清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
成都大熊猫繁育研究基地情報(8/15)@成都
8時の開園から40分くらいすると、
少しずつ(それでも20人程度)人が増えてきた。
a0023740_1526577.jpg

仔パンダ達は段々、ダレて動きが悪くなってきた。
やはり暑いからだろうか。

パンダ幼稚園の隣には生まれたばかりのパンダの赤ちゃんの為の施設があり
8/1~10頃に生まれた4頭が保育器に入っていた。
まだピンク色にうっすらと白黒が浮かんで来た程度の
ネズミみたいなパンダがパタパタ暴れているのもメッチャ可愛いですよ?

一体、この動物はなんでこんなにも可愛らしく生まれてきたのだろう?

ここは撮影禁止にも関わらず、日本人とフランス人観光客で
ストロボを焚いて注意される人が続出していた。
動物や赤ちゃんにストロボは良くないのでやめませう。
(北京語と英語で注意書きも沢山ある)

さて、この頃になるとパンダ達も餌の時間の様だ。
a0023740_15314011.jpg

此の様に植わっている笹も食べるが、何やら特別な竹も搬入している。
a0023740_1532164.jpg


食べ終わると、ダラダラと戻ってきた。
朝一番の元気はもう、無い。
a0023740_15324722.jpg

たまに、一頭でゴロンゴロン坂道を転がって遊んでいたりする位だ。
いや、これだけでも上野動物園で見たら
喉が張り裂けそうな悲鳴が上がるほど可愛い姿ですけど
この基地では、犬が後脚で耳を掻いている程度の仕草で、誰も気にも留めない。

さて・・・
実は、公式に全く書かれていないけれども
仔パンダを膝に乗せて撮影できるサービスがあるらしい。
さっきの竹を搬入している所(パンダ幼稚園と保育器のある所の間)で小姐に訊いてみると

「9:15頃から受付します。」

との事だった。



全然わからない地図を見ながら、園内を迷っている内に9:20になっちまった。
扉の所に戻ると、人だかりがしている。
受け答えをしていた小姐が手を振って

「来て、先に入って。」

おや、覚えていてくれたのか。凄いな。

ところで、実は入園するから逡巡していた。
と言うのも、この仔パンダ抱っこは、現金1,000元(約12,000円)もするのである。

中国で1,000元って凄い価値だ。
最近でこそインフレで価値が下がっているけれど
いまだに庶民的な店で100元札は受け取ってくれない事もあるのである。

しかも、これが一人料金である。
子供3人の5人家族なら5,000元(約60,000円)!
払わないと中にも入れないシステムである。

しかし、ちょっと前まで人民元相場は1元≒16円近かった。
円高の今は随分お得だし(但し、当時は このシステムも安かった)
多分、この先値上げする事はあっても値下げはあり得ない。

とまぁ、色々と自分を納得させて現金を支払った。
ちなみに、クレジットカードも銀聯カードも使えない。ATMも無い。
最初から現金を用意して来る必要がある。

さて、中に入ると靴カバーと青いポンチョの様なカバーを着させられる。
そして待つこと数分。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

こんな感じで、順番に呼ばれて2分位小姐がカメラで撮影してくれる。

膝の上で一生懸命竹を喰ってるこいつら。
a0023740_1545399.jpg

毛皮は結構、ゴワゴワしているとか
意外にまつ毛が長いとか(ツケマでもエクステでもない。多分。)
前脚は竹を食べる為の独特な進化をしているとか
よーーーくわかります
a0023740_15462753.jpg

いや・・・これは1,000元払う価値がありますYO
借金してでも。。←貧乏過ぎ(ToT)

そして、仔パンダの重さの余韻に浸りながら
再び建物の外に出るとツアー客が押し寄せていた。
a0023740_15472639.jpg

日本語も聞こえてくる。
a0023740_15474259.jpg

「結構、可愛いわね。」
と言う声も聞こえるが、樹の上で寝ていたり
芝生の上で大の字になっていたりで、もはや全然面白くない。
a0023740_16171246.jpg

ここはやはり、ツアーを使って来ると楽しめない。
朝一番にタクシーで来ることを強く推奨。
(特に夏場)
往復70元に入場料一人58元しかかからない。

ところで、ここまで大熊猫(ジャイアントパンダ)ばかり見ていたが
小熊猫(レッサーパンダ)のコーナーもある。
a0023740_15495419.jpg

でも、人影もまばらで ふてくされ気味・・・。

さて、10時近くなったのでそろそろ帰ろう。
途中で捕まえた電動車にチケットを見せて一気にゲートまで戻る。
入口では更に多くのツアー客が入場していた。
[PR]
by wan_chai | 2011-09-23 16:03 | 雑感 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/13667724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bossma30 at 2011-09-23 17:12
>一体、この動物はなんでこんなにも可愛らしく生まれてきたのだろう?
お互いがどう見えてるか、知りたいですね
>最初から現金を用意して来る必要がある。
領収書がもらえれば、経費で落とせるでしょ?
Commented by とよじ at 2011-09-23 19:40 x
これは行ってみたくなりますねぇ
9月中にコッソリ一人で・・・

バレちゃうと顔の形変わるくらい殴られそうですが♡←最近相方が覚えた日本語
Commented by lee_makan at 2011-09-23 19:45
可愛い~!
って思ってたら、いきなりのアップ・・・
ちょっと笑ってしまった。。。
何となくオヤジ顔?
もう少し離れて見る方が可愛いかも^^
Commented by marunyanpekenyan at 2011-09-23 20:08
おしかちゃん
食べられなかったで鹿ぁ??
Commented by wan_chai at 2011-09-23 20:13
bossmaさん こんばんは~^^
これだけの現金を事前に用意しないと入れないと言う意味です。
過去も未来も個人旅行で領収証を切る事はありませんが・・・
Commented by wan_chai at 2011-09-23 20:14
とよじさん こんばんは~^^
上海から成都なんて気軽に行けますね。
日帰りはしんどいですけど・・・。
と言うか、二人で行かんとですか?
えぇ、太太は外で待kゲフゥ←顔の形変わった人
Commented by wan_chai at 2011-09-23 20:16
leeさん こんばんは~^^
そう、パンダの顔って
改めてまじまじと見ると不思議な顔しています。
人間が造形したとしか思えない様な・・・

目線が見えるとちょっとオヤジっぽさが出るので
やはり遠目に動き回っている方が可愛いと思います。
Commented by wan_chai at 2011-09-23 20:16
ままにゃお姉ちゃん
僕、パンダさんに食べられたりしないで!
お姉ちゃんはパンダさんを食べたりするんで鹿?
Commented by toramaman at 2011-09-23 21:08
パンダ- # ̄◎ ̄#モエー
お腹の毛の汚れたあたりが 生のパンダをカンジさせて… # ̄◎ ̄#タマリマシェン
パンダの愛らしさは ぬいぐるみの比じゃあないで鹿∧∧
Commented by のす at 2011-09-23 23:24 x
仔ぱんだ何回見てもカワイイよぉ!

お尻のモフモフが最高や~ん。

昨日の動画ではちょこちょこ動いてたけど人に抱っこ

されたりなでなでされても大人しいですね~

朝いちに行った理由に納得しました。





Commented by petapeta_adeliae at 2011-09-23 23:33
かわいい♡なんて思っていたら、↓ですっ飛んでしまいました。
>仔パンダ抱っこは、現金1,000元(約12,000円)もするのである。
日本のレンタルパンダの料金にも驚かされたけど、
中国はどこまでボッタクルんだ。
隣りで覗き込んでいる母が驚いてますた。
母、パンダが大好きで何度上野動物園に行ってるんだか。

お食事してるパンダ。。。こんな顔したオヤジいるよね。

Commented by wan_chai at 2011-09-23 23:48
寅母さん こんばんは~^^
そうなんですよ。まるで生きてるみたいです←生きてます
はっきり言って、映像やぬいぐるみのパンダは
大して好きじゃなかったんですが
本物は別格です。凄いです。すっかりパンダ党です(♡o♡)
Commented by wan_chai at 2011-09-23 23:49
のすさん こんばんは~^^
本当に自然の造形とは思えませんね。
きっとみんなで裏で色を塗ったりしてるんじゃないかと・・・

そうなんです。
この時間になると活動がゆっくりになっているのと
餌につられて、とてもおとなしくなりました。
Commented by wan_chai at 2011-09-23 23:54
そーにゃさん こんばんは~^^
これがですねぇ、数年前までは100元程度だったらしいんです。
段々システム化するにつれて値上がりした様なんですが
実は撮影費用としてではなくて保護の寄付金扱いなのです。

しかし、動画を見てもおわかり頂けますが
落とした竹を食べさせなかったり、大量のスタッフがいたりと
コストをものすごくかけて保護しています。

何よりも、パンダのストレスを考えると
抽選やコネではなく、金額で人数を絞っているのは
最も資本主義的かつ民主主義的なやり方だと思います。

例えば、これがアメリカだったらぼったくりと言う人は
いないんじゃないでしょうか。

と言うわけで、後で考えてみると1,000元と言う価格は
国宝と触れ合える額としては、妥当だと思っています。

パンダは食事と言い、昼寝姿と言い、オヤジそのものですね・・・
Commented by Annepa at 2011-09-24 00:12
パンダは、「はいそこ止まらないでぇ進んで」って言われながら、白いか黒いかも分からない塊の前を通り過ぎただけの世代です。(もうすでに成人していた_| ̄|○)
だから、イメージはあんまりよくないんですよ(-_-;)
でも、wan_chaiさんのおっしゃるとおり、初めて可愛いと思いましたよ(笑)
Commented by wan_chai at 2011-09-24 00:14
Annepaさん こんばんは~^^
やっぱりそうですよね。
あれでかなり反感を買ってると思います。
高い金と時間をかけて、あんな対応は無いだろうと。

どうせ見るなら、絶対に成都まで行った方がいいですYO
Commented by kaonoi at 2011-09-28 19:14
これは可愛いなぁ 
やはりツアーでは駄目なんですね
Commented by wan_chai at 2011-10-03 21:11
かおのい師匠 こんばんは~^^
自分が主催者だったとしたら・・・
この時間に着く為の出発時間、集まらないリスク
どう考えても、無難な時間になりますよね。

ここは、どんなタクシーでも知っている場所ですし
値段も高くないのでツアーのメリットは殆ど無いと思います^^
Commented by carambola at 2011-10-15 14:41
えへへ,パンダカワイイ~.
子パンダでも相当重そうだけど何キロくらいあるんだろう???

そう言えば,パンダのう○ちはいい匂いだって
子どもの頃読んだ本に書いてあったけど
本当にそうなのかなぁ?
Commented by wan_chai at 2011-10-16 18:33
鯔さん こんばんは~^^
ひょいっと抱き上げられます。
この大きさで小学校高学年位、
40kg程度だったと思います。

糞は確かに臭くないですね。
考えてみたら抗菌作用の強い竹を食べているんですよね。
常在菌は耐性があるんでしょうか???
でも、良い匂いかどうかは・・・
<< ちょっとお休み 成都大熊猫繁育研究基地(8/1... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク