清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
Asador LA GALERA(9/28)@Mendavia
SEATは南に進路を変えて、山間部を走るA-15を駆け抜ける。

既に約束の時間は過ぎている。
サン・セバスティアンから目的地のMendaviaまでは160km程度なのに
SEATのベースとなるAudiはスタビリティ重視なので
コーナーの多いこの辺りの道では、それほどペースが上げられない。

後半の直線道で一気にペースを上げて1時間半ほどで村はずれに到着した。
a0023740_16473588.jpg

ここで迎えの車を待つ。



程無くやってきた迎えの車の後を走り、小さな街のレストランへ。
a0023740_16484729.jpg

Asador LA GALERA
Asadorは炭火焼のお店を意味する。

にこやかに迎えてくれた美女について、店内へ。
なぜかアシスタントは心持ち不機嫌な顔だ。

ここはナバラ特産の野菜を中心にコースを組み立てくれるらしい。
まずは
a0023740_16503854.jpg

ネギにバルサミコベースのソースをかけた物とフリット。

何のフリットか忘れますた←既に4ヶ月近く経過♡

続いて、ナバラ名物
a0023740_16523814.jpg

ホワイトアスパラガス。
これだけあったら、この一皿で30Euroは下らない。
それ程の高級食材である。

どれ、早速・・・と手を伸ばそうとしたら
隣の美女が微笑みながら、アタクシの手を優しくつかんだ。

「これを使うのよ。」

a0023740_16543582.jpg

卵黄に岩塩をまぶした物だ。
これを、手元の皿に落としてフォークで潰す。
a0023740_1655948.jpg

なんだか汚らしいですよ?(+_+;)

「そうしたら、アスパラを半分にカットして・・・」

あれ?
何で彼女の言っていることがわかるんだろう?
もしかして、スペイン語が上達したか?

「手で摘んだら、つけて食べてね。」

あ、何だ。
彼女は英語で話していたのか。
英語が全くわからないアシスタントが不機嫌そうに見えたのは、そういう事らしい。
それにしても、そんなにスネる事も無いだろうに・・

日本を含むアジア圏はともかく
ヨーロッパで手づかみで食事を食べるのには凄い抵抗がある。

「この料理だけは、手づかみでも失礼にならないのよ。」

と、ちょっと恥ずかしげにニッコリ。
なぜか、それを日本語でふてくされ顔のアシスタントに伝えるアタクシ。

続いては
a0023740_16594161.jpg

そら豆の小さな物に、透き通る豚バラ肉を載せた物。
この、小さなそら豆
スペインではよく見られる食材だけど、不思議と日本では見かけない。
なんでだろう?美味しいのに。

そして、やはりナバラ名産の
a0023740_1715729.jpg

鹿ピキージョ。
これをどうやって使うかと言うと・・・
a0023740_1721645.jpg

炭火で柔らかく焼き上げたステーキに載せて、一緒に頬張る。

この、ヨーロッパで食べる牛赤身の深い味わいは
脂身の塊を食べているかの様な和牛と違って
全く飽きることが無い。

ピキージョの程よい甘味と酸味が、更に肉の旨みを引き立てていて
この上もなく旨いのである。

もう、とっくに胃袋のキャパオーバーなのも忘れて、貪り食うアタクシ♡
あまり、肉は好きでは無いけれど
美味しい肉なら例外。

日本ではヨーロッパの牧草牛は硬くて不味いと言うのが常識的になっているけれど
適切な熟成を進めた牧草牛の赤身肉がもつ力強い旨味からすると
和牛の味は脂に頼りすぎており、肉自体は力不足で不健康な味に過ぎない。

この辺りが、日本の食肉文化の浅さを顕著に示していると思う。

もっとも、赤身肉をミディアム以上に焼いてしまうと
固いだけのゴムみたいな食べ物になるのも事実だったりする・・・(+_+;)

食後は
a0023740_17103987.jpg

シェフの奥さん手作りのお菓子(これも、驚く位に美味しかった)

それと
a0023740_1711396.jpg

Cuajada(クアハーダ)

これ、ヨーグルトともプリントも違う。
濃厚なミルクの味で、蜂蜜をかけて食べる。
日本では見たことがないデザートだ。

さて、このレストラン
どれを食べても美味しかった。
正直な所、スペインに美味しい物はそんなに無いと思っていたけれど
ここで考えを改めた。

ナバラ料理は美味しい。

それにしても、ここの野菜料理は全て缶詰と瓶詰めがベースである。
なるほど、こうやって使うのか。

おっと、いけない。
工場見学もあるのだった。
ナバラ美女と一緒に工場へと向かった。
[PR]
by wan_chai | 2012-01-14 17:20 | 食べ物 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/14420065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bossma30 at 2012-01-14 17:58
>ヨーロッパの牧草牛は硬くて不味い
食べたことないからなぁ・・・
日本で食べられるところあります?
Commented by wan_chai at 2012-01-14 18:45
bossmaさん こんばんは~^^
ヨーロッパからは、BSE等での輸入停止もあり
現在は殆ど輸入がありません。
オージー・ビーフは殆どが牧草牛(Grass fed)ですが
個人的感覚だと、日本で食べるオージー・ビーフは
あまり美味しい物に当たった事がありません。
穀物牛(Grain fed)は北米牛と殆ど同じ味です。
むしろ、北米よりも美味しい位かも。
Commented by toramaman at 2012-01-14 19:07
にゃんか 懐かしい ホワイトアスパラガス…
わたすだったら マヨネーズで ガブッ といきたいとこですが
美味そうでごわす ̄◎ ̄
その下の納豆にも…  そそられますわΛΛ
Commented by xxayoxx at 2012-01-14 19:28
ネギにバルサミコ、惹かれますぅ~。
卵の黄身にまみれたホワイト~を手で食べる??(´・_・`)
食べにくそうなんですけど、、、。ホワイトアスパラ大好きだけども。。。
このホワイト~、かなり太めかしら?日本の瓶詰めのホワイトよりしっかりしている様に見えるような。。。
最後の焼き菓子は、ココナツがふりかけてあるのです?
お砂糖?
Commented by tanukidaponta at 2012-01-14 19:54
白アスパラバス、かなりの年季ものと見たポンが、実はこのくらいの食材だったら、ミャンマーでも調達可能ポン~~

と、思ったら、缶詰、瓶詰の類ポン??

そもそも、この地域では栽培していないものポン??
Commented by wan_chai at 2012-01-15 00:13
寅母さん こんばんは~^^
スペインもマヨネーズやオリーブオイルが標準です。
さすがにレストランだし、一工夫したのでしょうね。

納豆・・・では・・なかった・・・様な・・
Commented by wan_chai at 2012-01-15 00:15
ayoさん こんばんは~^^
味はちょっと忘れてしまったのですが
甘味の強いネギに甘いビネガーソースなので
ちょっと別の味を入れたくなった記憶があります。
ちなみに、ホワイトアスパラは
手で摘んで卵の黄身を掬って食べます。

日本の瓶詰めはほぼ全てが中国製です。
太めの物もありますが、あまり好まれないんですよね・・・
最後の焼き菓子、ココナツではなかったと思います。
うーん、味が思い出せない(+_+;)←既にスペインは忘れてる
Commented by wan_chai at 2012-01-15 00:18
狸田所長 こんばんは~^^
このホワイトアスパラは瓶詰めポン~
どうやらスペインは生野菜を使う機会が極端に少ないみたいポン。
勿論、特産なので地元で作ったアスパラポン。
工場には生で搬入されていたポン。

ミャンマー産の瓶詰めも作ればマーケットはある筈ポン。
Commented by petapeta_adeliae at 2012-01-15 12:29
ホワイトアスパラの生は、スペインのブロ友さんから教わって作った
ヴィナグレットソースで食べるしかしらなかったので、おおって
雄叫びが上がるか上がらないかと云う矢先に、ピキージョをステーキ・・
んっピキージョ? エスかリバーダと他人? 見ための違いがわからない??
スペイン料理の先生からタパスのコースを4回足したとメールが
きて、来春でいいやと思っていたけど、wan_chaiさんちに来てみて
やっぱり今春に行きたくなったワ♡←wan_chaiさんにでなくて
タパスですから。。。^^

Commented by wan_chai at 2012-01-15 13:47
そーにゃさん こんにちは~^^
えーと、生のアスパラは1本も食べていないんですが・・・
エスカリバーダって初めて聞いたのですが
調べたら、カタルーニャの焼き野菜の事みたいです。
カタルーニャは一度も行っていないので、詳しくはわかりません。。

ピキージョは、スペインの投稿で何度も登場している
赤ピーマンの様な物の事です。
ナバラの名産です。
Commented by carambola at 2012-01-15 15:39
うっ,黄身で食べるホワイトアスパラガス
すごく美味しそうだ~!
ちょっと強めに炙ったベーコンもあると
もっと嬉しい(^ム^)

以前でてきた野菜料理のお店より,
こっちの方がよっぽど野菜料理っぽい(笑)
Commented by kaonoi at 2012-01-15 21:16
いや~ ネギは素直に串焼きで食べたいっすねぇ
なんでわざわざ酢をかける?

しかし、地元野菜を缶詰瓶詰め…って言うのは すごく理解しがたいです
生鮮の流通が遅れているわけでもないでしょうに・・・?

ちなみに オージービーフですが 日本で食べる方が
豪州で食べる数倍も美味しいのは何故でしょう (素朴な疑問です)

Commented by Shira at 2012-01-15 22:06 x
うわー。どれもすごくおいしそうです。
日本での牛肉の評価はあいかわらず
「柔らかいか硬いか」
が第一なような気がします…。

西洋では鉄の四本熊手のほうが文化的なんですね。最近首都圏に増えてきた南インド料理ではいつも手で食べていて、すっかり癖になってしまいました…。
Commented by Annepa at 2012-01-15 23:34
さすが食品専門家でいろいろなものを食べてますね。
て いつのまにか無芸小食になってるし??

ところでいつになったら表題のHK CHAINA ASEANに戻るんでしょうね(笑)
Commented by とよじ at 2012-01-16 01:51 x
透明の三枚肉気になりますね・・・ってホワイトアスパラってそんなに高級品なんですか。。。←家楽福で30RMBの瓶しか買わないレベルな人

やらせっぽくない「しずる感」がなんともヨーロピアンに感じられます^^
Commented by marunyanpekenyan at 2012-01-17 11:06
うっ,黄身で食べるホワイトアスパラガス
すごく美味しそうだ~!②
アスパラ大好き▽にゃが乱入しそうだ~
 あのぼやけてる のおしかちゃんで鹿ぁ?
Commented by wan_chai at 2012-01-17 21:50
鯔さん こんばんは~^^
ベーコンってそう言えば、スペインでは見ない食材ですね。
アメリカの料理って感じになると思います。

確かに、Asadorのイメージはメインだけで
よっぽど野菜料理っぽいですね・・・
しかも、こっちのが安いのに遥かに旨い。。
Commented by wan_chai at 2012-01-17 21:53
かおのい師匠 こんばんは~^^
やはりびん詰なので、焼いたり煮たりできないとなると
ソースを掛ける以外に手をかけようが無いんでしょうね。
彩りも考えてこのチョイスだと思います。

生野菜は本当に食べないですねぇ。
サラダだって焼き野菜だけでした。
文化でしょうね。

日本のオージービーフ、実は穀物牛も結構あるので
そのせいもあるかも知れません。

しかし恐らく、一番の理由は
日本向けの牧場では日本人が好む飼育をしているからかも。
オージーが好む味は国内消費向けに回っていると思います。
Commented by wan_chai at 2012-01-17 21:59
Shiraさん こんばんは~^^
実はそれって核心を突いておられます。
「柔らかくておいしい!」って発言は多いですが
「固くておいしい!」って、言わないですよね。
「噛み応えが強い」って言うと、ネガティブに捉えられます。

スルメも煎餅も、何もかもが歯ごたえが無くて
固い物好きのアタクシには
昨今の日本の食べ物は老人食みたいで残念です。

くつわとか、顎が筋肉痛になる様なお菓子が
無性に食べたいです♡
Commented by wan_chai at 2012-01-17 22:00
Annepaさん こんばんは~^^
あれれ、相変わらずAnnepaさんには
ヨーロッパ編が不評ですね・・・。
もう少しで終わらせます(+_+;)
Commented by wan_chai at 2012-01-17 22:03
とよじさん こんばんは~^^
これ、食べている時はへぇって感じでしたけど
帰って調べても全然情報がなかです。
一体、何だったのか・・・
味は結構しっかり出ていました。三枚肉ですからね^^

スペインでも中国産のホワイトアスパラは3Euro位です。
隣にナバラ産が15Euroで並びます。売れています。驚きです。

この牛ステーキ
どうやらとても手間をかけて焼いているらしかです。
旨かったとです・・・。
Commented by wan_chai at 2012-01-17 22:04
ままにらさん こんばんは~^^
まぁ、想像通りの味でしたが美味しいですね。
美味しい卵の黄身とスペインの岩塩って、そりゃぁ・・・。

鹿は丁度良く焼けた様です。。
<< 古都へ(9/28)@Soria 鴨(9/28)@Bera >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク