清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
咖喱牛肉面(1/1)@上海
仕事が終わったと、とよじさんから連絡があった。
a0023740_22404432.jpg

上弦の半月が桔梗色の夜空に浮かんでいる。



とりあえず、腹ごなしに昨日のカート場に向かった。
a0023740_22435251.jpg

4レース程、走った。

グリップの良い室内カートは沢山乗ると、腕がパンパンになる。
明日は筋肉痛だろうな・・・。

その後は気分に任せて、新年の街をふらふらと歩いてみる。
都会になったと言われる上海だが、まだまだ下町は多い。
a0023740_2245699.jpg

こんな所に空き物件があった。
ここに引っ越すかな?

街はすっかり休日モード。
どこの飲食店も早じまいで、食べる店も少ない。
仕方ないのでタクシーの運転手に聞いて、オヌヌメの店へ。
a0023740_22484910.jpg

祥和面館
長寧区定西路1235弄1号(安化路の角)

食券制のローカル麺屋で24時間営業していると言う。

おすすめの二品を取ってみた。
a0023740_22524224.jpg

咖喱牛肉面 6.5元(約80円)
まぁ、普通。想像の域を超えていない。

a0023740_22542570.jpg

辣肉面 8元(約100円)
これは拌面と言う、和え麺タイプ。

日本でも拌面は油そばと言う名前で何度かブームになりかけた事があった。
元祖は一般に武蔵境の珍々亭と言われている。
これが1958年。あれ?アタクシご生誕のはるか前ですよ?

その後、ぶぶか等 油そば専門店が出てきて第一次ブームになったのが
1995年頃(1994年にぶぶかは創業しているが、屋台だった)
この時点ではキワモノ扱いで、みんな新しい食べ物と言う感覚が強かった。

そして、2007年に大崎にあった六厘舎の弟分としてジャンクガレッジがオープン。
ちょっとイメージが悪くなっていた油そばと言う名前を捨てて
まぜそばと言う新ジャンルを開拓した。ここが第二次ブーム。
この頃、All Aboutでもブーム到来を告げている。

が、現在に至っても業界の異端児的な存在で
油そばに至ってはなぜか、ご当地の様な存在の高田馬場以外では殆ど人気がない。
油そば大全

どうして日本では和え麺が受けないのか?
つけ麺は今や、人気のラーメン店でも定番として受け入れられているのに
油そばをメニューに入れた途端に、ガッカリ感が漂う。なぜだろう?
個人的な感想としては油そばで美味しかった経験が無いと言うのが致命的かもしれない。

食後は、面館の向かいにある同じ店の食堂へ入った。
a0023740_2315147.jpg

番茄炒蛋(トマトと卵炒め)。定番。
アタクシもよく、自宅で作ります。

a0023740_23165353.jpg

水餃。

この店に入った時、周りに酔客が多く
隣のテーブルでは大騒ぎした挙句に床にリバースするオサーン登場。
最悪だ(-_-;)

店の女将が
「ほんと、最低の客よ!良かったら、あっちの席に替わりますか?」
と聞いてくれたので、移動させてもらった。
こう言う、気の利く女将のいる店は良い店が多い。

食後はタクシーで宿に帰り、とよじさんとお別れ。
飲み物をコンビニで買って帰る。
a0023740_23202858.jpg

とよじさんと別れた場所、考えてみると随分多い。
最初が広州、次が長安(広東省)、東京、台中、福岡、そして上海か。
色々食べたなぁ。

そして、部屋の電気を消すと
ブツブツブツブツブツブツブツブツ



眠れNeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!
[PR]
by wan_chai | 2012-05-27 23:27 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/15426397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoyatola at 2012-05-28 00:21
油そば、そういえば一時話題になってましたね。
って、1958年のことじゃないですよ(`・ω・´)キリッ
私は和え麺の方が好きだなぁ。日本の油そばは未踏ですけどね。


>とよじさんと別れた場所、考えてみると随分多い

何度も別れてはヨリを戻すカップルって時々いますよね。
Commented by wan_chai at 2012-05-28 19:25
よやとらさん こんばんは~^^
そうですよね。
1958年では、油そばを食べるにはちょっと、お年が・・・。

油そばは、ラーメン業界で定期的に起きる
新しいムーブメントを求めていた中の一つですね。
「冷やし」と「つけ麺」とは違って美味しくなかっtモガッ

最近のニューまぜ麺は魚粉(節粉ですが)と
マヨネーズでかなりパワーアップしています。
一度は行かないといけないと思うのですが・・・


ってちょっ!!
誰が別れたカップルですか!
まだ別れてませんから♡
(´∀`*)ポッ
Commented by とよじ at 2012-05-29 23:52 x
(´∀`*)ポッ 

考えてみるそうですね☆今後ともよろしくお願いします☆←別れるではない

食堂、今では結構行く頻度高いフェイバリットとなっております!

麺、ワンチャイさんと動くようになってから何かと他の方ともご縁が多い麺紀行(笑)今は上海のうどんや近い麺、日系麺職人がつくる製麺屋さんなどアンテナが広がっとります(笑)不思議☆
Commented by wan_chai at 2012-05-31 00:04
とよじさん こんばんは~^^
あの食堂、飛び抜けた良さが無いですが
そこが飽きない秘訣かも知れません。
あの老板がいる限り、あそこは良い店ですね^^

アタクスィ、まだまだ麺は素人同然ですYO
<< 蟹の行方(1/2)@上海 牛と羊(1/1)@上海 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク