清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
Asador Real(4/10)@Opera
映画「ニューシネマパラダイス(原題:Nuovo Cinema Paradiso)」では
イタリアのシチリア島にある小さな村で
トトが出入りしている映画館とその前の広場が
社交場として村人たちの憩いの場になっている様子が描かれていた。

娯楽の少なかった時代、TEATRO(シアター=劇場)に集う事が
どれほど、人々の楽しみだったかは想像に難くない。

マドリッドも中心部にOPERAと言う駅がある。
そして、駅前の広場に建つ、TEATRO
a0023740_0225213.jpg

何だか、モノクロームの中で40年前の風景が見える気がするのは
老人の勝手な妄想なのかも知れない。

映画の悲しげな音楽が頭の中に流れて、一人涙ぐみながら歩く。

おしかちゃん!アルフレード!!」

なんだかもう、国も違うし、ヴァカ丸出しですよ?

と言うわけで、涙とか鼻水とか大小便とか垂れ流しながら着いたお店はコチラ
a0023740_0263161.jpg

Asador Real

ファサードちっちぇえ!
公式サイト

入るといきなりガラスケースに並んだ肉イパーイ
a0023740_0284919.jpg

ん?
誰ですか?
こっち見てるのは?(-_☆)キラーン

店内にはディスカウントストアの名前をパクったあの人が・・・
a0023740_0295377.jpg

日曜の昼と言うことで
かなり混んでいたが、予約していたお陰ですんなり座れた。

していなかったら隣の世界的に有名なハンバーグチェーンに行く羽目になる所ですた♡



茄子のフリット
a0023740_0323083.jpg

・・・あれ?
これ、出汁で食べたら天ぷらそのものじゃね?
ビックリする位、似ている。

海老
a0023740_0332593.jpg

海老と蟹は親戚じゃないらしいですYO
念のため。

キノコのソテー
a0023740_0342984.jpg


モルシージャ
a0023740_0362949.jpg

ご存知、豚の血とライスで作ったソーセージ。
アイルランドやフランス、ドイツ等、世界各国で人気のソーセージだけど
各国味が全然違うのが面白い。

ソロミージョ(Solomillo)
a0023740_0393537.jpg

スペイン風ステーキは赤身肉をレアで焼く。
切った時、血が滴る様なのが上出来な物。
今回は切り分けて持ってくる間に火が入ってしまった、ちょっと失敗作。

コチニーニョ・アサド(Cochinillo asado)
a0023740_0444392.jpg

セゴビア・カスティーリャ名物の仔豚の丸焼き。
仔豚独特の臭みがあって、実はアタクシ あまりお好きじゃない。←日本語もおかしくなってる
こういう食材の調理方法って、本当に中国は芸術的に上手い。
残念だけど、スペインは素材は良いのに調理方法はかなり大雑把だ。

ハモンイベリコ・ベジョータ
a0023740_0473274.jpg

あ、ごめんなさい。
前言撤回。
世界一美味しいハムと言えば、ハモンイベリコのベジョータに限る。
希少なイベリコ豚(ハモンの場合、75%以上の純度)を
更にドングリで肥育しており
熟成も4年以上をかけた、肉の芸術品である。

これを食べると、パルマのプロシュートは熟成が浅くて物足りない。
カビのような特有の香りとドングリから蓄えた脂が熟成した香りが相まって
最高の味わいである。

この店のはかなりクセが少なくて食べやすいタイプだった。
二皿ほど召し上がったアタクシ(※高額なので自腹だと3枚位しか食べられません)。
店主にお土産まで頂いてウハウハ言いながら店を後にした。

えぇ、本当に歩きながらウハウハ言ってたら通報されそうですが♡

「ちっ、うるせぇ客だな・・・」
a0023740_0524846.jpg

[PR]
by wan_chai | 2011-06-28 00:58 | 食べ物 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://hkchina.exblog.jp/tb/12980902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bossma30 at 2011-06-28 07:27
>ちょっと失敗作。
火の通し過ぎだけは、取り返しつきませんものねぇ

>「ちっ、うるせぇ客だな・・・」
私には 「お兄さん、又来てね」って見えますよ
Commented by kaonoi at 2011-06-28 10:08
壁の非常口サインが惜しいなぁ・・・・
規制がなければもう少しおしゃれなサインボードにできそうなのに
Commented by petapeta_adeliae at 2011-06-28 12:47
豚の血とライスで作ったソーセージ、ソロミージョ、
とっても惹かれますぅ。辛口の冷酒で頂きたい←何を食べても日本酒なの。
気持ち良さそうにしている子豚を調理するのは
気が引きまつでつ。(>_<)
Commented by saltycaty at 2011-06-28 20:17
血と春雨(らしきもの)が詰まったソーセージを、この間ソウルで食べたけど、
もっと肉が入ってほしいなぁって思っちゃった(笑)

この子豚、なんだか表情がいいねぇ。
その横の艶々した茶色の物体はなに?
Commented by fuyong37 at 2011-06-30 00:57 x
旧HN=fuyongです
豚の血、中華世界では当たり前ですが欧州でも盛んとは知りませんでした。

最後の画像の子豚ちゃん、やわらくて美味しそう♪
Commented by s_yoyatora at 2011-06-30 17:50
私、血のソーセージ大好きです。
英国のB&Bの「フル英国朝めし」にはいっていないことがあると泣きます。

英独でずいぶん食べましたが、アジアにもあるみたいですね。
気がつかないうちに、私もたらふく食べてたりして。
Commented by wan_chai at 2011-06-30 22:01
bossmaさん こんばんは~^^
残念ですが・・・日本でもそういう店が多いです。。
Commented by wan_chai at 2011-06-30 22:02
かおのい師匠 こんばんは~^^
でも、考えようによっては向きもあっていますし
非常時の画に合っている気がしませんか^^
Commented by wan_chai at 2011-06-30 22:04
ソーニャさん こんばんは~^^
日本酒党ですか・・・中東には行かない方が良さそうですが
スペインもあまり良い日本酒が無いですね。
仔豚であれ、親豚であれ、生命ある物を頂くことに違いはないので
ありがたく食べさせて頂きますた♪
Commented by wan_chai at 2011-06-30 22:07
きゃてーさん こんばんは~^^
それは・・・・スンデですかね?
あれはそう言えば、色々入っていてちょっと毛色が違いますよね。

横の艶々・・・ピーマンだったと思います。
前夜のピメントを完熟させた物ですね。

確かに、こうやって並べると鮮度の良い内蔵みたい♡
Commented by wan_chai at 2011-06-30 22:09
fuyong37さん こんばんは~^^
中華に限らず、世界的に見てもムスリムを除いて
かなりメジャーな食べ物です。
むしろ、食べない国の方が珍しいかも・・・

日本人が中国を見て、「信じられない!」と騒ぐ事って
実は大概、ヨーロッパでもしている事
食べている物だったりします・・・
Commented by wan_chai at 2011-06-30 22:12
yoyatoraさん こんばんは~^^
実はイングランドの文化の源流、アイリッシュ主義なアタクシ。
B&Bのフルブレックファストもアイルランド式で
ブラッドプディングが正統派だと思っています♡

愛英独仏では定番ですよね。
アジアも勿論、中韓や蒙古など食べる所は多いです^^
<< 日曜の午後(4/10)@サン・... 徘徊(4/10)@Madrid >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のコメント
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク