清純なオサーンの、チンケで退屈極まる旅行記

by wan_chai
 
First impression(1/14)@サンフランシスコ国際空港
UA838便は夕方に出て、当日の朝に着く。
アメリカに行く時はいつも、ちょっとしたタイムトラベルの気分だ。

当然、機内で寝ないと一日を二日分味わう事になってしまうので
映画を2本見た後、機内で睡眠導入剤を飲んで 強制的に3時間ほど眠っておく。



・・・何だか起きてもフラフラしますよ?


空港の到着ゲートからイミグレーションまでは
その土地で真っ先に出会う部分であり、強烈なインパクトを受ける。
そう、地方に行く時
特急を降りたホームから改札までと同じ感覚である。

ドンムアン特有のすえた匂い。
カイタックの身体まで結露しそうな空気。
オヘアのシナモンコーヒーの香りと乾いた空気。
フルレの降り注ぐような一面の星空と海の香り。


見る物全てが新しい この瞬間
鮮烈な刺激として脳に深く深く刻まれる。

と、ここまで書いておいてなんだが
SFOはこざっぱりとした、実に印象の薄い空港だ。
a0023740_17113120.jpg

千鳥足でヨチヨチとイミグレに向かう。

酔っぱらいみたい♡

現在のアメリカは入国前にESTAの申請が義務づけられている。
勿論、事前に申請をしていたアタクシ。
審査官と相対すると、人の顔を見て
ため息をつきながら苦笑いしているじゃなかですか?!







「日本人は楽でいいや、中国からの観光客は全く英語がわからないから大変だよ。」

左の肘をついて親指と中指で額を挟むように擦りながら
右手のボールペンの尻で、肩の後ろを指す。

後ろのカウンターでは中国人の団体客が入国書類の不備を指摘されて
添乗員が必死に指示をしている最中だが
さっぱり要領を得ない様だ。

「こっちには仕事?どこに行くの?ホテルは?」

一通りの質問だけで
指紋スキャンとカメラ撮影を済ませると
すぐに入国スタンプが捺された。
型通りの礼を言うと

「あーもう、俺、疲れたよ」

ボールペンを放り出して背もたれにもたれかかると
腕を拡げ、首を大仰に振っていた。


そう言えば、アタクシの親の時代にはアメリカ旅行の前に
入国審査の英語想定問答を必死に暗記していたらしい。
昔はガイドブックにも書かれていたそうだ。
まさに中国が今、そんな感じなのだろう。

やっぱりアレですかね。
梅干しとインスタントみそ汁とか持って来るんでしょうか?←中国人は食べません


旅客向けのサービスは空港に集中している。
街中で探す手間を省きたいので空港内で携帯のSIMカードを探した。

目的の物は労せず見つかった・・・が。。。
a0023740_1717184.jpg


鬼高ぇ!!

60分で59USD≒5,300円!!

アジア諸国と較べるのはナンセンスだが
500~1,500円程度で目一杯使えるのに慣れているとかなりキツい。

レンタル携帯はどうだろう?
a0023740_171751100.jpg

1週間で15USD≒1,300円

まぁ、こんなもんだろうか。
通話料が異常に高いのが気になるが、どうせそんなに使わないのである。
と言うわけで、一番安い機種をレンタルした。


空港からホテルはレンタカーを借りるつもりだったが
車を手配してくれていたので、これに乗る。
ここで同行者と合流。
韓国のマイケル、シンガポールのイボンヌ、台湾のジェーンの3人だ。

50代のジェーンだけは親世代だが、マイケルとイボンヌとは同世代。
北京語と台湾語のみのジェーンにイボンヌが通訳しながら
(マイケルは英語と韓国語のみ)
話しつつ、車はサンフランシスコ市街に向かう。

今日のサンフランシスコは少し寒いかも知れないと言われていたが
幸いにも予報は外れた様だ。
上着を着ていると暑い。

さぁ、到着だ。鹿番外編のスタートである。
a0023740_17192753.jpg

[PR]
by wan_chai | 2010-02-21 17:26 | 他国
<< The Ritz Carlto... 難関(1/14)@成田 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
ブログパーツ
最新のトラックバック
屋台のトウフー
from ポンポコ研究所
ひも
from ポンポコ研究所
"Pizza怪獣"なayo。
from lazy*ayo
新春は、田舎をサイクリング
from ポンポコ研究所
プリンス粥店(โจ๊กป..
from ポンポコ研究所
以前の記事
2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
検索
MENU
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク