清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
嘆きの壁(12/13)@エルサレム
どんなに世事に疎くとも
イスラエルと言えばエルサレムである。

それは例えば、沖縄と言えばゴーヤとか
東京MXテレビと言えば、婆さん達のフランダンスとか
芸能界の不祥事と言えば和田アキ子がインタビューで怒るとか

これらと同じ位、切っても切り離せない間柄である。

エルサレムは三宗教の聖地になっている。
この三宗教とはすなわち、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教である。

ちなみにパナウェーブ研究所の聖地が福井にあって
惑星ニビルの落下を恐れて白装束で移動した事は世界的に全然有名ではない。


不思議なことに、このエルサレムにつくと同時に
先程の雨はカラリと上がって薄日が差してきた。
これはアレでしょうか。
聖人を迎えるにあたって、天からの思し召し的な何かが?

   キラキラ
:*:.。.:*(´∀`*)*:.。.:*:←成人病予備軍


周辺では発掘調査が継続中である。
a0023740_13492876.jpg

何しろ4,000年近い歴史がある街であり、そこら中が遺跡なのである。
遺跡マニアのアタクシ、思わず顔に格子の後がつくほど見入っちゃいましたYO
そばに立っていたお姉さんに♡

金探つきのゲートを通ると、ちょっとした広場に出る。
これがユダヤ教の聖地、嘆きの壁である。
壁は男女用に別れており、女性用がこちら(♡o♡)
a0023740_135246100.jpg

雄はこっち。
a0023740_13531920.jpg

僕も嘆いてるねん。

・・・自分の存在を?

おしかちゃんもかぶっている白い皿の様な物はヤムルカと呼ばれるらしく
ここに入る時は異教徒もこれをかぶらないといけない。


壁に近づいて見ると、隙間には沢山の紙が入っている。
a0023740_13573323.jpg

願い事がある時、紙に書いてここに挟んで行くらしい。
清掃する時にはとてつもない数が出て来る様だ。
欲望イパーイ♡
※願い事は必ずしも欲望ではありません(-_-;)←煩悩の塊

壁の端は洞窟の様になっていて、中に入れる。
行ってみよう。



そもそも、この壁は一体何なのか?何を嘆いてるのか?

簡単に言うとソロモン王が3,000年位前に建てた神殿の西壁に当たるらしい。
これ以外は全てバビロニアによって破壊され、ユダヤの人々は捕囚とされた。

その後、ユダヤ人にとって
この破壊された神殿を嘆き悲しむ場所として聖地になった。らしい。
今もラビのお祈りや祝辞には神殿再建の文言が入るそうである。
間違っていたらごめんなさい。都度訂正します。

さて、中に入ると床がガラス張りになっている場所があって
足元に更に10m近く壁が続いている。
どうやら、建立当初の壁は地下に残っている部分で
今見えているのは後世に建て増しした壁らしい。

あれ?それじゃ意味gヘブッ

日本人は杉原千畝氏と樋口季一郎氏がユダヤ人の危機を救ったとして
ユダヤ社会で敬意を寄せられているものの
基本的に異教徒なので無遠慮にカメラを向けるのは、はばかられる。

というわけで動画で撮影。

正統派と呼ばれる、ユダヤ教徒の男性は黒装束でヒゲも伸ばしている。
身体に刃物を当てる事を禁じられているため、カミソリが使えないかららしい。

大勢の教徒が壁に向かって小刻みに頭を振りながら聖書を読んで祈る姿。
奥の方にはユダヤ教の図書館の様に、ビッシリと重そうな本が並ぶ場所もあり
まさに異世界に迷い込んだ気持ちになる。

さて、ユダヤ教地区はこれ位にして次に向かうことにしよう。
a0023740_14145359.jpg

[PR]
by wan_chai | 2011-03-27 14:23 | 他国
<< 岩のドーム(12/13)@エルサレム SHKEIREH'S ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク