清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
ピキージョ(9/27)@Tudela
重い胃をさすりながら、迎えの車で工場へ。
丁度、近隣の農家がトラクターで搬入していた。
a0023740_22171816.jpg

Tudela名産のピキージョだ。
a0023740_22174416.jpg

新鮮なピーマンの香りがイパーイ♡
ピキージョとは、前に説明した通りこのあたりで採れる赤ピーマンの様な野菜。

隣では轟々と音を立てて、薪が焚かれている。
表面を焦がして、皮むきをする為だ。
家庭料理でも天火で炙るけど、工場でもやることは同じらしい。

さて、搬入風景も見たことだし

そろそろ帰ろうか


"/(;-_-) イテテ・・・

アシスタントに耳を引っ張られて中へと向かう



ピキージョの大きさを手で選別している。
a0023740_22203495.jpg

なんだか焦げ臭い?

見ての通り、殆ど全てが手作業。
ソースに至っては・・・
a0023740_2221291.jpg

工場内の厨房でおばちゃんが鍋を使って料理していますよ?
小学校の給食室より家庭的。

よく、誤解されているけれど
スペインの食品工場は、殆どがこういう感じで手作りをそのまま大規模にした物が多い。
中国は大量生産の自動化ラインで、人の手を使わない部分が多かったり
金属探知機やUVなどで厳密な衛生管理をしているが
ヨーロッパ、特にスペインでは殆ど見られない。

缶の蓋締めも手作業。
a0023740_22233564.jpg

こうして出来上がった缶詰。
a0023740_22241311.jpg

「では、試食しましょう。」

ウゲー(ToT)
a0023740_22245533.jpg

日本製の旨み成分と塩分過多な商品と比べてしまうと、あっさりしすぎている。
野菜の煮込みにエビと魚介で作ったストックと
トマトや香味野菜に塩程度の味付け。

胃には優しいけど、日本では無理だわ。
グルソー50g位入れれば、美味しいって言われるかも。

ちなみに、ランチで行ったレストランもこれを使っているらしい。
サン・セバスティアンにある有名店も使用しているとの事。
素材ではなく、缶詰料理をレストランが使うとは意外だ。

さて、お腹いっぱいだし帰ろうか←単なる食事に来ただけの人

帰り道に見た不思議な林。
a0023740_22283185.jpg

林全体が一本の木の様な枝ぶりだ。
この木何の木??

そう言えば、電柱も変だ。
a0023740_2229463.jpg

これ、倒れねーの???

いつもは運転しているから気が付かなかった。
とは言え、自分で運転しないのはここまで。
早いとこ、自分の車を取りに行こう。
[PR]
by wan_chai | 2012-01-04 22:33 | 食べ物 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/14329370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoyatola at 2012-01-04 23:17
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今年は年女のアタクシ、もう無理な「戦後感」を演出するのは
やめることにしました。かえってアダになるので(#・∀・)

>帰り道に見た不思議な林。

こんなヘアスタイルを見かけるような気がします。
ホンモノなのか、それとも隠ぺい体質なのか♡
Commented by tanukidaponta at 2012-01-04 23:26
おおっ!
これならば、ミャンマーの食品産業でも頑張ればOKポン~(笑)

お茶っ葉の漬物の缶詰を輸出するポン~(爆)
Commented by kaonoi at 2012-01-05 07:35
電柱が・・・ (笑)

タイのように多量のケーブルを載せちゃうと
一気に倒れてしまいそうな作りですね
Commented by petapeta_adeliae at 2012-01-05 12:35
あけましておめでとうございます

道場六三郎のヘアースタイルの様な林ですねぇ。
中国でもオートメーションなのにまるで、
家内工業の様ですよね。でもこの方がなんとなく
購買意欲そそられるかも。なんでだろう(?_?)
今年も宜しくお願いしますぅ。ぺこり
Commented by toramaman at 2012-01-05 19:24
あけおめ ことよろで ございます#__#

この木 なんの木?
こんなヘアスタイルしてる オヤジ っているよね?
Commented by xxayoxx at 2012-01-05 21:54
この缶詰は、、、食べていないのでわからないけれど、、、
あくまで、料理のベース、、、みたいなもの、かな。
似通った味が多いのは、、、こういう缶詰のせいだったりして?

この林、
匂いを感じます。少し埃っぽくて、乾燥した印象。侘しさのような、、、。←勝手なイメージ

Commented by kozancha at 2012-01-06 19:18
新年快楽!

缶詰の蓋締めも手作業ってどうやって締めるんですか?
う、ビール工場ばかりで缶詰工場に見学に行ったことないのでサパーリわかりません!
Commented by Annepa at 2012-01-06 23:25
おめでとうございます。
今回はどこにお出かけでしたか?
おしかちゃんは同行しましたか?
まったく記事と関係のない話でした(笑)
Commented by wan_chai at 2012-01-07 13:30
よやとらさん こんにちは~^^
あけましておめでとうございます。
ええっ?
そうなんですか。
還暦だったんでぶはぅぎあおぺおい

・・・。

この後、ヘアスタイル説がこんなに出るとは思いませんですた・・
Commented by wan_chai at 2012-01-07 13:32
狸田所長 こんにちは~^^
設備的に言えば、タイや中国の方がはるかに先進ポン~
但し、売れるものを作っているかとなると
現在のミャンマーは・・・没ポン~(+_+;)

ついでながら、日本人はとても偏見が強い人たちなので
欧米なら家庭的な工場でもOKポンが
途上国には日本以上の衛生水準を求められるポン・・・。
Commented by wan_chai at 2012-01-07 13:33
かおのい師匠 こんにちは~^^
いやー
これはケーブルがそんなに無くても
雨水が浸透したらフニャッと倒れそうです。。
えぇ、アタクシの砂場での経験上ですが♡
Commented by wan_chai at 2012-01-07 13:35
そーにゃさん こんにちは~^^
おお、ここでもう一人ヘアスタイル説が。。
しかも、道場六三郎さんとなると
アレですか。
小判帽子をかぶった・・・←それはヘアスタイルではない

今年もよろしくおながいします。
Commented by wan_chai at 2012-01-07 13:36
寅母さん こんにちは~^^
そして、ヘアスタイル説3人目。。。
確かに似ていますよね。

あ、あけましておめでとうございます。
今年もお世話になりました。

ん?
Commented by wan_chai at 2012-01-07 13:39
ayoさん こんにちは~^^
いや、ベースではなく
どうやっても完成された料理なんですよ。
ソースと素材も全部入っていて、いじり様が無いかも。

林って雑木林は似たような匂いがしますが
針葉樹林とか、特定の林は個性的な匂いですよね。
ここは・・・どうなんだろう???
Commented by wan_chai at 2012-01-07 13:43
kozanchaさん こんにちは~^^
新年快乐!
缶詰ですが、上に蓋を乗せて巻締の機械にかけます。
勿論、手の力で締め込むわけではないのですが
限りなく手作業ですね。
Commented by wan_chai at 2012-01-07 13:44
Annepaさん こんにちは~^^
おめでとうございます!
これはスペイン中部のTudelaという都市です。
と言っても、そろそろ出発してしまいますが^^

鹿は勝手についてきています。
えぇ、そういう設定ですが。。。
Commented by bossma30 at 2012-01-07 19:56
明けましておめでとう!
いつも思うのだけれど、
wanさんって乗り物を撮るのが、特に上手ですね
このトラクターといい、いつだったかのバナナ色のも素敵でした
Commented by wan_chai at 2012-01-07 22:24
bossmaさん こんばんは~^^
明けましておめでとうございます。
え?本当ですか??初めて言われました。
・・・って、メチャ見きれてますYO(ToT)←写真センスゼロの人
<< Night drive wit... Restaurante 33(... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク