清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
Country side steak house(3/23)@カガヤンデオロ
夜はご馳走して頂けるとの事で、犬のような従順さで車を待つ。
カガヤンデオロのしぶとい蚊に刺されながら表で待つこと20分。
ようやく来た車に乗ると、レストランには3分で到着した。

正直、歩いても5分程度ですた・・・(*_*)

店の名前は
Country side steak house
a0023740_1494691.jpg

・・・?!( ̄□ ̄;)

ステーキ??

帰りの学活で先生から
「あぁ、それから灣仔。終わったらちょっと職員室に来てくれ。」
と、さぞ思い出した様に言われた時の様な嫌な感じ♡

連絡帳を持って席に着く←カガヤンデオロまで持って来たんですかと
すぐに出てきたのは
クリスピーパタ(CRISPY PATA)キニラウ
a0023740_14105517.jpg

普通にフィリピン料理ですよ?

海老
a0023740_14111964.jpg

イカ
a0023740_14113134.jpg

どういう訳か、フィリピンではイカのグリルが定番だ。
美味しいからいいけどね←肉より魚介好き

ご飯はバナナリーフに包まれている。
a0023740_14115087.jpg

香りが良いのは嬉しいけれど、これを開けてからカメラを触りたくない・・・。

何とか拭き取ってカレカレと一緒に食べる。
a0023740_14122276.jpg

手前の赤い調味料は勿論、バゴオン。
バゴオンをご飯に載せて食べるのが、実に貧乏くさくて美味しい
日本人の生卵ご飯や海苔の佃煮の様なイメージだろう。

フィリピン人から、どの料理が好きかと聞かれたら
「バゴオンライス」と答えると、もの凄く喜ぶ。

アタクシの場合は経済的な理由が一番大きいですが(+_+;)

結局、終わってみれば ステーキでは無かったのでほっとした。

緊張して職員室のドアをノックしたら
「灣仔、学校のパソコンで使うフロッピーディスク、どこが安いか知ってるか?」
と言う他愛のない相談だったのでほっとして職員室から出た気分。

良かった・・・
斜め後ろに座っていた女子の防災ずきんの匂いを嗅いでたのがばれたんじゃなくて

今度から、落とし物を探すフリをしながら嗅ごうと反省しながら歩いて帰る
その途上(あまりに近いので車は帰らせた)
イカした車が止まっていた。
a0023740_14153311.jpg

どうやらバイクか何かに引っかけて、ボンネット上に吹っ飛ばしたみたいだ。
フロントガラスの割れ方から見て、スピードは低いけれど
ヘルメットが無かったらダメージは大きい。
ガラスに血がついていないので、多分大丈夫か・・・

と言うわけで、アタクシもバイクタクシーを使って移動する。




コゴンマーケット(Cogon Market)の辺りで降りて歩く。
ここまでの道は真っ暗だが、スラムになっていて夜も結構楽しい。
果たしてマーケットの前の道が、ちんけなナイトマーケットになっていた。
a0023740_1417821.jpg

売ってるのは農産物と服、100均でも売らない様なチープな雑貨
それに、どこで拾ってきたのかわからない鍋釜、ガラクタ・・・

さすがに買いたい物も無い。
道の向こうから恐ろしく痩せこけた男が漕ぐペディキャブが来たので
Tirso Neri st.までと言うと、知らないという。

そんなヴァカな?!

とりあえず乗り込んで、この通りをまっすぐ行ってくれと指示すると
よろよろしながら、漕ぎ始める。
金属同士が擦れてギィ、ギィと言う音が深夜の通りに響く。

ザビエル大学を超えた辺りで明らかにペースダウン。
汗とホコリにまみれた真っ黒な顔が、不安げにこっちを見る。
なんだそりゃ、こっちが不安になるわ!

ペディは基本的に、トライシクルも買えない貧しい人間がやる商売で
ドライバーも客層も一番貧乏な乗り物である。
まさにアタクシの為にある豪華マシーンなのだが
正直、ゴミ拾いなども兼業しているので少々匂う。

それにしても、たかだか500m程度しか来ていないのに
ぜいぜい言ってる若い男が気の毒になってきてペディを降りた。
トライシクルが5ペソなので、2ペソだろうと当たりをつけて渡すと
男は無表情に受け取ってギィ・・・ギィ・・・と言う音を残して
暗い道へ溶け込んで言った。

この界隈は暗闇だが
Tirso Neri st.まで出れば相も変わらぬネオン街の賑わい。
と言っても、ドラッグストア数軒とジョリビー、KFC、マクソくらいですがね。。

中央分離帯にある公園では、前回と同じ 屋外按摩をやっている。
ペットボトルの水を飲みながら、暫し腰を落ち着けて過すものの
去年と殆ど代わり映えしない。
道路工事の位置が変わった位だろうか。
下手すると、横にいるオサーンや女子大生達も同じ顔かも知れない。
驚くべき時間進行である。

銀行の屋外型ATMに金を下ろしに行くと
段差の上で米菓子を売っている母娘がいた。
ちょっと失礼して使わせて貰う。

2歳位の女の子がボロボロの人形と何か話しているのを横目にしながら
500ペソの大金を現金を手にした。
これでタクシーに乗れる。←ペディの2ペソでスカンピンだった人

これ以上は、やることも無いので タクシーを捕まえて乗り込む。
途中、ゆっくり走っている時に飲み屋の前に座っている女の子と目があった。
あれ・・・この子、去年もいた。。向こうも気付いている風だ。

あれから8ヶ月も経っているのに
この街では2~3日しか時が進んでいないんじゃないのか?

そう言えば前回もカガヤンデオロは一人で徘徊していたんだっけ。
これだけ歩いていて全く声がかからない街と言うのもフィリピンでは貴重だ。
暗い道の奥に立つホテルの涼しい部屋に戻った。

明日、秋葉のジャンクショップで買ったノーブランドフロッピーを学校へ持って行かなくちゃ。
[PR]
by wan_chai | 2010-06-20 14:30 | 食べ物
<< andante con mot... Mallberry Suite... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク