清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
再会のカムジャタン(6/9)@仁川、ソウル
KALラウンジでおにぎりを食べる。
a0023740_174814.jpg

今日は仕事を早めに終わらせて、まっすぐここに来た。
先週、急にJackから携帯にメールが入ったのだった。


Hi 灣仔
今度の6/8~11、マイクに会いに韓国に行く事にした。
一緒に行かないか?
返事を早めによろしく。

Jack


メチャ平日じゃないですか(-_-;)
結局、断りきれず一日遅れの9日入りで合流することになった。

KALラウンジからKALに向かう。
ラウンジはいつも使わせてもらっているが、飛行機は初めてだ。
a0023740_17595422.jpg

画像を見ればお気づきかも知れないが
今回からコンデジの代わりにiPhone4に切り替えている。
香港から帰ってすぐに買った物だ。

KALはYでもUSB端子で充電できるので、非常に重宝する。
※現在、TGやJL等、USB端子を装備した機材は増えています。
狸田所長が乗られたTGのはこんな感じ
a0023740_1814071.jpg

国内線と殆ど変わらない飛行時間だが、機内食は出る。
a0023740_1841725.jpg

お腹いっぱいなんですけど(-_-;)←喰っちゃったヴァカ

仁川空港に到着した。
a0023740_185431.jpg




アジアのハブを目指しただけあって、機能的にもキャパ的にも優れている。

ここでMikeが迎えに来ると言っていたが・・・見当たらない。
携帯に電話してみると、彼の部下が迎えに来ていると言う。
おかしいな・・・

暫くすると、小太りの若者が汗だくで走ってきて

「wan_chaiさんですか?」

どうやら、出口を勘違いしていたらしい。
やたらと人が良さそうな奴だ。(韓国内にはこういうタイプがやけに多い)
英語は全く駄目だけど、日本語は少し話せる。

「ちょどだけ、です。」

この訛り、懐かしいな・・・
アタクシの初めての韓国は15年前に博多港からジェビで行った釜山である。
この時は釜山教育大学の女の子と仲良くなって、4日間一緒に行動していたのだが
彼女の訛りが、彼と全く同じだった。。

はにかんだ笑顔が素敵な、凄く目を引く美人だった。
しかも、韓国には珍しく手術をしていないと言う。

「わだし、手術、ちょど怖いだから。」

思わず、その笑顔を思い出してにやにやしていたら
左から、ふやけたメガネ面が視界に現れた。

「bossから、でんわ、です。」

チッ。

甘味な夢を中断されて不機嫌気味に携帯を受け取る。
今、Jackとホテルで商談中なので、そこまで来てくれと言う。
彼が泊まっているのはGrand Hyatt Seoulだ。

同じホテルに泊まる様に薦められたが
ここはディスカウントでも30万ウォンを超えている。
いくらウォン安とは言え、1泊2万3千円なんて
イチジク浣腸を10本入れても出てこないので
GoogleMapで見つけた近場のラブホテルを予約した。

「そのホテル、知らないです。」

そりゃそうだ。
カーナビを睨みながら、アタクシが場所を指示する。
a0023740_18192672.jpg

梨泰院駅のすぐ裏にある、ラブホテルだったが
地図上ではJackのホテルから400mと、申し分のない距離と場所だった。

しかし、実際に行ってみるとこの場所は急峻な丘になっており
Hyattはその頂上に鎮座している。
これ・・・登るの??

チェックインするのを待っていたドライバー君が

「Hyattまで送ります。」

と言ってくれたので、言葉に甘えて荷物を放り出すと車でホテルに向かった。
やたらと豪著なロビーで待つ汚いオサーン。
a0023740_18232696.jpg

もう、いつつまみ出されるかとドキドキですたよ?

「Welcome to Korea!!」

おお!二人とも久しぶり!
って1ヶ月だけど・・・。
ATMで金を下ろそうとするとMikeから

「韓国にいる間はゲストにお金は使わせないよ。現金なんて必要無いよ。」

それはそうか・・・でも、チップや小物は買うから少しだけ下ろしておいた。
ホテルのベルボーイにキイを投げると、Audi S4が野太い音を押し殺して目の前に来た。

あれ?チップは要らないの?

「HyattのVIP会員はバレーサービスが無料で使えるんだ。」

晩飯はMikeの持っているレストランかと思いきや、ちょっと遠いので適当に済まそうと言う。
Jackは参鶏湯をリクエストしたが、それは明日の予定と言うことで
カムジャタンを食べる事にした。
a0023740_18291189.jpg

大きい鍋だな、おい。。
a0023740_18294743.jpg

予想通り、殆ど食べないMike
肉の塊をどんどんアタクシの器に放り込んでくれるので
死ぬほど腹イパーイになりますた。。←夕方から3食目

「しめはコレだよ。」
a0023740_18305847.jpg

おや?
ただのおじやかと思いきや、恐らくタラコを入れたみたいで
ぷちぷちした食感が面白い。

3杯近く食べたアタクシに

「相変わらずwan_chaiは凄い食欲だなぁ。」

こんなに沢山作っておいて
むしろ1杯も食べない方がどうかと思いますよ?


(Jackもギブアップしていて、一口しか口を付けなかった)

深夜、ホテルに戻った時は歩くのも困難な程の満腹だった。

Jackからは

「明日の朝は9時にロビーに来てくれ。朝食をおごるよ。」

ホテルの朝食・・・魅力無いな(+_+;)
とりあえず、寝よう・・・。
[PR]
by wan_chai | 2011-08-28 18:46 | 食べ物
<< 登山(6/10)@梨泰院 幸運(5/1)@香港 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
ブログパーツ
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク