清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
通常営業
スマトラ沖地震関連の情報も随分出て来るようになり
心配していましたkaonoiさんロタさんもご無事の様ですので
通常営業に戻る事にします。

史上最悪の津波被害となった今回ですが
セイシェル等、まだまだ情報が上がってこない小国でも甚大な被害が予想されています。

日本はメディアよりインドネシア・スマトラ沖地震情報BLOG(邦人情報が充実)やCODEスマトラ沖地震津波NEWS
CNNBBCABCREUTERS共同通信の方が早くて正確です。

日本のメディアは外電の焼き直しばかりで
kaonoiさんが書かれている通り、迷惑な電話取材といい加減な取材内容が多くて
全くあてになりません。何の為の支局なのでしょう。

改めて被害者の方々のご冥福をお祈り申し上げます。

12月29日
REUTERSでついに被害者10万人を超える可能性が報じられました。

追記:ロタさんはご無事でしたが近しい方々を失われたとの事でした。
    TBさせて頂き、お悔やみを申し上げます。
    TB from 世界中の人が…
[PR]
by wan_chai | 2004-12-28 01:00 | その他 | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/1484090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Cafe De Bang.. at 2004-12-30 01:24
タイトル : 世界中の人が…
Excite エキサイト : 主要ニュース 皆様、ご心配をおかけいたしましたが、私は無事にバンコクに戻ってまいりました。 津波の当日は、インドネシアのバリにいましたが、バリはスマトラからは遠く、 特に地震も感じずに被害はありませんでした。 本当は、バリで年越しをする予定でしたが、余震を恐れて、 早めにバンコクに戻ってまいりました。 今夜のタイ国際空港はもっとパニックになっているのかと思いきや、 閑散としていましたが、国内空港の方はもっとプーケットや南部から 来た人たちであふれて...... more
Commented by shinmyo_y at 2004-12-28 11:00
ワンチャイさんの情報、非常に助かりました。
つい先程、プーケットの知人と連絡がとれました。
宿泊のホテルはクローズ、前日に行ったレストランは跡形も無し。という状況みたいですが、とりあえず無事で本日夜、予定通り帰港のようです。
小さいお子さんがおられるのですが、トラウマにならないことを祈ります。

そして、被害者の方々には、改めてご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by wan_chai at 2004-12-28 17:51
まさじぃさん こんばんは
知人の方、ご連絡が取れて良かったですね。
海外在住の方々への一助にでもなればと思っております。

日本人学校関係者数名も未だ不明という情報がありました。

ここに来て、最終的な被害者は7万人を超えるという観測も出始めております。

2次災害を含めて更に事態は悪化が予想されます。
各国(特に日本政府)の迅速な対応と共に
これを教訓として、世界レベルの津波警戒態勢の確立を切に望みます。
Commented by eatbangkok at 2004-12-29 11:47
ご心配をおかけいたしました。TBいただきありがとうございました。
こちらバリでは、海外メディア等でしか得られませんが、日に日に犠牲者の数が増えていて、恐ろしいです。まだまだ全貌が明らかになっていないので、本当にどれくらいの被害が出ているのか…。これからの余震が心配です。
Commented by wan_chai at 2004-12-29 12:43
ロタさん、本当にご無事で良かったです。
被害の全貌は、当分わからないですね。
何しろインドネシアは人が住む島だけでも6千
種族は300。言語は200。
島ごと壊滅している所は、被害そのものがわからないでしょう。

マスコミでは7万以上、2次災害で同じ位の犠牲者を予想している所もあります。
恐らく、水溜りで蚊が発生してマラリアやデング熱の危険性が高まってくるでしょう。

余震もまだまだ油断できませんね。
どうぞ、お気を付け下さい。
Commented by penang8 at 2004-12-29 18:29
こんにちわ。私もCNNやBBCを見るにつけ、胸が潰れそうです。本当に悲しいです。お友達の方々がご無事で良かったですね。私も明後日辺りから通常の記事に戻りたいと思ってます。
Commented by とり梅 at 2004-12-29 21:06 x
おじゃま致します

コメントを戴きまして有難う御座いました。

私も阪神淡路大震災の被災者の一人といたしまして次から次と災害が起こる度に当時の辛さ悲しみをおもいだします。

この度のスマトラ島沖地震を初めとする新潟県中越地震、台風23号の被災地、の皆様には心よりお見舞いもうしあげます。

一連の災害で感じますことは、自然の驚異には人間がいくら英知を絞り対策をこうじたところで所詮は、勝てないと言うことですね。

勿論対策を諦めてなにもしないと言う意味ではなく、対策は対策としてしなければならないと思います。
が、我々人間どもがもっと謙虚になり地球温暖化の問題を初めとする将来の地球のためにやるべきことが沢山あると感じさせられます。

おっちゃん
Commented by wan_chai at 2004-12-30 00:30
penang8さん こんばんは
今日のロイターでも最終的に10万人超という数字が出ていました。
100人を超えると、数字にリアリティが無くなってしまいますね。

私は現実の遺体の山を見たら、暫く立ち直れないでしょう。

これからもPenangの楽しい話題を楽しみにしております。
Commented by kaonoi at 2004-12-30 00:35
シンガポール絵日記のkaonoiです
トラックバックありがとうございます

マスコミの仕事も理解できるつもりでしたが
あまりに無神経な電話に接して、ちょっといらだちました

こちらでは、近くのカオラックやピーピー島などの被害が大きかったようです

幸いなことに、こちらプーケットでは順調に復興へ向かっておりますが
より大きな被害があった地域の方のことを考えますと
胸が痛くなります

ご冥福を祈りしたいと思います
Commented by wan_chai at 2004-12-30 00:42
おっちゃん(さん?^^) こんばんは
確かに起きてしまった事は仕様が無いと思います。
天災なのですから。

ただ、この大惨事から何を学ぶかが大事だと思います。

日本も阪神淡路や奥尻島の後、様々な耐震補強を行ったり
全国レベルでの津波警報システムを拡充したりしました。

天災は防げませんが、被害を最小限にする対策はやはり大事だと思います。
今回も津波の知識があればインド・スリランカ・タイの数万人は助かったかも知れません。

しかし、確かに昨今の天災の多さからは何か考えさせられてしまいますね・・・。
Commented by wan_chai at 2004-12-30 00:47
kaonoiさん こんばんは
中越地震の時もそうでしたが、日本のマスコミは被害者に害こそ与えても
何一つ役に立つ事はしない存在だと思います。
ジャーナリズムって何だろう?と考えてしまいますね。
彼らの意識と教養の低さに起因していると思いたいです。
ジャーナリズム自体は必要なものなのですから。

とまれ、ご無事で本当に良かったです。
書き込みを拝見して、モニタの前で思わず安堵の息をつきました。
<< 地铁开通(地下鉄開通)@深圳 スマトラ沖大地震続続続報 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク