タクシーの運転手と喧嘩を始めた。
後で聞くと、ガソリン代が高いので儲けが全然無いとゴネられたらしい。

最終的に、太ったオサーンの運転手が

「行こう。」

と手を差し出したので、握手して車に乗り込んだ。
激ボロいサニーはエアコンも壊れていて、走るとガタガタ音がする上に
A/Tも故障していて、たまに変速しなくなる。

ところで、後ろで煙草を吸っている人は誰だい?

「私の友達。チャイティーヨーに行きたいです。」

と言う訳で、朝10時。
運転手とソゾ、友達、アタクシの4人乗車で東へ向かった。
a0023740_1994921.jpg

道中、友達君が持っている布を見せてくれた。
ロンジーだ。

「これを履きませんか?」

いいの?
早速、道路上で着替える。
結び方が難しいけど、ソゾがきっちり結んでくれた。

薄手のスカートみたいなもので、スースーするけど快適♡
袴と同じ感じになる。

2時間ほど走った所で食事休憩をとる。
a0023740_1915353.jpg

場所はこの辺
既にバゴーの街の外れに当たる。

何を食べようか・・・
a0023740_19164170.jpg

ソゾが教えてくれるのは良いのだけれど
日本語があやふやなので、結局自分で見る方が早い。
a0023740_19171797.jpg

調理場はこんな感じ。
a0023740_19174415.jpg

さぁ、食べるとしよう。
a0023740_19175947.jpg


ここから先は山に近いので天候が変わると思われる。
時間的な制約もあるので、早めに出よう。
a0023740_19203478.jpg

って親父!何ビール飲んでんだ( ゚Д゚)ゴルア!

「大丈夫です。ミャンマーではビールはお酒じゃ無いです。」

法律的な事じゃなくて、酔っ払い運転を心配してるんですけど。
いくら郷に入っては郷に従うとは言え、雨季の山岳路をほろ酔いで走るのはリスキーだ。

「ビールは酔っ払わないから大丈夫。」

この、赤ら顔で鼻歌歌いながら立ちションしてる親父がシラフだと言うんか
ヽ(`Д´)ノ

しかし、背に腹は代えられない。
危なそうだったらアタクシが運転すると言う条件で、再び出発した。
a0023740_1923345.jpg

[PR]
by wan_chai | 2012-10-18 19:36 | 食べ物 | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/16616583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よやとら at 2012-10-19 00:17 x
昔ビルマとかラングーンという音の響きに憧れました。しかしいざミャンマーで行きところをピックアップしてみると、かなり移動が大変そうで気が萎えてしまいました(泣)

ビールは酔いますよ。私はワイン1本~1本半くらいまでほぼシラフでいられますけど、ビールは調子悪い時だと中瓶3本くらいでベロベロになります。そしてわんちょいさんの頭頂部にしなだれかかってしまうと思います......(゚Д゚)ハッ!
Commented by xxayoxx at 2012-10-19 00:21
>薄手のスカートみたいなもので、スースーするけど快適♡

あぁ、ついに、中身だけではなく、
外見もオカマに、、、。
もういいよね、カミングアウトしても。。。
Commented by kaonoi at 2012-10-19 19:37
お~ パダン料理みたいな量ですねぇ (^^;
皿が重なっていないから値段が把握しやすいかな < チガウ!
Commented by wan_chai at 2012-10-19 23:39
よやーらさん こんばんは~^^
わかります。
アタクシも幼少のみぎり、ラングーンとか聞くと
何となく、かっこいいイメージがありますた。
まぁ、銃火が飛び交っていたよやとらさんの頃とは
イメージがかけ離れていると思いますが・・・。

アタクスィの頭頂部は触れるとズレるので
お触り禁止ですYO
怖いお兄さんにつまみ出されます←踊り子さん?
Commented by wan_chai at 2012-10-19 23:40
ayoさん こんばんは~^^
( ゚Д゚)ゴルア!
中身だけではなくって!
アタクシ、オカマじゃなくてよっっ!ヽ(`Д´)ノ ムギギィ
Commented by wan_chai at 2012-10-19 23:41
かおのい師匠 こんばんは~^^
これは単に、アタクシが頼みすぎたせいもありますが
確かにバリエーションの乏しいパダン料理みたいかも^^;

調理法はどれも似たり寄ったりでしたが
味はとても良かったです。
予想外に。
Commented by petapeta_adeliae at 2012-10-19 23:50
20数年前のバリの様です。
wan_cahiさんよりロンジーが似合う日本人はいないと思う。
次回是非着用して来てくださいまし。

4枚目の写真で思い出した。
昼に後輩から、髪の毛を2つに束ねたツインテールが流行っていると
聞き、ソーニャびっくり・・・帰ってきたウルトラマンのツインテール
と勘違い!?
Commented by wan_chai at 2012-10-20 00:07
そーにゃさん こんばんは~^^
ロンジー、ソゾが似合うと言うので写真を撮って貰ったら
自分でも、あまりに自然で笑えますた。
よほど日本が似合っていない様です。アタクシ・・・。

il||li _| ̄|○ il||li

新マンのツインテールって、あの虫みたいな古代怪獣ですよね。
再々々放送位だと思いますが、小さい頃に見ますた。

あれが流行るって・・・猟奇的過ぎますYO
Commented at 2012-10-20 12:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tanukidaponta at 2012-10-20 15:17
10時発の日帰りとは、かなり無謀なプランポン~~

きっとこの後、夜の帰り道で車が横転して、乗っていた4人が全員死亡という記事になりそうな予感ポン!
(誰が書いているのかという突っ込みは、この際してはいかんポン~~)
Commented by wan_chai at 2012-10-20 16:02
鍵さん
大丈夫ですYO
Fに表示されるだけで、遠慮無く使って下さい。
Commented by wan_chai at 2012-10-20 16:03
狸田所長 こんばんは~^^
そうポン。
朝9時でも結構際どいと思ったポンが
この連中、かなりのんびりしていて
時間の計算ができなさそうだったので、心配だったポン。

帰りに横転して全員死亡したかどうかは
まだ秘密ポン~♪
Commented by 鍵よやとら at 2012-10-20 20:24 x
>V字に開脚して妖しく微笑む美女"/(;-_-) イテテ・・・

こういうフレーズはわんちょいさんのとこでよく出てくるけど、
ものスゴイ偽装臭を感じるのは私だけでせうか???
頭頂部からも同じようなニオi(☆_@;)☆\(`-´メ)バシバシバシ
(鍵の件、了解&理解しますたぁ。多分♡)
Commented by よやとら at 2012-10-20 22:50 x
↑ あ、別に本気の鍵のつもりじゃねーですよん♡
Commented by Annepa at 2012-10-20 23:42
日本的に考えれば、片道200kmか・・・
ぐらいの感覚だけど、道路事情がねえ。。。
無謀といえば無謀かも?
Commented by 大陸浪人 at 2012-10-21 08:12 x
299ドルですか!
日本語ガイド雇ってる時点で金持ちと思われたんですかね。
私なんか日本語学校の女生徒達にガイド頼んだら喜んで(2人も)
付いてきましたよ。
Commented by wan_chai at 2012-10-21 21:38
鍵よらとさん こんばんは~^^
偽装臭とは・・・(?_?)
週刊誌とか、開くと結構グラビアに出ていますよね。
あれです。
えぇ、肝心な所には余計なモザイクがかかっていますが・・・。
ヽ(`Д´)ノ ウワアン
Commented by wan_chai at 2012-10-21 21:39
Annepaさん こんばんは~^^
このルート、全線舗装されていて
道自体はとても良いです。
下手な日本の道よりも、轍も少なくて快適かも。
信号も殆ど無いですし^^
Commented by wan_chai at 2012-10-21 21:41
大陸浪人さん こんばんは~^^
いえ、私は日本語ガイドを雇っていないんですよ。
車だけって言ったのですが
ガイド付きでしか貸せないと。

そして、これはアタクシへの料金じゃなくて
そこの旅行会社の定価だそうです。
それでも、日本人ツーリストは沢山使っているそうですから
日本のミナサン、オカネモチ・・・。

中国やタイで日本語を勉強している学生に着いて行くと
身ぐるみ剥がれて翌朝、外で目が覚める事になりますが
ミャンマーはまだまだ、そう言う事がありますね。
今回のソゾも、結果的にそうですた。
Commented by 大陸浪人 at 2012-10-23 21:43 x
>車チャーターは1日299ドル
>これはアタクシへの料金じゃなくて
>そこの旅行会社の定価

料金表が日本人と他の外国人で異なるという奴ですかね?
最近のミャンマー投資熱で需要と供給のバランスが崩れまくっているというのは理解できますけど、それにしてもボッタ栗ですね。

ネットで検索しても8時間チャーターして高くてもガイド込125USドルです。

ちなみに、
ガソリン代は先月20日時点で1リットル=866チャット≒1USドル
ですから、往復400kmの場合、燃費が1リットル8kmとしても50USドルしかしません。
http://www.myanmarplg.com/news/price.html
Commented by wan_chai at 2012-10-23 22:48
大陸浪人さん こんばんは~^^
その会社は完全に日本人専門でした。
当然の様に全て割高ですね^^;
それでも、みんな払いますので。
恐らくは社用で来る人が多く、値段は気にしないのでしょう。
(゚ε゚)キニシナイ!!

8時間チャーターガイド込み125USDですか?
となると、アタクシの支払額は相場程度だった様ですね。
実際は、シーズンオフでガイドも相当な苦労だったので
激安だったと言えるかも知れません・・・。
<< 雨季のチャイティーヨー その2... ミャンマーのバス(7/16)@... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク