清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
寄せ盛り(4/10)@Auckland
夕暮れのハーバーはライトアップされていた。
a0023740_22143836.jpg

さすがに起きたと思われるので、携帯に連絡してみると
既に起きだして、バーで一杯やっているらしい。
a0023740_22154886.jpg

とりあえず、車で迎えに行って
再びハーバーに戻った。




特段、行きたい店があった訳ではなく
単に、船から降りた時に店が沢山見えて、選択肢が多かったからに過ぎない。
a0023740_2218418.jpg

そんな消極的な理由で選んだせいなのか
改めて見ると、どこも馬鹿みたいに高くて魅力が無い。

雰囲気だけは良いのだけれど・・・。

とりあえず、画像に映っている建物の1階にあるレストランに入った。
取引先のお二人は飲みが中心なので
盛り合わせのできる、この店が好都合と思われた。
飲みがメインの場合、それほど食べ物にこだわりも無い筈。

しかして、出てきたのは
a0023740_22202688.jpg

想像以上に
しょぼっ!( ̄□ ̄;)

なにこれ?
東京に無数にあるインチキバルですかと?

そりゃ、日本の加工肉よりは遥かに旨いけど
ヨーロッパの物には、比すべくもないレベル。

かなりテンションが下がる。
あまりに下がった為、フロアの女の子に聞くと
セラミック焼きがウリだと言うのでシーフードグリルを取ってみた。
a0023740_22232244.jpg

ちょっ!
少なっっ!!( ̄□ ̄;)



しかも、セラミックの温まりが弱くて
ムール貝も生焼けで気持ち悪い温さ。
さすがにこれはセラミックを交換してもらったけど
ちょっと酷いんでないの?

3人とも、かなり凹みながら車で宿の駐車場に入った。
そして、食べ直したいと言うことで
スーパーでそれぞれ、夜食を買い込んで帰る。
アタクシはサラダと、明日の朝食を買った。

帰り道、ちょっと気になってホテルの裏を歩いて帰った。

実は、昼にホテルを出た時の話だが
路肩に座って号泣している女の子がいた。
ちなみに、号泣とは
[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって―する」
(デジタル大辞泉)

ここ10年ほど、テレビでは涙ぐむだけで

大号泣!


と出るのは、流石にお爺ちゃんには不自然に映りますよ?

で、この女の子は本当に大声を上げて号泣していた。
一度、車で通り過ぎたのだが、どうにも気になる。
声をかけるのもナンパみたいで、気に入らないが
このまま通り過ぎるのも、後味が悪い。

路肩に車を寄せる。
全く、お人好しもいい所だ。
自分に舌打ちしながら、女の子のそばに行く。

「どうかした?手伝えることはあるかい?」

しゃくり上げながら、顔を上げた女の子。アジア系だ。
どうも韓国か中国系と思われる。

涙でグシャグシャの顔で頭を振ると、又、顔を伏せて大声で泣き始めた。

号泣には大別すると二種類ある。
一つは悲しみの深さに心が耐えかねて、叫ぶ時。
もう一つは、特定の人に対して同情を引く為にアピールをする時。

彼女のリアクションから、前者では無い事がわかった。

「お大事にね。」

と一声掛けて車に戻る。
目の前に停まった幼稚園の送迎車と、反対側の歩道を歩く女性も
何事かと見守っていたが、やり取りを見て興味を失ったらしい。
一斉に動き始めた。
アタクシも背後で泣き喚く声が遠ざかるのを聴きながら、ハーバーに向かったのだった。


で、夜22時を過ぎたこの時間にいたら
それはそれで、ただ事ではない。
念のため、見に行ったのだけれど、いなくなっていた。

どうやら、アピールが通じたのか、諦めて他の方法に変えたらしい。
取り越し苦労だったが、何も無くて良かった。

部屋に戻ると、買ってきたサラダを食べて
ティーバッグのカモミールのカップを片手に、テラスで音楽を聴きながら夜風に当たる。

やれやれ。
オークランドはもう、充分だな。
[PR]
by wan_chai | 2012-07-19 22:50 | 食べ物
<< イースターホリデー(4/11)... ホエール&ドルフィンサファリ(... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク