清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
Night drive with SEAT EXEO(9/27)@Pamplona
今回は日本に入っていない車にしようと思っていた。
そこで、スペインのSEAT EXEOをチョイス。
a0023740_2149041.jpg

・・・。
何だか、雰囲気がスペイン車っぽくない。

乗ってみる。
あれ?
この感覚、アウディそっくりですよ??

改めて、リア周りを見てみると・・・
a0023740_2150164.jpg

Audi A4 Avantと同じじゃないですか。

改めて調べると、果たして中身は旧A4そのものだった。

今回は長距離なのでディーゼルターボにした。
と言うか、ヨーロッパのレンタカーはM/Tのディーゼルが標準的スペック。
ナビをセットして、商談を終えてきた岡さんと、そのアシスタントも乗せると
一路、北へ向かう。

実は、この時点で目的地はサン・セバスティアンだった。
フランスに隣接するサン・セバスティアンはスペイン有数のグルメタウンで
世界の食通憧れの地でもある。

このトゥデラからは約190km。
平均200km/hで走れば1時間弱で着ける距離だ。
a0023740_21575112.jpg

車を借りたのが19時。(実は翌朝からの予約だったのを、前日からサービスして貰った)
出発したのは20時過ぎだった。

高速はピレネー山脈に沿う形で意外にペースを上げられず、平均160km/hしか稼げない。
途中のパンプローナを通過した時点で時計は21時近くを指していた。
殆どのレストランは22時を回ると閉まってしまう。

このままだと、サン・セバスティアンに着いても殆ど何も食べられない・・・

と言う訳で、急遽パンプローナに目的地を変更する事にした。
こういう点で、全くこだわりが無いアタクシです♡




パンプローナと聞いて思い出すのは牛追い祭りである。
毎年、7月に行われるSanFerminと言う祭は、この街を真っ赤に染め上げる。
その会場ともなる、旧市街へ向かった。
a0023740_2223477.jpg

BARが沢山並んでいて、とてもいい感じ(♡o♡)

まずは、賑わっている一店に入ってみる。
a0023740_223986.jpg

ここの店内には、SanFerminの写真が沢山並んでいて
祭の興奮の一端が垣間見える。
a0023740_2234997.jpg

どうも、あちこちのBARで盛り上がっていると思ったら
この日はAJAX(オランダ)とバルセロナの試合だったらしい。
マドリッド対バルセロナの対戦でも殺気立つスペイン人達。
海外チームとの対戦ともなると、全員で目を血走らせている。

こっちはと言えば、腹がへったので片っ端からピンチョスをつまむ。
angula(鰻の稚魚)
a0023740_2264620.jpg

卵とクロケット
a0023740_2271873.jpg

キノコをガーリックとバターでソテーした物。
a0023740_2274652.jpg


次は2軒目。
ここのピンチョスは何かのAWARDを受賞したらしい。
a0023740_2282424.jpg

見た目は地味だけど・・・味は、まぁまぁ美味しかった。
多分。

3軒目はハモンのBAR。
a0023740_2285857.jpg

当然、鹿肉ハモンを貰う。
a0023740_2291786.jpg

どうして、日本ではハモンの美味しさが理解されないのだろう・・・。
結局、肉食文化が浅いからなのかも知れない。

帰りは酔っ払ってぐったりした3人を乗せて、45分でホテルへ到着。
アシスタント二人を送ろうとした所、ホテルのフロントマンに

「Sir!新聞見ましたよ!」

あはは・・・。←地方紙にインタビュー記事が載ったので、朝から各社で言われた人

「僕、一度日本に行った事があるんです。素晴らしい国ですよね。
 嗚呼、思い出すだけで幸せがこみ上げる・・・」


思わず全員で顔を見合わせる。
明日は早起きなので早く寝たいんだけど。

「あの寿司を食べるためだけにでも、今すぐにでも日本に行きたいんです!!」

・・・。

結局、夜勤で暇だった彼(彼は、とてもいいヤツだと思う)
の日本に対する熱い想いを40分も聞く羽目になった我々。
午前1時半にようやく、アシスタントを送って部屋に向かった。

岡さんと苦笑いしながら

「最後が一番疲れましたね・・・。」

部屋に入った瞬間、意識を失いそうになったが
慌てて、荷造りを済ませる。

明日はキツいな・・・(+_+;)
[PR]
by wan_chai | 2012-01-07 22:22 | 食べ物 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/14356595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoyatola at 2012-01-07 22:37
アタクシは一人肉食文化です。この島国で(涙)
魚介類がキライで、道産子なのに子どもの頃はまともに食べられるのが
シャケ(サケ)くらい。←北海道のクマと同じ味覚。
あとは筋子とカニがやっとでしたね。

駅風呂にログインした途端にこの記事がUPされますた。
我ながら肉の匂いに異常に敏感なのには驚きます(-_-;)
Commented by tanukidaponta at 2012-01-07 23:00
>あの寿司を食べるためだけにでも、今すぐにでも日本に行きたいんです!!

インタビュー記事を見て、寿司を食べたいって、わんちょいさん、寿司でも握ってたポン?
http://hkchina.exblog.jp/6415600/
Commented by kaonoi at 2012-01-08 11:11
生ハム自体が特殊なものと思われているからでは?
(メロンと以外は食べないもの…とか)
まぁ、他国の食文化には口を出さない主義なので・・・

今日も腹一杯尾の身が食べたいなぁ < 破産します
Commented by Annepa at 2012-01-08 16:12
スペインのBARって、おいしそうなものがいっぱいありますね(^◇^)
でも、生ハムはねぇ。。。
日本人の味覚に合わないんじゃないのかな・・・
Commented by Nong-Khai at 2012-01-08 22:55 x
鯰ってのが凄いですね!
ヨーロッパでも食べられてたってのに驚きです。
Commented by petapeta_adeliae at 2012-01-09 00:00
>BARが沢山並んでいて、とてもいい感じ(♡o♡)
白い服のお嬢さんじゃないの??
本場のバールいいなぁー。それも梯子だし。
ハモンの美味しさ十分に浸透していると思いますが?!
スペイン料理もバールもこの3年で随分と増えたと思います。
それとも日本のバールはwan_chaiさんを満足させてないのかな?
おしかちゃんみっけ!
Commented by marunyanpekenyan at 2012-01-09 10:55
○`・ω・{あ}{け}{お}{め}・ω・´○
ことよろヨロヨロ
今年はおしかちゃん居ないのかと思ったら
居たぁ~!
Commented by xxayoxx at 2012-01-09 12:20
お肉食べないayoでも、、、日本で見るクニャーとした生ハムよりは、
イベリコ豚ちゃんのハモンの方が熟成されていて、旨味はUPされていることくらい見てわかる。。。魚もそうだけど、熟成させている←特に赤身
って事に日本の食文化はまだおいついてないのかな?と
ふとおもう。
新鮮=んまい、みたいな。
もち、新鮮=んまい、ものもあるけどねぇ。メロンに生ハム、、、この組み合わせ、、、今はあまり見かけない気がする。←お肉食べないayoですが_| ̄|○
あー、白豚さんの生ハムばかりが日本ででるからでない?
Commented by wan_chai at 2012-01-09 15:55
よやとらさん こんにちは~^^
日本は肉食禁止の時代が長かったので
鶏肉を除いて、近代に入ってからの料理ばかりなんですよね。
現代は肉を食べる割合こそ、確かに多いのですが
文化的には海外にかなり見劣りします・・・(+_+;)
Commented by wan_chai at 2012-01-09 15:56
狸田所長 こんにちは~^^
懐かしいお寿司キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

えぇ、シャリシャリサーモンとか握っちゃいますよ?
って、シャリも無いんですけど・・・(ToT)
しかもラオスだし。。。
Commented by wan_chai at 2012-01-09 15:59
かおのい師匠 こんにちは~^^
以前は、それもあったと思うのですが
今や、生ハムは回転寿司のネタでも人気上位ですし
コンビニでも売っています。(こちらも売れ筋)

でも、国産の熟成していないインチキ生ハムばかり・・・。

尾の身って初めて聞きますた。
美味しい鯨肉を食べたことが無いので、気になります。
が、一生無理っぽい価格帯の様で(+_+;)
Commented by wan_chai at 2012-01-09 16:00
Annepaさん こんにちは~^^
うーん、マドリッドからずっと見ても
BARには美味しい物が少ないですねぇ。

日本人も食べ物に興味がある人とない人で
大きく二極化していると思います。
前者の中では、とても人気なのですが・・・
Commented by wan_chai at 2012-01-09 16:01
Nong-Khaiさん こんにちは~^^
正直、アタクシも驚きです。
鯰ではなくて、鰻だと思っていたのですが・・・
Commented by wan_chai at 2012-01-09 16:10
そーにゃさん こんにちは~^^
日本市場でも生ハムは売れていますが
大半が国産のインチキ製品です。
本物は極めて限られた市場になっています。

実際、食べ比べさせてもパルマのプロシュットの方が人気で
熟成が進んだタイプは評価されにくいです。

良い、悪いでは無く
日本は肉の味がわからない人が多いと思います。

日本のバル、スペイン料理・・・
確かに満足する店に当たったことありません。。
と言うか、高くて殆ど行ったことありません

il||li _| ̄|○ il||li
Commented by wan_chai at 2012-01-09 16:10
ままにらさん こんにちは~^^
あけおめです!
今年もいます。
今の所は・・・←面倒なのでやめようかと思ってる人
Commented by wan_chai at 2012-01-09 16:16
ayoさん こんにちは~^^
魚の熟成に関しては日本人は世界でも有数の鋭敏さがあります。
いや、ありました。

例えば、鰹節なんかはカビ付けして水分を飛ばして熟成するので
ハモンに近い熟成をしています。(火入れしていますが)

と言っても、今やインチキな削り節やだしの素が主流ですが・・・

ちなみに、スペインではハモンとメロンはよく一緒に食べます。
メロンに限らないですが、肉料理とフルーツはよく合うので
ヨーロッパ全域で見られる組み合わせですね。

国産の大手メーカーが作る生ハムが不味いのは
白豚が原材料だからではなくて
インチキ製品だからです。
あ、それを言ったら肉加工品全部kゲフッ
Commented by kaonoi at 2012-01-09 16:44
そう言えば当地に赴任した96年当時
シンガポールではSEATをよく見ました
外車にまったく知識がなかった私はどこの車かもわかりませんでしたが
今思えば 親会社のVWより多かったと思います

まぁ2000年になる頃にはだんだんと見かけなくなっていったんですけどね
Commented by Nong-Khai at 2012-01-09 19:43 x
失礼しました、鯰では無く鰻の稚魚だったんですね(^_^;)
鰻のシラスってどんな味でしたか?
Commented by wan_chai at 2012-01-09 21:03
かおのい師匠 こんばんは~^^
SEATはかなり変遷の激しいメーカーで
FIAT時代、VW時代があるだけでなく
途中でスポーティーブランドに切り替えているんですね。
2000年代が、まさにチープな小型車から
スポーティーブランドへの転換点だった筈です。

その割に、スポーツカーは無いのですが(-_-;;)
Commented by wan_chai at 2012-01-09 21:04
Nong-Khaiさん こんばんは~^^
あはは、マジボケですたか。
鰻のシラスはイワシの物よりしっかりした味があります。
が、やはり大人になってから食べた方が美味しい気がします・・・
<< 鴨(9/28)@Bera ピキージョ(9/27)@Tudela >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク